ポケットWiFiを徹底的に比較

2016年はポケットWiFiはYmobileやWiMAXから、たくさんでています。

それに独自のキャンペーンもあって、月額の安いもの、使い放題で使えるもの、通信速度が速いものなど、たくさんあってどうやって選べばいいのか分かりにくいですよね…。

でも結局のところ何が一番知りたいのかというと。

どれが一番おトクでオススメか?

これではないでしょうか?

そこで、モバイルWiFiルーターの専門家がポケットWiFiを徹底的に比較してみました。

下記のWiMAXの比較表をダウンロードできるようにしました。

WiMAXの各種プロバイダとの比較表

ダウンロードは下記から。

ポケットWiFi比較サイトについて

今までにいろんなポケットWiFiを利用し、家電量販店などで販売をしてきた経験から、ポケットWiFiの専門家として、皆さんが知りたい得してシッカリ満足に使えるポケットWiFiを徹底比較をしてご紹介しようという主旨で運営をさせていただいております。

ポケットWiFiは内容が難しく少々理解に苦しむところもあるかもしれませんが、できるだけ分かりやすく丁寧に説明をさせていただいているのでご安心して読み進めて頂ければ幸いです。

恐らく、ポケットWiFi系の情報サイトとしては、最も情報量が多く、様々な角度で情報を掲載しているサイトだと思います。もし分からない事があっても全てこのサイトで解決できるかと思いますので、何か不明なことがあれば、サイト内検索をお使いください。

それでは、このサイトで後悔をしないポケットWiFiを選んで頂けれるようサポートするので、もしわかりにくい事などあればお気軽にお問合せくださいね!

ポケットWiFiって何?

WX02

ポケットWiFiは、「外でインターネットを楽しむための携帯用のインターネットの電波を送受信する端末」だと思っていただけると理解しやすいと思います。

もちろん、今これをお読みの方は、外でインターネットをしたいと思っているからこそ、読んでおられる方がほとんどかと思います。

ただ、そもそもパソコンやタブレットでインターネットをする方法はどんなものがあるのか?ご存知の無い方もいるかもしれませんので、念のためご紹介をさせていただきます。

インターネットをする3つの方法とそれぞれの特徴

  • 固定回線を家に引いてインターネットをする。
  • スマホのテザリングを使ってインターネットをする。
  • ポケットWiFiを使ってインターネットをする。

あなたに最適なネットの使い方はどれでしょうか。

固定回線(光回線など)でするインターネット

固定回線のイメージ

この固定回線の特徴は、速度が速くものすごく安定したインターネットが利用できる

これが一番の特徴だと思いますし、私も家でインターネットする時は固定回線を使っています。

しかし、ネット回線などに関してあまり詳しくない方には優しくないかもしれません。

先ず、マンションだろうが、戸建てだろうが、工事が必要で工事費も掛かります。

また、モデムやルーターやONUという、お弁当箱サイズの機械を家に1~3台置く必要がります。

更に、フレッツ光を例に言うと、ONUもしくは無線ルーター側に、プロバイダの設定を行わなければインターネットができないです。

もちろん、固定回線というぐらいなので、家の中でしか使えません。

スマホのテザリングを使ってインターネットをする。

テザリングのイメージ

テザリングというのは、スマホで使っているdocomoやauやsoftbankの電波を、スマホを無線ルーターとしてパソコンやゲーム機などに飛ばしてインターネットをする方法です。

一見便利そうなテザリングですが、テザリングはデメリットが多く、ネットはあんまりしないライトユーザーの方以外はオススメしません。

例えば、バッテリー消費が2倍になる。バッテリー寿命が短くなる。スマホが熱くなる。通信制限に掛かる。このような障害との勝負です。

通信制限に関しては、スマホやパソコンのアップデートなどを考慮するとものすごく掛かりやすいです。

しかし、たまにしかパソコンを開かないし、ネットもメールやちょっとのサイトの閲覧ぐらいの方であれば、テザリングで良いと思います。

youtubeや何かダウンロードやSNSを良くされる方はオススメできません。

ポケットWiFiを使ってインターネットをする。

カフェで通信制限を気にせずwifiでパソコンしてる女性

ポケットWiFiはネットの設定が簡単!

