ビックカメラでWiMAXの契約を考えている方は絶対にお読みください。

家電量販店の回線販売員だったからこそ知っている裏のウラをお伝えします。

ビックカメラ(コジマ)

Bic WiMAXとは?

大手格安家電量販店のビックカメラで契約できるWiMAXのことです。

厳密には、ビックカメラがプロバイダとして提供しているWiMAXです。

月額料金は7GB制限のないギガ放題プランで4,380円、7GB制限のある通常プランは3,696円となっています。

WiMAXは様々なプロバイダが存在しており、BIC WiMAXはその中の一つです。

プロバイダって何?

プロバイダと回線の違い

プロバイダを説明するなら上記の画像のように車と線路の関係を想像していただくとわかりやすいです。

  • プロバイダ=車
  • 回線=道路

インターネットの仕組みは、サーバーに情報を取りに行って、パソコンやスマホなどの画面上に取りに行ったデータを表示するようなものです。

youtubeの動画を見るときを例で説明するなら、youtubeというサーバーに、画面上で選択した動画のデータをプロバイダがWiMAXの回線を使って取りに行き、画面上に写しています。

これがプロバイダの役割です。

 

BIC WiMAXは高い!

ビックカメラは家電量販店の中で売上高2位(1位はヤマダ電機)の優良企業で、家電製品の安さやポイント付与率10%などのお得さから私もよく利用しています。

しかし、WiMAXに関して言えば最も価格が高く、特典の少なさから契約するメリットはありません。

BIC WiMAXとSo-net WiMAXの月額料金を比べてみたのでご覧ください。

BIC WiMAXとSo-net WiMAXの違い
ギガ放題の月額料金比較
BIC WiMAX 24ヶ月:4,380円
So-net WiMAX 1〜2ヶ月:980円
3〜24ヶ月:3480円

BIC WiMAXは2年間で105,120円かかりますが、So-netモバイルWiMAX2+の場合は2年間で78,502円で済みます。

その差額はなんと、26,600円もあるのです。

簡単に言うと、BIC WiMAXを契約しただけで26,600円も損をするということになります。

なぜBIC WiMAXは高いのか?(私が思う高い理由)

先に勘違いの無いように結論をお伝えすると、WiMAXと名のつくものはほぼサービス内容は全く同じです。

ではなぜここまで料金に開きがあるのかをお伝えすると。

プロバイダ事業をするためには、設備投資が必要です。ケチったようなつまらない設備だと、本当に速度が遅く(車の品質が悪いと同じ)ユーザーを満足させることができません。

かといって、そもそもビックカメラはプロバイダ専門で事業を行ってはいません。

実はこれが料金の高い要因でもあります。

具体的にどんなポイントにより料金が他のプロバイダよりも高いのかを箇条書きにしてみます。

  • 人件費がかかりすぎている。
  • 専門事業としていないため、ユーザーが少なく、値引きができない。
  • 高収益企業として利益を追っている。
  • 実は家電製品を売るだけでは、利益はほとんど無いからここで補填している。

だいたいこの辺りじゃないかと私は思います。

そうでもなければ、どこよりも高いプロバイダ料金を請求されるわけがありません。そもそもたくさん利益が出ているのであれば、ユーザー還元をするはずでしょう。

そう考えると高いのもうなずけますし、キャンペーン内容が他よりも少ないのもうなずけます。

とはいえビックカメラが悪いわけではなく、大手家電量販店は価格競争を恐れてどこも高い料金設定にしているのも業界としての問題点です。

BIC WiMAXのメリット

BIC WiMAXは料金が非常に高いのがデメリットではありますが、当然メリットも存在します。

  • 販売員から店舗で説明を受けられること。

たったこれだけではありますが、本当に機械が苦手な方にとって、これは重宝するべきポイントかもしれません。それだけで高い料金を支払う価値はあると思う方もいるでしょう。

ですので、家電量販店で説明を受けたい方にとってはお勧めできるものです!

BIC WiMAXの評判

ただ、家電量販店で説明を受けたいとはいえ、他の人がどんな風に感じているのかの評判は絶対気になるかと思います。

実際に私も元家電量販店の回線説明員だったので、いろんな声を直接聞きました。

でもまずはツイッターに掲載されている評判を見てみましょう。

やっぱり、価格的に損をした・・・と感じた人が多い!と言う印象を受けました。

また、商品券が届かないという声もありますね。

ただ、個人的に聞いたことのある、良い方の評判も紹介しておきたいと思います。

  • やっぱり機械の苦手な私にとって店頭で契約できるのは助かるわ。
  • 即日端末が手に入るから契約してすぐに使えるのは嬉しい。
  • 説明を受けられるから安心。

このような声も聞いたことがありました。

契約した後のサポートはコールセンターになるのでご注意ください。

ただ一つだけ確実なのは、本当に得をしたい方は、説明だけ受けてみて、やっぱり得したいならWEBで直接申し込むのが一番です。

その時のために、このサイトのブックマークしておいていただければ、最もお得なキャンペーンサイトへ行くことが可能です。

WiMAXで最もお得なプロバイダはどれか?

これも結論からお伝えします。

上記で説明に入れたSo-netでもなければ、UQ-WiMAXでもありません。

最も安くてお得なのは、GMOとくとくBB(キャッシュバック)です。

キャッシュバック金額最高33,000円で、これは業界トップのキャッシュバック金額です。

GMOとくとくBBの3月のキャッシュバック

2年間の実際の負担額は68,004円で最安値となっており、端末も無料です。

一番お得に契約したい方に最もおすすめです。

最も月額の安いプロバイダはどれか?

そして最も月額料金の安いプロバイダも、GMOとくとくBB(月額割引)です。

キャッシュバックキャンペーンより実際の負担額は少々増えますが、請求される金額自体は最安値級です。

そのため、確実に得ができるWiMAXとなっています。

さらに端末も無料なので、好きな端末を選んで、申し込みをすれば基本即日発送をしてくれます。

なんだかんだで我慢する日数も少ないので非常に利用のしやすいプロバイダです。

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

端末で悩んだ時の選び方

基本的に、WEB経由で申し込みをすると、先程お伝えしたGMOとくとくBBは端末が無料です。

その笛、どれにすればいいのか悩むと思いますが、選び方はこれだけ知っていれば大丈夫です。

  • 使い放題のギガ放題を選ぶならWX03(速度の速さは光並み)
  • au 4G LTEを利用したいならW04(エリアの広さはスマホ並み)

たったこれだけです。

WX03がギガ放題でおすすめの理由やau 4G LTEを利用したい方はW04がおすすめな理由は下記をご覧ください。

→ WX03とW04の比較

BIC WiMAXの評判まとめ

  • 月額料金が高く、キャンペーンも少ないから損
  • 店頭で説明を受けるなら選ぶ価値はあり
  • サポートはコールセンターだからなんだかんだで同じ
  • キャッシュバックが届かないことがある?
  • わざわざ選ぶ必要はない

こういう評判となっておりますので、ぜひ得をしたい方は、GMOとくとくBB(キャッシュバック)もしくは、GMOとくとくBB(月額割引)をお選びくださいね!

もし、いろんなプロバイダから選びたい方!そもそも何を選べば良いか迷っている方は、さらに下へスクロールしていただき、ポケットWiFi診断を受けてみてください。

そうすればあなたにぴったりのものがわかりますよ!

また契約方法でお悩みの方はこちらもご覧ください。

→ どこで契約するのが最も安い!?