2016年10月更新

WiMAXの@nifty(ニフティ)というプロバイダをご存知でしょうか?

フレッツ光などでは優良プロバイダとして選ばれていた会社ですが、まさにWiMAXでも@Niftyが好きだから!と契約する人は多いです。

そんな@niftyの速度や口コミなどの評判、月額などを様々な面で別のプロバイダと比較してみました。

今現在@niftyWiMAXのFlatプラスをご利用の方は、お得に乗り換えができるので、こちらをご覧ください。

@nifty WiMAXは2年間の実質支払額の比較で2番目に安い

@nifty WiMAX

よく価格コムとかでも実質月額〇〇円!みたいな感じで紹介をされているのを見ると思いますが、これはキャンペーンのキャッシュバックを含めて算出した実質料金(実際に現金が減る額)です。

ただお得さの算出にはこれが最も適した計算方法なので、この計算方法で他社プロバイダと比較してみました。

WiMAX 2+ Flat2年ギガ放題の比較(7GB制限なし)

プロバイダキャッシュバック
(特典)
実質月額2年総額(実質)
GMO
とくとくBB
キャッシュバック
33,000円
(最大)
2,959円71,004円
GMO
とくとくBB
月額割引
なし3,359円80,628円
Broad
WiMAX
18,857円割引
(初期費用)
3,609円86,614円
@nifty
WiMAX
20,000円
&
3ヶ月無料
3,098円74,250円
so-netモバイルWiMAX
キャッシュバック
20,000円
or
月額大幅割引
3,231円77,550円
so-net
モバイル
WiMAX
(月額割引)
なし3,421円82,120円
Biglobe
WiMAX
20,000円
or
21,600円&初期費用無料
3,609円86,614円
UQ-WIMAX商品券
3,000円
4,170円100,068円
家電量販店系
WIMAX
(BIC,YAMADA)
現金バックなし
(あっても1万円)
割引なし
4,295円103,068円

この表を見たとおりですが、2年間の実質負担額がGMOに引き続いて2番目に安いです。

ここで出している料金は通常の料金で、もしフレッツ光などで@niftyを利用されている方は更に月額が250円安くなるので、更に2年間の実質負担額は5250円安くなります。

なので、@niftyユーザーは2年間で実質69,000円で利用できるということになります。これはWiMAXの中で間違いなく最安値の金額です。

なので、@niftyを今利用されている方は、絶対にこれにしましょう!

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる

WiMAX 2+ Flat2年の比較(7GB制限あり)

矢印を押せば金額順に並べたりできます。
プロバイダキャッシュバック
(特典)
実質月額2年間の実質費用
特記事項
GMOとくとくBB33,000円(最大)3,609円56,616円auスマホ割引適用外
UQ-WiMAX10,000円(商品券)3,696円81,704
auスマホ割引適用外
@nifty WiMAX20,000円&3ヶ月無料3,670円60,070円auスマホ割引適用外
so-netモバイWiMAX2+20,000円3,495円66,880円auスマホ割引適用外
Biglobe WiMAX20,000円
3,695円71,680円auスマホ割引適用外
Yahoo!WiFi半年割引2020円
59,760円端末1機種のみ・3年契約
Broad LTE18,875円(初期費用無料)2,856円71,544円特になし・3年契約
Broad WiMAX18,875円(初期費用無料)2,856円71,544円auスマホ割引適用外

通常プランになると、auスマホが最大934円割引になるauスマートバリューmineは適用外となります。

@nifty WiMAXの6つの嬉しいポイント

  1. 下り速度最大370Mbpsの高速通信
  2. 最新機種のW03は1円!クレードルはたったの2750円
  3. auスマホと一緒に使うと最大934円割引
  4. 工事なしですぐ使える
  5. 最大3ヶ月無料
  6. 複数のWi-Fiスポットが無料で使える

1、下り速度最大220Mbpsの高速通信

外出先でも高速インターネット

WiMAXの高速通信電波であるWiMAX2+を利用でき、最新機種のW03はWiMAX2+とau4GLTEのキャリアアグリゲーション対応なので、下り最大370Mbpsという光回線並みの速度でネットが楽しめます!

※下り最大370Mbpsは順次エリア拡大中で、まだ最大220Mbpsが一般的なエリアとなります。

基本的には全国主要都市や地方でもよく繋がります。

2、最新機種W03は1円!クレードルはたったの2750円

W03とWX02が1円

最新機種のW03が1円で購入できます。

また、クレードルセットにすると、2750円で充電スタンドにもなり有線でネットができるクレードルを購入することができます。

3、auスマホと一緒に使うと最大934円割引

auスマートバリューmineで最大934円割引

auスマホユーザーが@niftywimaxに申し込みをした場合、auスマートバリューmineという割引により、auスマホが最大934円も割引になります。

※auスマートバリューmine適用条件
WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題、WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割、WiMAX 2+ Flat 4年 auスマホ割のいずれかのプランで申し込みをし、auスマホ側はデータ定額1/2/3/5/8/10/13/20/30GBのいずれかに加入している必要があります。

また、割引額はauスマホのプランに応じて変わります。

auのプランによる割引額

分かりやすいラインは、5GB以上の契約なら934円割引、2〜3GBなら743円割引、1GBの契約なら500円割引の3パターンとなります。最近の傾向では一般的に5GBの契約がほとんどです。

auユーザーなら必ず受けたい割引ですよね!