パソコンなどのネット端末を無線で複数台接続してインターネットできるんです。

また、電波の入る範囲であれば、光回線並みの速度でネットをする事も出来ます。

テザリングはスマホのパケットを消費するものでしたが、月間のデータ制限が無く通信制限の無いポケットWiFiを使う事で、スマホのパケット消費量を抑える為に使っている方も多くおられます。

デメリットは、電波が圏外であれば全くインターネットができないという事です。

とはいっても、圏外の場所を探す方が難しいぐらいの、スマホ並みに繋がるポケットWiFiもありますよ。

ポケットWiFiはYmobileの登録商標!?正式名称はモバイルWiFiルーター

当サイトでは、WiMAXやYmobileだけでなくdocomoやauやsoftbankのキャリア系モバイルWiFiルーター全体のことを『ポケットWiFi』と呼んでいます。

その理由は、「ポケットWiFi」という呼び方が最近では一般的となってきているからです。

そもそもポケットWiFiというのは、YmobileがEmobileだった時代に、YmobileのモバイルWiFiルーターの商標として登録しており、本来はポケットWiFiはYmobileのことを指します。

とはいっても、最近では一般的な呼び名となっているので、モバイルWiFiルーターではなく、ポケットWiFiの方が分かりやすいため、「当サイトではモバイルWiFiルーター=ポケットWiFi」と呼んでいます。

ポケットWiFiはどんな会社があってどう違うの?

間違いなく比較する前に知っておいた方が良い、ポケットWiFiの種類。

それは冒頭でも少し触れたように5つあります。

  • WiMAX(ワイマックス)
  • Ymobile(ワイモバイル)
  • docomo(ドコモ)
  • au(エーユー)
  • softbank(ソフトバンク)

それぞれの違いは、お分かりの方も多いかもしれませんが、ポケットWiFi専門会社と携帯キャリアの2つに分かれます。

WiMAX(ワイマックス)の特徴

UQ-WiMAXのイメージ

青いガチャピンとムックでおなじみのUQ-WiMAXが提供するポケットwifiです。

WiMAXと呼ばれる電波を使い、高速通信ができる7GB制限無しのサービスを提供しています。

使い放題で最も人気があり、選んで間違えのないポケットwifi。

Ymobile(ワイモバイル)の特徴

Ymobileのイメージ

旧イーモバイルで7GB制限はあるけど、ソフトバンクのLTEが使えるから室内での繋がりやすさがウリ?

ネットをあまり使わない人向け。それでも月額が超安いものもあります。

docomo(ドコモ)の特徴

docomoイメージ

日本で一番電波の繋がりやすいdocomo。しかし最も高額でもあり、WiMAXやYmobileの2倍以上の月額になる事も充分にあるので、実は使っている人があまりいません。やはり電波は少ししか違いがないのであれば安いのが良いですよね!

au(エーユー)の特徴

au

auの電波は日本で2番目に繋がりやすい電波ですが、auのポケットWiFiは少し特殊な契約になっており、キャンペーンも大してないので、選ぶ人はほとんどいません。

auショップでスマホを契約する時に勧められることもありますが、断って問題ないでしょう。だって電波はWiMAXと全く同じですから。

softbank(ソフトバンク)の特徴

softbank

Ymobileの親会社にして、全く同じ端末でポケットWiFiを提供しています。電波も機種も同じであれば…。キャンペーンのある方を選びますよね?そうです。softbankのポケットWiFiを選ぶ必要はありません。

ポケットWiFiは2社だけで大丈夫

結局、5社全てを簡単に説明しましたが、全ての会社を比較すると訳が分からなくなっちゃいます。

だからこそ。

選ぶならWiMAXかYmobileの2社で決めれば良い!

なぜか?

それは、auとsoftbankは全く電波も端末も同じだけど、キャンペーンが無いから。

そしてdocomoは散々言ってきたように月額がべらぼうに高いんですよね…。

というわけで、比較するにも選ぶにもWiMAXかYmobileにすれば間違いナイ!

また補足ですが、この2社はモバイルWiFiルーターのシェア率の大半をしめているようです。

WiMAXとYmobileの違いは比較をすれば一目瞭然!

ワイモバイルとWiMAXの比較

ポケットWiFiの比較はここからが本題!

そもそもこの2社ってどう違うのか?これが一番気になるところだと思います。

ただここで、最初に伝えておくべき事があります。

月額は約3,000~4,000円程と差はありません!

だから月額の比較なんて正直そこまで必要ないんです。

・・・じゃあ何が違って、なにが必要なの?

と言いたいところだと思うので、ここからシッカリと説明いたします。

比較するべきポイントは4つのみ!

