実際どっちが安いん?

月額が安いポケットWiFiを探している方が悩むこの2社のプロバイダ。

実際にどっちが安く、どっちがオススメなのか?徹底的に比較しました。

GMOとくとくBB VS BroadWiMAX

GMOとくとくBBとBroadWiMAXの月額料金比較

まず最初は、月額請求費用の安いキャンペーン同士で比較しましたが、結論を先に言うと、「GMOとくとくBBの方が2年ベースでは安い!」です。

主に、GMOとくとくBBの事ですが、キャッシュバックありキャンペーン月額割引キャンペーンの2種類あります。表ではこの2種類のうち、月額割引キャンペーンの金額で算出しています。

※2016年8月現在

GMO
とくとくBB
Broad
WiMAX
ギガ放題 1〜2ヶ月
2,760円
3〜24ヶ月
3,414円
1〜3ヶ月
2,856円
4〜24ヶ月
3,541円
フラット 24ヶ月間
2,760円
24ヶ月間
2,856円
端末代 0円 0円
2年間の総費用 ギガ放題
80,628円
フラット
66,240円 
ギガ放題
82,929円
フラット
68,544円
2年目以降の月額 ギガ放題
4,263円
フラット
3,609円
ギガ放題
3,541円
フラット
2,856円
3年間の総費用  ギガ放題
131,784円
フラット
109,548円
ギガ放題
125,421円
フラット
102,816円

この表から見て取れるのは、GMOとくとくBBとBroadWiMAXでは、2年間しか使わない時と3年間利用する時で月額が違うことです。

  • 2年間で考えるならGMOとくとくBBが安い
  • 3年間で考えるならBroadWiMAXが安い

このような結果になりましたが、基本的にWiMAXは2年契約です。

そのため、3年間で算出する必要はないのかもしれませんが、2年ピッタリで乗り換えをしない人もおられます。そういった時にものすごく高くなるのは少し損だと思うので、あえて出してみました。

だから、このように結論を置き換えることができると思います。

2年ごとに乗り換える人はGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

最初の2年間の月額は最安値です。
もちろん、最新端末のW03も無料です。

キャッシュバックの受け取り手続きが面倒だからいらないけど、月額を安くしたい人はこれです。

ちなみにエリア検索した結果、使えるという結果が出たのに万が一電波が入らない場合は、20日間キャンセル無料です。

>月額割引キャンペーンを見てみる<

一度契約したら乗り換えるのが面倒な人はBroadWiMAX

BroadWiMAX

2年以上の長期間使うなら、最安値はこれです。

私もこれを使っており、コールセンターの対応能力もなかなか良かったので、安心して利用できます。

さらに最新端末のW03も無料です。

また満足保証キャンペーンがあり、電波や速度に満足できない場合は別の回線に違約金なし(BroadWiMAX負担)で乗り換えることができます。

個人的に一押しです。

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる

GMOとくとくBBはキャッシュバック有りキャンペーンの方が実質負担月額が安い

2016年8月現在のGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は最大30,000円です。

ただ、月額料金は割引キャンペーンよりも少々上がってしまいます。

しかし、

2年間の総負担額に実質月額は、キャッシュバックをもらう方が安いです。

では、どの位実質負担が変わるのか見ていきましょう。

キャンペーン キャッシュバック 月額
請求月額
(ギガ放題)
1〜2ヶ月
3,609円
3〜24ヶ月
4,263円
1〜2ヶ月
2,760円
3〜24ヶ月
3,414円
請求月額
(フラット)
24ヶ月間
3,609円
24ヶ月間
2,760円
キャッシュバック 最大30,000円 なし
実質月額
(ギガ放題)
2,959円 3,455円
実質月額
(フラット)
2,359円 2,760円
 端末代 0円 0円
 2年間実質
総負担額
ギガ放題
71,004円
フラット
56,616円
ギガ放題
82,929円
フラット
68,544円
比較結果  1万円ほどお得!  少し高い

結果は、2年間で考えた時にキャッシュバックをもらう方が1万円ほどお得ということです。

キャッシュバックは現金なので、「実際に減るお金=実質月額・2年間実質総負担額」としています。
※ちなみに家電量販店はポイントや商品券です。

ポケットWiFiは少しでも安く使って得したい!

そんな人にオススメです。

GMOとくとくBBの11月キャンペーン

まとめ

ポケットWiFiの月額の安さなどを求める時には、プロバイダを選ぶのが必要不可欠になってきます。

しかし、プロバイダは基本的にWEBでしか選ぶことができません。

家電量販店で対面で契約したいと思っている人は、必然的に一番値段の高いUQ-WiMAXを選択させられることになってしまうので、実際に得ができないし、月額も高くなってしまいます。

BroadWiMAXかGMOとくとくBBか、この2社で選ぶのであればWEBからの申し込みが必須になってしまいます。

ただ、家電量販店で契約をしたとしても結局サポート窓口はコールセンターになってしまうので、WEBで契約してもアフターケアは変わりません。

だからこそ、今回の比較でわかった、月額最安値のものを選ぶことがオススメです。

2年間のポケットWiFiの通信コスト最安値は、GMOとくとくBB!!