f:id:hiro6956:20160328011342j:plain

大阪でのポケットWi-Fiの利用について

大阪と言えば日本の第2の都市であり、ビジネスの拠点としてもなりやすいところ。
そして、転勤や出張の多い方は、大阪に来ることも多いのではないでしょうか。

また大阪は大学も多く学生が多く住んでいるので、固定回線よりもポケットwifiを使いたい方も多いような気がします。

それでは、大阪でポケットwifiを良く使いそうな地域を絞って、見ていきましょう。

大阪でポケットWi-Fiの利用が多そうなエリア

  • 新大阪周辺
  • 梅田周辺
  • 心斎橋~難波周辺
  • 淀屋橋周辺
  • 天王寺周辺
  • 本町周辺
  • 東大阪
  • 堺市

どこでもそうかもしれませんが、人の多くいる場所で使えないポケットWi-Fiは持つ価値がありません。

もちろん、使えるのがほとんどだと思うけど、それでも更に使い勝手が良さそうな、安定して使えるおすすめのポケットWi-Fiをお伝えします。

WiMAX Y-mobile
新大阪
周辺
 f:id:hiro6956:20160328012842p:plain f:id:hiro6956:20160328013019p:plain
梅田
周辺
f:id:hiro6956:20160328013524p:plain  f:id:hiro6956:20160328013627p:plain
心斎橋

難波
周辺
f:id:hiro6956:20160328014822p:plain  f:id:hiro6956:20160328014207p:plain
淀屋橋
周辺
f:id:hiro6956:20160328014831p:plain  f:id:hiro6956:20160328014214p:plain
天王寺
周辺
 f:id:hiro6956:20160328014845p:plain  f:id:hiro6956:20160328014221p:plain
東大阪
周辺
f:id:hiro6956:20160328014854p:plain  f:id:hiro6956:20160328014229p:plain
堺市
周辺
 f:id:hiro6956:20160328014901p:plain  f:id:hiro6956:20160328014240p:plain

※地図をクリックすると少し拡大することができます。
※WiMAXはWiMAX2+のエリアで抽出
※Y-mobileは504HWのエリアで抽出

先ず簡潔に言うと、WiMAX2+は、まだ使えないところがあります。
半面、Y-mobileに関しては、使えないところが無さそうに見えます。

実はWiMAX2+の電波は、まだ整備が済んでいないので、順に拡大していっている最中です。

ただ、そこまで広くならない可能性の方が高いので、今使えなさそうな地域に関しては、正直あまり期待しない方が良いと思います。

au 4G LTEに関しては、Y-mobileよりも利用できるエリアが広いです。

WiMAXとY-mobileの性能から比較

比較とは言っても実際に測ったわけではありませんが、私は個人的にWiMAXとY-mobileの両方を使うことがありますので、スペックと合わせて説明していきます。

 両社のメイン機種比較

WiMAX  W02 WX02  Y-mobile 502HW 305ZT 504HW(NEW)
f:id:hiro6956:20160228155059p:plain f:id:hiro6956:20160212020609p:plain f:id:hiro6956:20160211023535p:plain f:id:hiro6956:20160211023548p:plain  f:id:hiro6956:20160316232004p:plain
サイズ  ヨコ
121mm
タテ
59mm
厚さ11.1mm
ヨコ110mm
タテ66mm
厚さ9.3mm
サイズ ヨコ104mm
タテ60mm
厚さ18.3mm
ヨコ117mm
タテ62mm
厚さ13.9mm
ヨコ106mm
タテ64mm
厚さ17.9mm
重量 約119g 約95g 重量 約150g 約150g 約157g
下り最大速度  220Mbps 220Mbps 下り最大速度 187.5Mbps 187.5Mbps 261Mbps
バッテリー WiMAX 2+接続時
(ハイパフォーマンス)
約7時間

LTE接続時
(ハイパフォーマンス)
約8時間

WiMAX2+
(ハイパフォーマンス)
約7時間

(バランスモード)
約8時間

バッテリー 約10時間 約9時間 約9時間
ネットワーク WiMAX × 対応周波数帯 [4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
[4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz

[3G]
1.7GHz

[4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
WiMAX2+
au 4G LTE ×
室内での強さ 強い 弱い 室内での強さ 強い 強い 強い

どの機種にも特徴があります。

◆WiMAXの場合◆
W02が建物の中で強く、WX02は建物の中で弱い。ただし端末は軽い。
◆Y-mobile◆
どれも割と電波が強く室内でも快適に使える。ただし端末は重め。

こう比較してみると、見えないものが見えるようになってくるので、何を基準に選ぶのかが分かりやすいです。

室内で電波が強いのはこれ

確実に、室内で電波が強いものを選ぶのであれば、WiMAXはW02でY-mobileは504HWです。
ただし、WiMAXのW02に関してはau 4G LTEを使わなければ電波はそこまで強くありません。
そして1005円の追加料金が毎月掛ってきます。

両社とも、基本的な価格帯は同じです。
ということは、1005円上がるWiMAXは月額のコストが上がるという事になります。

しかし、au 4G LTEはスマホと同じ電波なので、auスマホでLTEの入る場所では基本的にどこでも使えます。
この電波だけは、Y-mobileの電波よりもエリアという意味では強いので、金額が少々高くても確実に安心して使える機種を利用するなら、WiMAXのW02にすることをオススメします。

大阪で使うならコレがオススメ

・少し高いぐらいでも気にしないのであれば、WiMAXのW02がオススメです。

・値段を抑えて賢く使いたいのであれば、Y-mobileの504HWがオススメです。

どちらを選ぶにしても、決して悪い機種ではありません。
好みで選ぶと良いでしょう。

ビジネス利用ならコレ

ビジネスで使う方、繋がらない時が有っては仕事になりません。

特にプレゼンなどを良くする営業職の方は、ネットが繋がらないと致命的な場合があります。
そして、プレゼンをする場所は、基本的にビルの中なので、必然的に室内で強い機種を選ぶ必要があります。

また、地下でも利用する可能性が有るのなら、尚更電波の強い機種を選ばなければなりません。

そういった方にオススメは。

WiMAXのW02です。

やはり、au 4G LTEは強力な電波なので、ビジネスをバックアップしてくれると思います。

ちなみに、Y-mobileはキャッシュバックがありませんが、WiMAXはキャッシュバックがあります。

◆キャッシュバック最高額◆

 

GMOとくとくBBの3月のキャッシュバック

→  とくとくBBのキャッシュバックをみてみる

【ドコモのLTEが使えるスマモバもオススメ】

 

スマモバ

→ スマモバの公式サイトをみてみる