急ぎで調べたいことがあるのに繋がらない!

ネットを使いすぎた感覚はないけど、サイトすら開けないほど遅くなってしまった時、本当にイライラしますよね…。

電波は充分入ってるのに、ネットが使えないなんて、今の時代では不自由でしかありません。

それもこれも、通信速度制限のせい!

WiMAXはギガ放題とは言っても室内では弱いと聞くし、Y-mobileは室内で強いけど、ネットし放題のプランは無いし…。

何を選べば安心して使えるの!?って感じですよね。

でもご安心ください。

通信速度制限の無いポケットwifiがありました!

それは、ドコモの回線を利用できる格安simと端末がセットになった、新しいMVNOが出すモバイルWiFiルーターの「スマモバ」です。

スマモバの端末

実は前までのスマモバは、通信速度制限はないので使い放題ではあるけど速度が遅いので、実際は通信し放題ではない!と言われていました。

でも使ってみてわかった。でもそれは全くのデタラメでした。

実際に繋がるし、速度も十分です。

スマモバ(sumamoba)は繋がりやすさが売りのポケットWiFi

スマモバ

スマモバは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供しているモバイルwifiルーターでMVNO市場で今最も注目されているモバイル WiFiルーターの通信サービスを提供するSIMブランドです。

MVNOとは、

「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。その多くが携帯電話会社との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は「格安SIM」という意味合いで利用されています。
引用元:マイナビニュース

本来は格安simというと、simカードの契約だけで端末は別で用意しないといけません。

しかし、スマモバに関しては、simカードの契約だけでなく、Y-mobileやWiMAXと同じように、端末とセットで契約をできます。

そして冒頭で伝えたように一番の特徴が毎月の通信速度制限無しで利用できることです。更に、スマモバの電波はdocomoのLTEなので、繋がりやすさはダントツです。

WiMAXとスマモバの繋がりやすさの違い

左がスマモバ、右がWiMAX2+(W02)です。

これは神戸のマンション内で計測したものですが、住宅地であり都会であるはずが、なぜかWiMAXは電波が入らないですが、スマモバは普通に3本繋がっています

これはスマモバの繋がりやすさを示す画像である事は間違いありませんね。

さて、そんなスマモバはMVNOなので、モバイルWiFi用のプランなどもあわせて4つほどのプランが用意されています。

スマモバの5つのプラン(おすすめはLTE使い放題プラン)

スマモバの5つのプラン

  • ナイトプラン(深夜1時から朝9時)
  • プレミアムプラン(平日の深夜1時から17時)
  • 5GBプラン(5GBまで使い放題)
  • LTE使い放題プラン(完全無制限で使い放題)
  • 25GBプラン(25GBまで使い放題)

ナイトプランとプレミアムプランに関しては、上記時間以外は128kbpsと通信速度が低速モードなので、昼間に利用する人には向いていません。

あとは、5GBプランとLTE使い放題プランですが、値段差は1000円しかありません。

それに25GBプランはLTE使い放題プランと値段差は全くありません。
しかも、他のポケットwifiのようにデータ通信量が足りなくなっても後で追加することはできません。

たったの1000円で容量を気にしなくて良くなるのなら、LTE使い放題プランの方が得です!

ちなみに5GBを使おうと思うと、こんな感じでした。

5GB利用のイメージ
参照元:bmobileサイト

  • パソコンの場合、標準画質でyoutube5分7秒の動画閲覧120回
  • スマホの場合、標準画質でyoutube5分7秒の動画閲覧475回

これだけ見ると、ものスゴくたくさんデータ容量を使えそうだから大丈夫だね。と思いがちですが、そんなに甘くありません。

データ容量(パケット)に関する知らなきゃ後悔する7ポイント⁉︎

通信量が多いポイント

データ通信容量というのは何も上の写真に掲載しているものだけではありません!
モバイルWiFiルーターでスマホとPCを利用しようとする場合、パケットを使うものはこれだけあります。

  • ネット閲覧(PC・スマホ)
  • OSのアップデート(PC・スマホ)
  • アプリのアップデート(スマホ)
  • フェイスブックやインスタグラムなどのSNS(PC・スマホ)
  • アプリの通信(写真の多いものは要注意)(スマホ)
  • LINEでの写真のやり取り(スマホ)
  • youtubeの広告(PC・スマホ)