  • 電波(繋がりやすさ)
  • 契約期間(縛りの長さ)
  • 7GB制限の有無(通信制限)
  • キャッシュバックはあるか?(特典)

本当に比較するべきポイントはたったこれだけです。

1つ目は電波(繋がりやすさ)

アンテナ

先ず電波の違いを見てください。

電波の種類
WiMAX WiMAX2+・LTE
Ymobile LTE

この電波の違いを一言で言うと、「繋がりやすさ」です。

  •     LTE=スマホと同じ電波
  • WiMAX2+=WiMAXの高速通信できる電波

という違いになっているわけですが、「室内や地下だけでなく地方などの田舎で繋がりやすいのはLTE」です。

WiMAX2+は大容量通信ができて高速通信ができるけど、ちょっぴり室内で弱めです。

ということは、LTEとWiMAX2+の両方の電波が使えるWiMAXが性能がイイ!というわけですね!

ただ、WiMAXの利用者は基本的に、LTEの電波を使っている方は少ないです。
理由はこの後で分かりますが、通信制限に掛らないようにするためです。

その為、Ymobileの方が若干電波が強いという考え方もあります。

契約期間(縛りの長さ)

3年契約

ポケットWiFiは契約期間があり、WiMAXもYmobileもそれぞれ所定の契約期間があります。

WiMAX 2年契約
Ymobile 3年契約

月額料金はそこまで変わらないと説明をさせていただきました。

しかし、契約期間が1年間もYmobileの方が長いんです。

毎月4,000円で12ヵ月増えれば48,000円も違う事になります。

それなら2年契約で使えるWiMAXの方がお得ですよねっ!

7GB制限があるか(通信制限)

速度制限

結論を先に言うと、Ymobileは7GB制限があります。

そして7GB制限に掛ると、128Kbpsになり、ネット閲覧もできないぐらいの速度になります。

正確には出来るけど、サイトの読み込みだけで1分とか平気で掛る上に、エラー落ちなんてことも良くあります。

このようなツイッターも上がっていたぐらいです(笑

しかし、WiMAXに関しては7GB制限の無い「ギガ放題」というプランがあり、光回線の代わりに使う方や、ネットをたくさん使いたい方に人気が有ります。

なによりWiMAXは、サービス開始当初から、「ノーリミットモード」というネット使い放題で無制限というプランで人気がでて、ファンをたくさんつくった会社です。

その為、「7GB制限の無いポケットWiFi=WiMAX」と言われるほど、知名度が高いのです!

UQWiMAXのギガ放題のバナー

ただ3日間で3GB制限というものがあり、その時は5Mbps程の速度になります。
しかし、youtubeの動画や一般的なファイルのダウンロードには全く困らないぐらいの速度になっています。

また、ギガ放題を利用する場合は、利用できる電波がWiMAX2+という電波になり、若干田舎では弱めになっちゃいます。

 

※ちなみに厳密にはYmobileも7GB制限のないプランを持っていますが、そのプランで使える電波はまだまだエリアが狭く、東京でも人が多く電波の強いお台場付近などでも、電波が1本のようです。もっと電波の強くなる数年後までは7GB制限があるという認識で使うべきなんでしょうね…。

キャッシュバックはあるか?(特典)
GMOとくとくBB

これはWiMAXのGMOとくとくBBというキャッシュバック最高額のプロバイダです。

WiMAXを選ばれる方が多い理由の一つは、こういったキャッシュバックが有るからなのです。
※キャッシュバックはWEBサイトから申込みの場合のみです。
※キャッシュバック金額は、プロバイダによって変わります。

ちなみにYmobileはというと、残念なことにキャッシュバックはありません

その代わり7GB制限はあるけど、月額の安いものなどを出してくれています。

Yahoo!wifi
月額最安値級のYahoo!WiFi

このように通常ではありえないぐらい安い月額のキャンペーンなどをして、得ができるようにしてくれます。
これに関しては、地方で利用される方にはオススメですね。

4つのポイントを比較して分かった事

この比較から分かることは、都会で使うならWiMAX、田舎で使うならYmobileという事は絶対!

しかし、地方や田舎に住んでいる方は、あまり外にパソコンを持ち出さないと思うので、そもそも田舎でポケットWiFiを使う事が無いように思います。

ただ、出張などで色んな場所に行く方は、ビジネス利用としてYmobileを持つのはオススメです!

とはいえ、一般的な利用用途において、7GB制限が無いに越したことはありません。

なぜならば、パソコンやスマホに繋ぐとなると、想像している以上にデータ通信をしており、予想より早く7GB制限に掛るからです。

だから、都会に住んでいる方はせっかくだからキャッシュバックのあるWiMAXを利用する方がオトクといえます。

ちなみに私はWiMAXを使っています。

WiMAXのプロバイダを比較

一番キャッシュバックが高いのはGMOとくとくBBだとお伝えしましたが、他のプロバイダはどうなのか気になりませんか?

