WiFi(ワイファイ)とは、パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機・DVDレコーダー・ブルーレイレコーダーなどのネットワーク接続に対応した端末を無線LANというワイヤレスネットワークに繋ぐことです。WiFi=ワイファイといったり、ワイハイといったり様々な呼び方があります。

また最近では、冷蔵庫といった一見WiFiとは無縁そうなものでも、外出先から冷蔵庫の中身を確認できるようにとワイヤレス回線で繋げるものも出てきています。

 ちなみにwikipediaの説明ではこのように説明しています。

Wifiとは
Wi-Fi Allianceによって認定された、無線LANの規格。本項で詳述する。
無線LANを利用したインターネット接続サービスの俗称[1]。
Wi-Fiは、無線LANの規格のひとつ。Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。
Wi-Fi – Wikipedia

わかりにくい説明ですが、なんにしても、『無線でインターネットに繋げること』です。

 

WiFiの種類

WiFiは無線でインターネットに繋げることと言いましたが、細かく分けるとたくさんあるんです。

その種類はざっと数十種類!全部説明すると大変なので代表的なものをご紹介します。

スマホのWiFiとは?

 

スマホのWiFiというのは2種類あります。

まず、スマートフォン自体に入っているWiFi機能の事。
そして、スマートフォンで繋げるWiFiの電波(回線)の事。

割と人によって解釈の違うところではありますが、基本的に無線LANに繋ぐという行為を意味しているので、似たようなものですね。

さて、そんなスマホのWiFiには、更に携帯キャリアがサービス提供しているWiFiスポットがあり、docomo,au,softbankの三大キャリアともにWiFiスポットを持っているのはご存知だと思います。

これらのwifiスポットは契約しているキャリアのスポットのみ無料で開放してくれているもので、主にカフェやレストラン、コンビニやイオンなどの商業施設に設置されています。

これらを、無料WiFiやFreeWiFiとよく呼ばれる方がおられますが、無料WiFiというと少し語弊があるんですね。なぜなら、キャリアにお金を払っているから利用できるんですね。

ではよく聞く「無料のWiFiスポット」とはどんなものなのか簡単に説明します。

無料のWiFiとは?

これは、例えばスタバやコメダ珈琲のようなカフェで開放していたり、商業店舗や地方自治体などが活性化のために無料で開放しているものが無料のWiFiだと思っていただけるとわかりやすいと思います。

海外の無料wifiというと、街中のいたるところで飛んでいる使い放題の3G回線のWiFiなどが有名ですが、実は日本に関して言うと無料のWiFiはまだまだ少ないです。

ちなみにWiFiというと、もう一つ面白いものがあります。

1つの呼び方で2つの意味を持つWiFi

あなたはこのwiFiに関して、なんというイメージを持たれますか?

  • ドコモのWifi
  • auのWiFi
  • SoftbankのWiFi

実はこれらは、モバイルWiFiとWiFiスポットの2種類を意味を持っています。

非常にややこしいことではありますが、未だにWiFiというものが何なのか?を知っている人の方が少数派なので仕方のないことです。

では、WiFiスポットの説明の必要はないと思うので、モバイルWiFiの説明をしていきます。

モバイルWiFiとは?

これは、ポケットWiFiと言われたり、モバイルルーター、もしくはモバイルWiFiルーターと言われる、携帯用の有料のWiFi端末のことです。
このモバイルWiFiにはWiMAXやワイモバイルといった回線会社が有名です。
さてここで、先ほどお伝えした、WiFiについて説明していきましょう。

auのWiFiとは?

モバイルWiFiの意味を持つauWiFiというのは、厳密にはWiMAXのことです。

WiMAXはKDDIの子会社みたいなもので、auの電波を使えることからauポケットWiFiやauのWiFiといった言い方をする方もおられます。

ドコモのWiFiとは?

これもモバイルWiFiの意味を持っていますが、auWiFiとは少しだけイメージが変わります。例えば、ドコモの回線の利用できるモバイルWiFiのことを言いますが、ドコモ自体がサービス提供しているものもあれば、格安SIMのMVNOが提供しているデータ通信専用simを利用したモバイルWiFiを言うこともあります。

呼び方によって微妙にニュアンスが違うので不思議なものです。

SoftbankのWiFiとは?

これもモバイルWiFiの意味を持っており、ソフトバンクの提供するポケットWiFiやワイモバイルのことを指します。

一般的には7GB制限のあるWiFiでWiMAXに負け越しているイメージがありますが、電波の入りは良い方なので、ビジネス領域では人気が高いです。

まとめ

スマホキャリアのWiFi=モバイルWiFiという事ですね。
これに興味のある方は比較をしましょう!
→ モバイルWiFiの比較はこちら

日本のWifi事情について

FreeWiFi

海外に良く行かれる方はご存知の事だと思います。

日本は公衆Wifiの利用がしにくい国として、ヨーロッパやアメリカなどの先進国からは知られています。

実は、日本人が良くいく海外の観光地のほとんどで無料の公衆Wifiが開放されています。

要するに誰でも使えるようにしてくれているのです。

日本はというと、公衆Wifiを最近では目にするようになったものの、有料公衆Wifiが圧倒的に多く、携帯キャリアが出しているWifiスポットなども各社携帯キャリアのユーザーのみにしか開放されていないような状況です。

ただこれは、日本が他の国に比べて遅れている。というわけではないんです。

日本のスマホ普及率や携帯電話の所持率が国の総人口から見たときに圧倒的に高く、インタネットの普及率も高いので、無料Wifiを開放する必要性が無かったのです。

かえって通信インフラが整い過ぎているからこそ、このようになっているのが現状なんですね。

ただ、海外からの入国者が増え続けている今では、2020年のオリンピック開催までに無料公衆Wifiを増やそうという試みが大手携帯会社の3社だけでなく、国をあげての事業となってきています。

今後は、外でインターネットが無料で使えるようになる日が遠くないかもしれません。

とはいっても、まだまだ数年は余裕にかかると思うので、外でインターネットにつなぎたい方は、モバイルWifiルータ(ポケットWifi)を利用されるのが今のところ最善の方法であることは間違いありません。

以前からお使いの方はご存知だと思いますが、今のポケットWifiは少し前の端末などに比べると、バッテリーの持ちや繋がりやすさが圧倒的に良くなっているので、旅先や外出先などでネットを使いたい方は、WiMAXが提供しているポケットWifiが非常に便利でオススメです。