ここで大きなパケットを消費するのは、実はアップデートです。アップデートだけで何GBも消費する事もあるぐらいです。
その次がSNSです。

そして、誰もがこのような事を想定することなく、データ通信量が足りなくなっています。

その理由はスマホにあるのですが、スマホのパケ放題で5GBにしている人は多いと思います。ただ、これは、スマホでしか利用しない事が前提になっているからなのです。

PCで使う場合はスマホとダブルで消費することになるので当然利用データ通信量は多くなってしまいます

さて、ではここで話を戻します。

スマモバはLTE使い放題プランが最大の魅力

正直、5GBで事足りる方はスマモバにする必要はありません
なぜなら、ワイモバイルやWiMAXにする方が得が大きいからです。
 ただし、実際に繋がる無制限のモバイルwifiルーターとなると、冒頭でも伝えたようにほぼありません。もちろん、ワイモバイルもWiMAXもほとんど無理に近いです。
理由は、ワイモバイルに関しては、そもそも7GB制限があるということ。
WiMAXに関しては、地方などで電波が悪くても大丈夫なのであれば、そこまで気にしなくても良いですが、山間部や海側でネットを使おうと思うと、なかなかギガ放題のプランで使えるWiMAX2+だけでは、繋がりにくいことが多いのが現状です。
ただ、スマモバだけはスマホがつながる場所であれば大抵は繋がります
繋がりやすい理由は、
電波のエリアが一番広いdocomoのLTEだからです。

ドコモLTEの周波数による繋がりやすさの説明

そのため、WiMAXのように室内で電波をつかむ為に窓際に置く。なんてことは必要ありません。
だからこそ、速度制限という意味でも、繋がりやすさという意味でも、スマモバはストレスフリーな高品質ポケットwifiなのです。
だからこそ、スマモバはビジネスで利用する方にも非常に向いている格安モバイルwifiと言えます。

スマモバはmonoマガジンにも掲載された

更に実際によく売れているので、有名な雑誌にも掲載されています。

monoマガジンにスマモバが掲載
monoマガジンと言えば発行部数が月間で15万部の有名雑誌です。
本屋さんに行けば、大抵置いていますよね。本当に質がいいからこそ選ばれている証拠ではないでしょうか。

スマモバのデメリットは通信速度の遅さだった(改善済み)

※サービスが始まった直後ぐらいに速度制限が掛る現象が有ったようですが、その当時はsimの認識エラーが原因だったようで、今はもう解消されているのでご安心ください。

さて、ドコモのスマホをご利用されているならドコモの電波の速度と繋がりやすさをご存知だと思います。スマホで利用するときは非常に速いし繋がるしで快適ですよね!

圏外なんて言葉を忘れるぐらいかもしれません。

さてスマモバに関して結論を先に言うのであれば、パケ詰まりのような感じで速度が遅い

今まで遅かったのは、使える回線の本数が少なかったためにキャパオーバーになっていたようですが、今回ハイパーSIMを導入して、利用できる回線のパイプを増やしたようです。おかげで速度は改善されています。今では一般的な格安SIM程度の速度がでるようになっています。

しかし、通信速度に関して、どこから遅いのかご存知ですか?

良く動画を見る人でも3Mbps出ていればyoutubeもサクサクで快適

実は、youtubeのキレイな画質のモードでも3Mbps出ていれば、カクカクすることなく快適に視聴できます。だからこそ、スマホで見ても遅さを感じませんし、よほど遅いネットを利用しない限りは止まりません。

通信制限にかかった時やよほど電波の悪い場所じゃないと遅く感じない

私が個人的に思う事ですが、ポケットwifiを利用するにあたって、めちゃくちゃ大容量の超高画質動画を見ない限り、そんなに遅さを感じることが無いように思います。

また、実際に電波のエリアが日本で一番広いドコモは、通信の安定性に定評がありますし、それなりに速度が出ます。

そして、そのドコモの電波を利用しているスマモバは、日本最高クラスの電波を利用していることもあって、繋がりやすさは日本は最高クラスです。

また、安定性という意味でも、ドコモの電波に勝るものはないでしょう。

実際にスマモバの速度とWiMAXの速度を測ってみた(比較)

実際に利用する機会があったので、データ通信をたくさんしてから測ってみたところ、驚くべき結果がわかりました。

まずはWiMAXの速度です。

WiMAX2+の速度

下り速度47Mbpsという恐るべき速度が出ています。基本的にこれだけの速度は必要ないぐらいです。一般的にめちゃくちゃ速く感じる速度は15Mbpsぐらいからなので、正直まったくもって必要ないぐらい速いです。

さて、問題はスマモバの速度です。

実はこの時、スマモバで29GB以上のデータ通信量を利用した後でした。

スマモバの実際の速度

なんと速度は8.53Mbpsという結果になりました。

このぐらいの速度が出て、更に繋がるエリアが広いとなると、めちゃくちゃいいじゃないですか?

しかし、サイトにはデータ通信を使いすぎると、低速化すると書いてありました。

ただ、29GBも利用して低速化していないことを考えると、制限は本当になさそうですよね!!

だからこそ、使い放題なのでしょう!

