WiMAXには通信制限の緩いギガ放題というプランがありますよね!

  • 月間データ通信量:無制限
  • 3日間のデータ通信量:10GB

また通信制限に掛かってしまったとしても、youtubeの再生程度では困らないほどの、通信速度でインターネット回線サービスを提供してくれるプランとなっています。

たくさんインターネットを利用したい人にとって、これ以上のプランはない!と思ってしまいがちですが、これから説明することを知らなければ、「契約しなければよかった・・・。」なんてことになる方もおられるので、契約する前に知っておきたいギガ放題の知識をご紹介したいと思います。

もう既にギガ放題のことはよーく知ってる!という方向けのギガ放題の比較はこちらです。

ギガ放題とは?

WiMAXが提供している、月間の通信制限容量が無制限になっている定額の料金プランのことです。

ギガ放題のプラン説明画像

基本の月額料金は4,380円で追加料金なく、毎月好きなだけインターネットを楽しめます。

料金に関してはプロバイダによって月額料金が異なりますが、最も高い月額料金は家電量販店系とUQ-WiMAXとなっております。

好きなだけインターネットを楽しめ流とお伝えしましたが、月間の通信制限がないだけで、3日間の通信制限はあります。3日間で10GBに設定されています。

3日間10GB使おうと思うと、動画をずっと見続けるか、大量の動画もしくは大容量のデータを常にダウンロードし続けないとなかなかいく到達しません。

youtubeをパソコンでBGMとして流しながら、毎日6時間も仕事をしていたとしても10GBは正直到達できないかと思います。

ですので、ギガ放題はほとんど使い放題のプランという事です。

ギガ放題の月間データ通信量は必ずしも無制限ではない

月間データ通信量無制限のギガ放題とお伝えしましたが、7GB制限がついてしまう使い方があります。

それは、au 4G LTE回線を利用した場合です。

ギガ放題は、WiMAX2+回線のみほとんど使い放題で利用できるものの、au4GLTEを利用した時は自動的に月間7GB制限がついてしまいます。

なぜ?と聞かれてもそういうものだからと答えるしかありませんが、基本的にはWiMAX2+とau4GLTEの回線提供元が違うためにそうなっているのだと思います。

ちなみに通信制限にかかると速度は128Kbpsとなります。

3日間の通信制限が1GBになることもある

また、au4GLTE利用時は月間の通信制限がつくだけでなく、3日間の通信制限が1GBになってしまいます。

WiMAX2+のみで利用した場合と比べると10分の1のデータ通信容量になるだけでなく、速度も低速の128Kbpsとなってしまいます。

WiMAX2+のみ利用時で3日間の通信制限に掛かった場合は、速度に換算すると約1Mbpsですが、au4GLTE利用時は0.1Mbpsと、速度も10分の1ほどとなります。

au4GLTEは繋がるけどギガ放題では無駄が大きい

こんなau4GLTEは、WiMAX2+よりもつながるエリアが広く、スマホと同程度の繋がりやすさが得られます

その反面、ギガ放題のメリットである使い放題を台無しにしてしまうので、ギガ放題で利用すると無駄が大きいため、利用するメリットがほとんどありません。

ただ、通信制限にかかるのは利用した月のみなので、特定の月だけ必要な場合はありかもしれませんね。

ギガ放題でもauスマートバリューmineが適用できない場合もある

ギガ放題というと、通信制限がないことだけがメリットと思い込んでいる方もおられますが、決してそんなことはありません。

auスマートバリューmineと言って、auスマホユーザーで、データ通信定額プランに加入している方は最大1,000円ほどの月額割引を受けることができるのです。

それならauスマホユーザーにとっては非常に嬉しい契約となるわけですが、割引がない契約方法があります。

実はは、Broad WiMAXというプロバイダで初期費用無料キャンペーンを利用した場合は割引を受けられません

その理由は、単純にBroad WiMAXの特殊プランによるものです。

ただ、キャッシュバック最高額で人気のあるGMOとくとくBBや、UQ-WiMAX、So-netモバイルWiMAX2+は全く問題なく割引を利用できます。

そのため、auスマホユーザーは、Broad WiMAXの利用は避けるようにするのが良いですね!

ギガ放題で効果的に利用できる回線はWiMAX2+のみだと思う方が良い

いろいろとお伝えしてきましたが、WiMAXのギガ放題を有効活用して、月間制限なくたくさんインターネットをしたい方は、au 4G LTE回線は利用せずに、WiMAX2+回線のみ利用することが前提となります。

WiMAXの端末は、Wシリーズ、WXシリーズ、ホームルーターシリーズの3種類ありますが、au 4G LTEを利用できるのは、Wシリーズとホームルーターシリーズのみです。

WXシリーズに関しては、基本的にはWiMAX2+回線しか利用できないですが、ギガ放題で利用することを前提に作られている端末なので、クレードルの利用メリットや、バッテリーの持ちなど、ギガ放題を活用する際に利用しやすくなっています。

ですので、WiMAX2+回線のみしか利用できないWXシリーズの端末を利用するのが望ましいです。

契約前に知っておきたいギガ放題の5つの知識のおさらい

  • 利用回線により通信制限が異なる
  • au 4G LTE回線利用時は通信制限がきつい
  • WiMAX2+のみで利用時はギガ放題を最大限に有効活用できる
  • ギガ放題を利用するなら端末はWXシリーズがおすすめ
  • auスマートバリューmineの割引を受けるならBroad WiMAXは外す

契約前に知っておいたほうが良い、ギガ放題の知識は上記5点です。

何より、ギガ放題で契約したのに通信制限があって困っている人も非常に多くおられるため、なんとももったいないと言わざるおえません。

これをお読みいただいた、あなたは、間違えることがないようにしてくださいね!

ギガ放題で契約するならどのプロバイダがおすすめか!?

最後に、ギガ放題で契約するのであれば、どのプロバイダがお得でおすすめなのかをご紹介したいと思います。

ただお得という概念は、人により異なりますので、2つのお得を出しました。

キャッシュバックがお得なプロバイダ

キャッシュバック最高額は、常にGMOとくとくBBというプロバイダです。

gmoとくとくbb9月

→ とくとくBBのキャッシュバックをみてみる

とはいえ、端末によってキャッシュバック金額は異なるため、少々想像よりもキャッシュバックが低いかもしれないなと思うこともあります。

そんな場合は、下記のプロバイダがおすすめです。

月額の安さとサポート品質のバランスが良くお得で安心なプロバイダ

月額料金の安さとコールセンターのサポート品質の高さでバランスが取れているプロバイダはSo-netモバイルWiMAX2+だと私は思います。

So-netモバイルWiMAX2+

So-netモバイルWiMAX2+

実際にコールセンターが長期間無料になっていたり、私自身の経験からですがコールセンターの担当者の知識レベルが高いため、多少わからないこと、マニアックな質問でも答えられる人が多い印象です。

また何よりコールセンターへのつながる速度は、確実にかなり早い方です。

見た目の安さではなく、長い期間WiMAXを満足に利用するなら、So-netモバイルWiMAX2+は本当におすすめできますよ。

ギガ放題で契約できる様々なプロバイダを比較したい方へ

WiMAXを扱っているプロバイダであれば、どこでもギガ放題は契約できます。

しかし、そのプロバイダが多いので、実際にどこで契約するのがいいのかわかりにくいのもの事実。

それであればと、ギガ放題での料金、ギガ放題でのキャンペーンなどをわかりやすく比較してみました。

→ WiMAXのギガ放題の料金・キャンペーン比較

ぜひ、上記ページをご覧ください。