工事なしですぐ使える

家で使っても配線なし工事なし

ポケットWiFiの特性上、工事をすることなく、端末の届いたその日からネットを利用することができます。

固定回線などの調査は申し込みをしてから早くて当時に工事日を決めることができますが、ネットが使えるようになるまで、申し込みをしてから一般的に1ヶ月は掛かると言われています。

こういった待ち時間がないので、申し込みをして端末が届いたらすぐに使えるのが嬉しいところです!

最大3ヶ月無料

@nifty wimaxのお得なキャンペーン実施

実はWEBのキャンペーンページから申し込みに限り、最大3ヶ月間無料になります。無料になる金額は1〜2ヶ月目までの3670円と3ヶ月目の4350円が割引になります。

そのため11,690円も通常よりお得になるわけです。

ちなみにオプションなどの加入は必要ありません。

だからこそ、絶対にWEBの特別なキャンペーンから申し込みをしてくださいね!

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる

※このサイトからは全て特別キャンペーンページへつながっております。

複数のWi-Fiスポットが無料で使える

@nifty wimaxプレミアムサービス

国内の商業施設やカフェなどによく入っているWi2,Wi2premium,Wi2premium_clubなどのWiFiスポットやauWi-Fiスポットが無料で使えるようになります。

また上記にあるように。

  1. 国内の飲食店・駅・カフェなどのWiFiスポットが使える
  2. WiFiスポットの利用はログインをするだけ
  3. データ通信制限は気にしなくて良くなる
  4. 東海道新幹線の新大阪〜東京間のN700系と待合室のWiFiが利用出来る

このような4つの嬉しいポイントが付いてきます。これは@nifty wimaxならではのサービスで、非常にお得です。

2017年1月末日でこのサービスは終了予定となっています。

まとめ

これらの6つのポイントは@nifty WiMAXを利用した場合に付いてきます。ただただお得というわけではなく、WiFiを更に使いやすくしてくれるお得でもあるので、外でネットをたくさんされる方は是非利用していただきたいものですね。

キャッシュバック金額は20000円と中間

20000円キャッシュバック

WiMAXでのキャッシュバック最高額は33000円でGMOとくとくBBですが、非常にキャッシュバックが受け取りにくく11ヶ月目の手続きにプラスしてメルマガも毎日大量に届きます。どれが受け取り手続きのメールかわからない始末で、見るのも嫌になって忘れる方も多いのが現状です。

しかし@nifty WiMAXは、キャッシュバックの受け取り手続きが8ヶ月後に届くメールから行うだけで、無駄なメルマガも届きませんので、非常に手続きを行いやすいです。

@niftyのキャッシュバックの受け取り方の比較と詳細

GMOとくとくBB 多数のメルマガと一緒に11ヶ月目に届くメールから手続きする。
So-net 13ヶ月目に「@so-net…」というアドレスに届くメールから手続きする。
@niftyWiMAX 8ヶ月目に届くメールから受け取り手続きをする。
Biglobe 端末到着して設定後1週間ぐらいでアンケートの依頼用紙が届く。
そしてWEBアンケートに答えて口座登録をする。
UQ-WiMAX 自動で勝手に送られてくる(3000円)

簡単に比較をするとこんな感じですが、ちょうど受け取りやすさは中間に位置しています。

そして何よりも今は月額3ヶ月無料があるので、キャッシュバックに換算すると32000円ほどの価値となるので、非常にお得です。

これが@niftyの選ばれる一番の理由かもしれません!

@niftyWiMAXの支払い方法は口座振替が可能

銀行通帳

基本的に、WiMAXはGMOとくとくBBやso-netもクレジット払いのみの扱いとなっています。しかし、@niftyは口座振替が可能です。クレジットカードを使わない人にとって、これはかなり嬉しいポイントではないでしょうか。

もちろん、クレジットカード払いにすることも可能です。

@niftyの利用開始をするまでの流れ

f:id:hiro6956:20160531022940j:plain

かなり大切なのが、利用エリアかどうかです。

これはキャンペーンサイト内のちょうどこの画像のSTEP1のところで確認することができます。

そしてエリア確認をしてから、キャンペーンが確実に反映されるようにするためにWEBで申込みをして、機器を受け取ってから設定をする!

この時に口座の登録もしてしまう。

これで利用できるようになります。

そんなに時間が掛らないので簡単にさくっとしてしまいたい方には嬉しいフローです。

@niftyの違約金について

f:id:hiro6956:20160531023609j:plain

基本的に1年未満の解約は19000円、1年以上2年未満の解約なら14000円の違約金が発生します。

しかしこれは、どのプロバイダも同じです。

GMOとくとくBBだけはなぜか24800円の違約金が2年未満の場合1年未満であっても掛ります。

そう考えると解約しないといけない時に解約しやすいプロバイダだと思います。

@niftywimaxのまとめ

 

一言で言えば、様々な特典が付き、キャッシュバックも比較的受け取りやすく、また費用面でのメリットも大きく、サポート面などの評価も高いので、選んで損のないWiMAXです。

もちろん、フレッツ光で@niftyを利用されている方は、絶対に選んだ方が良いことは間違いありません。

ちなみに月額3ヶ月分無料というプロバイダは今のところ、@nifty WiMAXだけなので、初期コストを抑えたい方にとっても非常に選びやすいものとなっています。

サポートを使いたい初心者にとっても、コスト面で得したい人にとっても、ネットを効果的かつ便利に使いたい方に取っても、学生や社会人など関係なしにオススメできるポケットwifiです。

これからWiMAXの契約を考えているなら、これを選んで間違い無いです。本当に速度も速いので今は人気がありますよ。

@nifty WiMAX

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる