komatta

とにかく通信制限に掛かるのがイヤだ!

かといって、高いポケットWiFiなんか論外!!ほんとに最安値でオススメのポケットはどれなの!?

こう思っているアナタに自信を持ってオススメできるポケットWiFiをご紹介します。

私の独自の解釈と実際に掛かる費用を計算(2016年7月時点でのキャンペーンなどを踏まえて)したうえで、一番安くて一番おすすめできるものをご紹介いたします。

ポケットWiFiは2種類あり、違いをご存知ですか?

通信制限の無いポケットWiFiとはいっても、大きく分けると2種類あります。

この違いというのは電波の種類ですが、WiMAXという電波と、良く聞くLTEという電波です。

これは分かりやすくなるように一括りにしてお伝えしているわけですが、明確には2種類のポケットWiFiがあり、その中で2種類の電波があります。そこで違いを分かりやすく説明するために表にしました。

先ず事前情報としてポケットWiFiはWiMAXとYmobileの2種類あり、電波はWiMAXとLTEの2種類あります。

キャリア 電波
WiMAX WiMAX・LTE
Ymobile LTE

これだけみてもどう違うのか分かりにくいかと思います。

そのため、こう思っていただくと分かりやすいです。

通信制限が無いものはWiMAXで、LTE(Ymobile)は通信制限がある。

しかし、ご存知の方もおられますが、厳密にはYmobileも通信制限の無いプランがあります。
ただし、基地局の数などの兼ね合いから、通信制限の無いモードで利用していても、そもそも金額が高いのと、繋がりにくいということもあり、今のところ、選んでもメリットが無いので、あえて通信制限が有るという認識でいて頂ければと思います。

しかし、通信制限の無いものを利用したくても、実は電波の繋がりやすさの兼ね合いから利用できない方もおられるので、念のためにこの電波の特性の違いを知って頂きたいと思います。

WiMAXとLTEの電波の違い

ご存知の方も多いですが、先ず電波は全て同じというわけではありません。
周波数という波長があり、高周波や低周波という0.8GHz~2.5GHzの7つの周波数を利用しています。

周波数?高周波?低周波?少し分かりにくいですよね!なので例を出して簡単に説明します。

電波の周波数は海の波と全く同じに例えることができます。

高い波は高周波と同じ(1.5GHz~2.5GHz)

高い波は高周波と同じ

高い波は、波になっている部分の水の量が多く、更には速度が速いです。

しかし、高い波は直線的にしか進めず障害物があると、高波は反射されて消えてしまいます。また細かな隙間があったとしても、大きな波の状態で通り抜けることができません。

実はこのような特性は、本当に高周波と同じなのです。

1.5GHz,1.7GHz,2.0GHz,2.1GHz,2.5GHzの5つの高周波は、多いデータ量を一度に通信できますが、遮蔽物に弱く隙間などを通りにくい特性を持っています。

高波も遠くまで持たずにある一定の高さになるとブレイクといって、波が崩れます。

高周波も実は遠くまで飛ばないのです。

なので、この高周波の特性は遮蔽物の多い場所や基地局などから遠い場所の電波の入り具合が悪い。という事です。

しかし裏を返せば、田舎と比較して基地局などが多く人の多い場所では、ものすごく多くのデータ通信を一度にできるので速度が速いです。

結論をお伝えすると、都会などでは速い電波がものすごく繋がりやすい電波という事です。

低い波は低周波と同じ(0.8GHz,0.9GHz)

周波数の例えになる波の写真

低い波は、1つの波で運べる水の量は少なく、ものすごく遅いです。

しかし、反射を繰り返して比較的どこまでも行けるし、遮蔽物が有ったとしても低い並みはひょいひょいと避けていき、更には遠くまで波が移動します。

これは低周波と全く同じ特性です。

0.8GHz,0.9GHzの2つの低周波は、1度に通信できるデータ量はそこまで多くはありませんが、遮蔽物が有っても上手に避けて遠くまで運ぶ特性があります。

電波という言い方で分かりやすくいうと、遅めだけど繋がる電波ということです。

WiMAXとYmobileの使っている電波の周波数

各周波数の特性を知って頂けたと思います、そこでWiMAXとYmobileの電波の周波数が何か?という事を知って頂きたいと思います。

WiMAX Ymobile
0.8GHz au LTE
0.9GHz softbank
LTE
1.5GHz
1.7GHz Ymobile
LTE
2.0GHz au LTE
2.1GHz Ymobile
LTE
2.5GHz
通信制限
無し
WiMAX
WiMAX2+
Ymobile
LTE

これが、2社で利用できる電波および、利用している電波です。

どちらも低周波の電波を1種類ずつ持っており、高周波の2.5GHzも1種類ずつ持っています。

しかし、表に書いている通り、通信制限の無いものは2.5GHzだけに絞られます。

ただ、初めの方でも説明した通り、Ymobileの2.5GHzはまだまだ整備が追い付いておらず、WiMAXに繋がりやすさが劣りますので、あと数年は気にする必要はないと思います。

2つのポケットWiFiの電波の説明はここまでですが、ある程度お分かり頂けたのではないでしょうか?