そこで、代表的なプロバイダの情報をまとめて表を作成しました。

ギガ放題の2年間の実質費用と月額

この表では、キャッシュバック金額だけでなく、月額料金やサポート窓口などの時間も出しておきました。

またかなり気になるところの2年間で実際いくらかかるのか?という金額も出しておきました。

そこで新たな発見がありました。

キャッシュバックを加味して2年間の総費用を計算した結果分かったことは。

KDDI系の3WiMAXが一番オトクでコスパが良い!

ということです。

しかし、キャッシュバックのもらえるのは1年後なので、それよりも月額を安くWiMAXを使いたい方に関しては、また違ったBroadWiMAXというプロバイダが毎月の請求額が安くオススメです。

ここまでで少し分かりにくくなってるかもしれませんので、簡単にまとめますね。

キャッシュバックが一番多いのはGMOとくとくBB
GMOとくとくBB ⇒ GMOとくとくBBの公式サイトを見てみる
2年間の総費用が1番安いのは3WiMAX
3WiMAX ⇒ 3WiMAXの公式サイトを見てみる
月額料金の請求額最安値はBroadWiMAX
BroadWiMAX ⇒ BroadWiMAXの公式サイトを見てみる

 

また実は…。

更に、WiMAXがお得と思うポイントがあります。

WiMAXはauスマホが最大934円も安くなる

実は、WiMAXだけの特徴として、auスマホをお持ちの方はパケット定額のプランに応じて、毎月割引が入ります。

スマートバリューmineの割引

この割引サービスはauスマートバリューmineといって、聞いたことが有る方もおられるのではないでしょうか!

ただでさえキャッシュバックがあってお得なのに、割引までついてWでオトクになっちゃうわけです!

では、そろそろ結論と行きましょう。

2016年の選ぶべきポケットWiFiはこれだ!

 

GMOとくとくBB ⇒ GMOとくとくBBの公式サイトを見てみる

2年間で一番安いのは3WiMAXでしたが、やはりGMOは上場している大手の通信会社なだけあって、更にオトクなことばかりです。

最後に選択をするべき端末も無料で、WEBサイト自体もものすごく見やすいです。

それにサイト内で自分の家に電波が入るのか?といったテストもできます。

また、電波ものなので仕方のないところですが、仮に使えるというような結果がでていたとしても、圏外もしくは電波の入りが弱くて使いものにならないというような事もあります。

そういった時のために20日間キャンセル無料となっています。

だからこそ、使えない時は諦めてキャンセルすることができるので、実は一番選ばれているポケットWiFiなんです。

ユーザーに優しく、最もキャッシュバックの高いGMOとくとくBBだからこそ、たくさんの方が選んでいるわけです。

GMOとくとくBBWiMAXの口コミをご紹介

男性(左)

使ってみて良かったとこ:一番気になっていた速度の、実測マップなどが出ており契約するか判断するときにすごく参考になりました。また、その時の使用頻度に応じて料金プランを毎月変更していくことが出来るのも非常に魅力的なものだと感じています。料金がずっと定額なプランもあるので非常にいいと思いました。
総合評価(5段階):★★★★★


男性(右)

使ってみて良かったとこ:安い。それにつきると思う。また、契約前にもわかりやすい説明がされている。通信品質は他社と変わらないので、価格を追求するならここを選んで間違いはないと思う。
総合評価(5段階):★★★★


女性(左)

使ってみて悪かったとこ:目玉企画のキャッシュバックの手続きが少しめんどくさかったことです。問い合わせしてももらった用紙にある通りの話のみで、キャッシュバックして欲しくないのかなあと思うぐらいですが・・・でももらえたことは嬉しかったです。
使ってみて良かったとこ:キャッシュバックがしっかりあって金額もあるので契約時は嬉しかったですし得した気分でした。
総合評価(5段階):★★★★

すこーし、キャッシュバックの手続きが面倒という口コミもありますが、ある程度は許容できるぐらい得した気分になられてる方が多い印象を受けますね!

なにより、似たようなお声が多いという事は、それだけ選ばれている方も多いのでしょうね!

結論!!

キャッシュバックで選ばれているポケットWiFiのGMOとくとくBBが一番オススメ!

GMOとくとくBB ⇒ GMOとくとくBBの公式サイトを見てみる