W03とWX02の電波の違い

ポケットWifiはいろいろと種類があって何を選べばいいか、わからないですよね。

家電量販店などの店員に勧められた通りにかったり、とりあえずコレ!と思って選んだけど毎月の料金が高かったり、使いたい場所で圏外になる。なんていうことに…。

ここでは失敗しない選び方の3つのポイントをポケットWifiの比較を交えながらご紹介します。

ポケットwifiを選ぶ3つのポイント

ポケットWifiを選ぶポイントは以下の3つ。

ポイント 理由
ポケットWifiの提供会社を選ぶ
  • 電波のエリア
  • 通信制限
  • スマホの併用割引
機種を選ぶ
  • 通信速度
  • 重量
  • サイズ
  • バッテリーの持ち
プロバイダを選ぶ
  • 月額
  • キャッシュバック
  • アフターサポート

たった、これだけです!そして、ここから選び方です。

①ポケットWifiのキャリアを選ぶ

キャリアを大きく分けると Wimax、Y-mobile、docomo の3社だけです。

簡単な選び方は、自分の行動範囲で電波が入るかどうか。

また自分の持ってるスマホが、au , softbank , docomo のどのキャリアなのか。

上記の理由に書いてあるスマホの併用割引により毎月のスマホ利用料が1000円程安くなるからです。

※スマホ併用割引は、携帯キャリアの各社ホームページをご覧ください。

ここでポイント!スマホのキャリアから選ばずに電波のエリアから選ぶ。

1STEP

とはいっても、最近はどのキャリアも繋がりやすいので、どれを選んでも良いです。

ただし、基本料金がdocomoだけ圧倒的に高くて6000円になることがあります。

WimaxとY-mobileは良心的な4000円程です。

また、Wimaxはauスマホで使っているLTEも使える。

ただし、LTEの利用月は通常料金より1000円加算されます。

Wimaxが繋がりやすいのはこのLTEのお陰なので、少し不安な方はY-mobileで問題ないでしょう。

ちなみに、Wimaxは通信制限の7GBが無いものもあります。

ただし、LTEは7GB制限があるので、無制限とはいえないかもしれません。

通信制限について

 

au7gbseigen

auの公式ホームページより参照

 

結論:

docomoは少し値段が高くなる。ただし、7GB制限が不安ならWi-max。7GB制限が有っても良いならY-mobileが無難。

②機種を選ぶ

各社、様々な機種を出しています。

簡単に表にすると以下のようになっています。

   画像  機種  通信
速度
 重さ  サイズ  バッテリー
WiMAXロゴ    WX02  WX02 下り最大
220Mbps
95g W110 mm
H66 mm
D9.3 mm
約8時間
W02  W02 下り最大 220Mbps 113g W120 mm
H59 mm
D10 mm
約8時間
ワイモバイルロゴ 502HW  502HW 下り最大
187.5Mbps
150g W104 mm
H60 mm
D18.3mm
約10時間
305ZT  305ZT 下り最大 187.5Mbps 150g W117 mm
H62  mm
D13.9mm
約9時間
GL10P  GL10P 下り最大
110Mbps
 120g W91 mm
H57 mm
D14.7 mm
約10時間

軽さやバッテリーなど、どれを取るのかによりますが、このように比べることで、違いが一目瞭然ですね。

バッテリーだけに関して言うと、ここに表記している最大時間はまず持たないと思ってください。

夏場とかスマホのバッテリーが熱くなって、電池の減りが早くなることありますよね?

それと同じような状態になることがあるので、少なめに半分ほどの時間で見ておくことで、安心して利用できるでしょう!

結論:

まだこれだけでは選べない。

③プロバイダを選ぶ

実は一番大切なのはココ!

プロバイダによって、○○万円キャッシュバックなど様々で、時には基本料金の割引を行っていたりします。

また、機種によってキャンペーンが異なってくるので、最終的にはこのプロバイダーを見て決めることになります!

ココも重要!!

キャッシュバックや割引などのキャンペーンが一番大きいのは、WEB(ネット)での申込みです。

実は家電量販店や携帯ショップで契約することも可能なのです。

契約をしたその日から使う事が出来るというメリットがあるりますが、端末の本体料金が定価で掛ります。

その上、キャッシュバックや割引などをしていないわけではないのですが、WEBで申し込む場合はショップで申し込む場合と比べ物にならないほどキャンペーン特典が大きいので、きっと損した気分になると思います。

プロバイダーとは?

インターネットの接続サービスを提供する業者の事を指します。

分かりにくいと思うので、下の図を見てください。

プロバイダと回線

めちゃくちゃ簡単にいったら、この運び屋さんがプロバイダーです。

ネットは、ネット上にある情報を常にやり取りをしているのですが、電波はあくまでも道路みたいなものなので、情報を運んだりしてくれないんです。

プロバイダーの選び方に戻りますが、このプロバイダーはキャリアによって様々です。

<Y-mobileのプロバイダ>

  • yahoo!wifi
  • BroadLTE
  • Ymobile公式

<Wimaxのプロバイダ>

  • UQコミュニケーションズ
  • so-net
  • GMOとくとくBB
  • KDDI
  • BIGLOBE

各社様々なプロバイダーと契約できるようになっていますが、Wimaxの方がプロバイダーの数は多いと思います。

ただし、多すぎても選びにくいので、逆に迷ってしまいますよね。

そこで、キャンペーン特典やアフターサポートなどを加味して、オススメできるプロバイダをあげておきます。

結論:

プロバイダはキャンペーン特典を見て選ぶ

ポケットWifiのオススメの組み合わせはコレ!

 Wimaxプロバイダーのキャンペーン特典比較

  1.  GMOとくとくBB 最大31500円キャッシュバック!(月額:3609円)
  2.  KDDI3      最大28000円キャッシュバック!(月額:3495円)

 どちらも通信制限の無いプランを選べるので、なんだかんだいってもオススメです。

Y-mobileプロバイダーのキャンペーン特典比較

  1. Yahoo!wifi キャッシュバック無しだが月額が安い!

これに関しては、キャッシュバックが無いものの、月額がめちゃくちゃ安い!

<Wimaxの比較結果はコレ>

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの11月キャンペーン

【GMOみてみる]

選ぶべき端末は:W03

ポイント:この機種はauのLTEは使えないけど、Wimaxでエリアが一番広い室内や地下でも強い電波が使えます。

そしてなによりも、キャッシュバック率がダントツの1位!

更に!!auスマホをご利用なら、984円スマホが割引に。

これを選ばない理由はない!

<Y-mobileの比較結果はコレ>

Yahoo!WiFiは月額割引キャンペーン中

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる

選ぶべき端末は:401HW

ポイント:なにより軽いので携帯性よし。更にバッテリーも最長クラス。

もうひとつ付け加えるとすれば、業界最高の室内での繋がりやすさ!

これは、本当に期間限定の早い者勝ちのようです。

端末のストックが無くなったら通常料金に戻るでしょう。

3つのポイントはいかがでしたでしょうか。

あなたはどれが選びましたか?

キャリア・端末・プロバイダこれを総合的に考えて選ぶことで、間違えた選択をしないでしょう。