WiMAXの2.5GHzの電波はエリアが広いけど使えるかの調査は必須!

ピンポイントエリア判定

WiMAXの電波は日に日にエリアが広がっており、快適に利用できるようになっていますが、建物の構造や利用する場所などによって使えない場合があります。

そして、広範囲で利用できるかの色づけされたマップを見るよりも「ピンポイントエリア判定」を行うことで、住んでいる住所などを選んでいくことで、利用できるかどうかの判断を「〇△☓」で教えてくれます。

利用できない可能性があるのにピンポイントエリア判定を行わずに契約をされる方も稀ですがおられます。運良く使えればいいのですが、使えなかったら自己責任となってしまうので、絶対にピンポイントエリア判定を行うようにしましょう!

ここから先はWiMAXの2.5GHzの電波(WiMAX2+)が利用できること前提になってしまうので、もし「△☓」の方は契約しない事をオススメします。

もし、WiMAXの電波が「△☓」の方は、使い放題で利用できるポケットWiFiはドコモのLTEが使い放題のスマモバだけしかありません。

厳密には他にもないことはないですが、格安SIMの最大プランで値段がかなり高くなるため、最安値でとなるとスマモバの3,980円です。

スマモバ

WiMAXが利用できる方は「WiMAXの方が安い」ので、スマモバを選ぶ必要はありません。

WiMAXで通信制限が無いのはギガ放題のみ

UQWiMAXのギガ放題のバナー

WiMAXには2つのプランがあり、プロバイダによってその呼び名は異なりますが、基本的には「ギガ放題(7GB制限無し)」「通常プラン・フラットプラン(7GB制限有り)」と呼びます。

WiMAXの2つのプラン

このどちらのプランも利用できる電波は同じです。

しかし、ギガ放題の中でもいくつかパターンがあり、ギガ放題というくせに7GB制限が付いてしまう使い方もあるので、ここが一番要注意です。

ギガ放題でも7GB制限が発生するパターンは機種による

WiMAXは機種によって使える電波が異なります。

最新の現行機種でいうと2種類あり、それぞれギガ放題が使えます。

W03 WX02
W03のオレンジとホワイト WX02
利用
可能
電波
<au LTE>
0.8GHz・2.0GHz<WiMAX2+>
2.5GHz
<WiMAX>
2.5GHz<WiMAX2+>
2.5GHz
寸法 約W120×H62×D11.4mm 約W110×H66×D9.3mm
重さ 約127g 約95g
バッテリ 最大約12時間 約12時間
最大
速度
下り最大370Mbps対応
(エリア順次対応)
下り最大220Mbps対応

実は、ここでギガ放題を利用する際に要注意なのは、W03です。

W03は上記で説明したように、au LTEが利用できる唯一の機種です。

注意

要注意というのは、W03でau LTEを利用した月は7GB制限が付くということです。
もっと厳密に言うと、W03の利用は問題ないのですが、端末の設定でハイスピードプラスエリアモードというものにすると、au LTEの利用ができるようになってしまうので、設定をしなければOK

※家に届いた段階ではハイスピードモードという、WiMAXかWiMAX2+しか利用できない設定になっているので、変えなければいいだけです。

WX02に関しては、ギガ放題特化みたいな機種になっているので、こういった心配はありません。

しかし2年後の2018年にはWiMAXという電波は停波するという話がでており、WiMAX2+のみになるので、今から選ぶメリットがあるのかなんとも言えませんが、逆に2年後にはまた違う機種にするという方はWX02で良いと思います。

ここまでが通信制限無しでWiMAXを使う方法という説明でした。

WiMAXの2年間の実質負担額の出し方はキャッシュバックを含める

少々前置きが長くなってしまいましたが、ここから最安値の通信制限の無いポケットWiFiを出していきましょう!

通信制限の無い格安のポケットWiFiをどのように算出するのか公表しますので、間違えが無いか確かめて頂ければと思います。

WiMAXは2年契約であり、ポケットWiFiの中で唯一キャッシュバックがあります。
ちなみにキャッシュバックは現金を振り込んでくれます。(商品券は差し引かない)

その為、キャッシュバックは戻ってくる費用として、本来請求のある費用から差し引いてしまいます。

2年間の実質負担額の計算方法

初期費用+最初の割引月額×割引月数+通常の月額×(24-割引月数)-現金キャッシュバック額=2年間の実質負担額

また更に実質月額も算出できます。

2年間の総支払額÷24=実質月額

このように、2年間の総支払額と実質月額を算出していきます。

例としてso-netモバイルWiMAX2+で計算してみましょう!

初期費用3,000円+割引月額3,495円×2ヵ月+月額3,980円×22-キャッシュバック21,000円=2年間の実質負担額76,550円

(初期費用3,000円+24ヵ月分の月額94,550円-21,000円=2年間の実質負担額76,550円)

2年間の実質負担額76,550円÷24ヵ月=実質月額3,190円(小数点繰り上げ)

このように、so-netモバイルWiMAX2+は、2年間の実質負担額76,550円、実質月額3,190円という事が算出できました。

このように、WiMAXの代表的なプロバイダで計算していきましょう!!

ギガ放題での2年間の実質負担額と実質月額を比較

今回は数あるプロバイダの中でも圧倒的に人気のあるプロバイダを6つ厳選して計算を行っておきました。

ギガ放題の2年間の実質費用と月額

順番は何も意識せずに並べていますが、どれが得なのかは分かりやすいように「〇と☓」をつけています。

今までキャッシュバックといえば「GMOとくとくBB」が一番と言われており、確かにキャッシュバック金額だけで見ると一番高額キャッシュバックとなっています。

しかし、最高額のキャッシュバックを出すには様々な条件があり、機種をW03もしくはWX02にする場合は最高でも30,000円となるので、30,000円で算出しました。

しかし、GMOとくとくBBでこの条件を引き出すには1,000円程の有料オプションに加入が必要なので、実際にはもう少々お得ではなくなってしまいます。

そこで個人的に今まで比較対象としてあまり紹介されていない、3WiMAXというプロバイダを引き合いに出してみたところ、実は一番安かったものが3WiMAXということが分かりました!!

逆に本家本元のUQ-WiMAXは圧倒的に高いという結果が出てしまいました。

ただ、それでも悪いところばかりではなく、サポートをしている時間が一番長く、年中無休という事が分かりました。

2年間の実質負担額と実質月額費用のランキングTOP3

  1. 3WiMAX

    3WiMAX

    2年間の実質負担費用:72,850円
    実質負担月額:3,035円
    今まであまり注目されていませんでしたが、ここにきてかなりお得さを見せてくれています。通信制限の無い最安値を選ぶなら3WiMAXです。

  2. GMOとくとくBB

    GMOとくとくBBの11月キャンペーン

    2年間の実質負担費用:74,004円(1位との差額-1,154円)
    実質負担月額:3,084円(1位との差額-49円)
    今までずっと2年間の総支払額の最安値に君臨していましたが、ついに抜かれてしまいました。またキャッシュバックのもらいにくさも今後はアダになるかもしれません。

  3. so-netモバイルWiMAX2+

    スクリーンショット 2016-09-01 21.11.41

    2年間の実質負担費用:76,550円(1位との差額-3,700円)
    実質負担月額:3,190円(1位との差額-155円)
    常に2~3の安さをキープしてきており、サポートの品質に一定上の人気があるプロバイダです。
    サポートも選ぶ要素として必要な方はso-netにするとよいでしょう。

実際に通信制限の無い月額の安いプロバイダのTOP3です。

でもそれだけでは情報としては不十分です。

口コミで評価が高いプロバイダはどれか?

これも独自でアンケート調査を取ってみました。

各プロバイダで100ずつ取ったのですが、全てを公開するわけにはいかないので、3つずつご紹介します。

3WiMAXの口コミでの評価

男性(左)

評価:★★★★★
ノーリミットモードの時からWiMAX使っているので乗り換えで、どのプロバイダを選んでも電波などは同じなので実際にお得なものを選ぼうと思ったところ、これに行きあたりました。
実際にキャッシュバックを引き出す条件は、オプションに加入することでしたが、2ヵ月無料のオプションで電話ですぐに解除できるので、簡単に得することができました。想像よりもコールセンターの対応が良かったので、初心者の方にも向いてるなと思いました


女性(右)

評価:★★★★★
キャッシュバック金額で選ぼうとしたのですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックのもらいにくさで悪い口コミがあったので、2番目にキャッシュバックが多かったから選びました。改めて知ったのですが2年間の実質負担金額が一番安いので、なんかものすごく得した気分です。後はキャッシュバックを受け取り忘れなければ最高です


男性(左)

評価:★★★★
WiMAX特有の事だから仕方ないのかもしれないんですが、私が住んでいるマンションでは室内に持っていくと電波が弱くなるので、常に窓際において利用するようにしています。繋がりやすさってプロバイダは関係ないにしてもWiMAX単体で考えた時にはぜひ更に電波が強くなってほしいと言う思いから4とさせていただきます。

総合評価(5段階):4.67点

GMOとくとくBBの口コミでの評価

女性(左)

評価:★★
契約した時はサイトがものすごく見やすかったからイイナーと思って契約したけど、キャッシュバックを受け取るメールアドレスにGMOグループからのメルマガが大量に届くせいで見逃してしまうところでした。こんなにメルマガが届くのはGMOだけらしいのですが、もう二度と選びたくないですね。ただネットは好調に使えています。


男性(右)

評価:★★★
ネット上ではあまりいい口コミはなく悪い口コミが目立っていましたが、キャッシュバック欲しさで契約しました。ただ、WiMAXの電波に制限が付いた時に電話で問い合わせしても機械的な対応しかしてくれず、ほんとに悪い口コミ通りだなーと思った印象があります。


男性(左)

評価:★★★★★
キャッシュバックが狙いで契約したけど、外での繋がりも良いのでめっちゃ重宝しています!サポートは使った事が無いのでわからないですけど、キャッシュバックが欲しい方にはオススメですよ

総合評価(5段階):3.33点

so-netモバイルWiMAX2+の口コミでの評価

男性(左)

評価:★★★★
フレッツ光でso-netを使っていたので、個人的に信用していることもあって選びました。なによりauスマホトの割引もWiMAXはあるのでいいですね。so-netを使っていた理由はサポートの強さなので、これはWiMAXになっても変わらず良いと思います。ただ、キャッシュバックのメールを送ってる期間がもう少し早ければもっといいな


女性(右)

評価:★★★★★
WiMAXに契約したての時、まったく設定方法がわからなくてコールセンターに問い合わせをしたのですが、設定ができるようになるまで分かりやすく誘導していただけました。また非常に丁寧に案内して頂けたこともあって、ちょっとした相談もしやすくサポートを有効活用できています。ネットは少し電波の悪い場所もあるけど、概ね使えているので満足しています


女性(左)

評価:★★★★
なんか雨の日になると電波が弱い気がします。so-netさんだけじゃないのかな?と思いますけど、そもそも私の住んでいる場所が建物に囲まれてものすごく入り組んだ場所だからかもしれませんが、少し良くなってくれると嬉しいです。ただアニメを良くみるのですが、これに関しては快適に止まることなく観れているので、良いと思ってはいます。

総合評価(5段階):4.33点

これをみる限り、どのプロバイダもそこまで悪くはないのかな…と印象を受けました。

ただGMOとくとくBBに関しては、少しコールセンターの対応が弱いのだろうなーという印象も受けました。またキャッシュバックが多くても貰いにくいのであれば、どうなんだろうな…という面もありますね。

こういった観点から考えると、GMOとくとくBBは選ぶ必要はないのかもしれません。

また限られた数の口コミからの採点なっていますが、3WiMAXもso-netモバイルWiMAX2+もものすごく評価が高いと思います。

通信制限の無い最もコスパの高いポケットWiFiでおすすめはコレだ!

3WiMAX

まだそこまで知られてないからこそ、頑張って安くしてくれてるのかもしれませんし、実は古くからやっているところなのかもしれません。

しかし、サポート体制などが整っている事を考えると、そんなのは関係なく選んで間違いのないプロバイダだと思います。

3WiMAXのおすすめポイント

  • 実質月額が最安値!
  • 2年間の総支払額が最安値!
  • 全て電話でやり取りができる!
  • キャッシュバック金額が2位!
  • 利用者からの評価も割と高い!

こういった理由から、3WiMAXはおすすめです。

ただオプションは2ヵ月無料ですが、外すのだけは忘れないでくださいね!
今、皆が注目している、3WiMAXを選べば損はないでしょう。

また更にau スマホをお使いの方は3WiMAXを選ぶことで更に最大934円も安くすることができます。

キャンペーンサイトを見てみる

詳細の説明をみてみる