WiMAXよりも実際には速度は遅いですが、この速度で満足できない方はそもそも固定回線を利用するしか満足できる方はいないでしょう。

だからスマモバの一番のメリットは繋がりやすさと程よい速度だと言ってよいでしょう。

 

スマモバのLTE使い放題プランの詳細

スマモバ

【スマモバデータ専用FS020Wセット】

スマモバデータ専用FS020Wセット
(LTE使い放題プラン)
 キャンペーン キャンペーン
適用前
端末同時契約
キャンペーン
LTE使い放題 3,480円 3,480円
FS020W代金 1500円×36ヵ月
(54,000円)
1500円×36ヵ月
(54,000円)
購入サポート割引 無し -1,000円
(36ヵ月)
月額合計 4,980円 3,980円
毎月1,000円もお得に!
3年間で36,000円以上のサポートが得られる!
端末とセット購入の場合はどちらの機種も、合計で3万6千円以上サポートしてくれるので、かなりお得になっています。
ちなみに、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。
また、モバイルwifiを少し調べている人でも聞いたことがないかもしれませんが、このスマモバのプランで選べる機種は、FS020Wといって富士ソフト株式会社が製造している機種です。

専用機種FS020Wの実力

非常にシンプルな機種ですが、見た目とちがって高性能です。

FS020W

製品名 +F FS020W
製造元 富士ソフト株式会社
対応
ネットワーク
LTEクアッドバンド(Xi対応)
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz)
外形寸法 約W70.5mmxH16.6mmxD16.6mm
質量 約 117g
バッテリー
使用時間
2,970mAh
LTE時で約10時間
Wi-Fi
i規格
IEEE802.11a/b/g/n/
2.4GHz/5GHz対応
本体色 ブラック

このように端末のスペックを見る限り、かなり高品質なのがわかります。

対応ネットワークもLTEクアッドバンド(2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz)と、通信速度150Mbpsのものもあれば、室内に強い800MHzの電波も利用できるので、快適に使えることは間違いないでしょう。

これだけの性能を持った機種と同時契約できて分割購入できるMVNOは見たことがありませんので、人気が有るのはうなずけます。

また無駄を一切取り除いたシンプルなデザインとつくりなので、機械に弱い方でも設定もワンタッチで出来るので簡単です。

スマモバと他のMVNOの格安SIMの違いは使い放題の安さ

simカード

またスマモバは格安SIMを提供しているMVNOだという事を説明しましたが、果たしてどのくらい他の格安SIMとの違いがあるのでしょうか?

他のドコモ回線を使用していて実測5Mほど出るDMMモバイルという格安SIMと比較してみましょう。

ちなみにDMMモバイルは、LTE使い放題プランはありませんが、15GBや20GBといった大型のパケットプランがあり、端末と同時契約ができます。

なので、パケット量の多いプランで比べてみましょう。

  スマモバ
(使い放題)
DMM
モバイル

(15GB)
DMM
モバイル

(20GB)
月額 3,480円 3,600円 4,980円
端末
代金
500円 1,223円 1223円
契約
期間
24カ月
(端末のみ
36カ月)
24カ月 24カ月
実質
月額
3,980円 4,823円 6,203円
2年間の
費用
95,520円 115,752円 148,872
2年解約の
違約金
端末の残債
18,000円
無し 無し
最終的な
2年間の費用
113,520円 115,752円 148,872円
3年間での
費用
143,280円 173,628円 223,308円

どこを取ってみても、スマモバの方が安いです。

比べる意味が無い程に差があるのがわかります。

もし、毎月20GBのデータ量を利用される場合は、3980円が6203円との違いなので、毎月2,223円も差がでます。

仮にスマモバで違約金を払って2年間で解約したとしても、35,352円もスマモバの方が安いです。

スマモバの申し込み方法が簡単になった!

現時点では、スマモバの契約方法が少し特殊で迷いと思うので載せておきます。

申し込み方法が改善されものすごく分かりやすくなりました。

以前はスマモバの申し込みフォームから申し込みをしようとすると。

EPARKとEXPOという会員登録を同時にしないといけませんでした。申込みをしたいのはスマモバで、会員になるなんて言ってないし…。そう思って申し込みをした方も多いはずでした。

しかし、2016年9月に入ってから、申し込み方法が簡単になり、ものすごく分かりやすくなりました。

申し込みの簡単な手順

  1. 4つの項目のチェックをつけて、次へ進む
  2. データ通信(SMSなし)を選択する
  3. LTE使い放題をクリック
  4. チャージなしをクリック
  5. SIM+端末をクリック
  6. 決定をクリック
  7. 通常SIMをクリック
  8. 支払い回数をクリック
  9. 一括だと54,000円かかっちゃうので、分割の36回を選択しましょう。
  10. お申し込み内容・利用規約の確認画面が出てきます。ここでは、下にある2つのチェック項目にチェックを入れて、次へ進むをクリックしましょう。
  11. ご契約者情報の入力で必須事項を入れていき、次へ進むをクリックしてください。
  12. あとは基本的に流れの通りに進めるだけ!

 

スマモバの申し込み画面

端末を選んで進めていくと、このような画面が出てきます。
4つのチェック項目にチェックをつけると、次へ進むに色がつくので、そこから進めてください。

次に、このような画面が出てきます。 スマモバの申し込み画面2

ここでは「データ通信」をクリックして選んでください。

次にプランを選ぶのですが、基本的にはLTE使い放題が出ていると思うので、そこをクリックしてください。

スマモバの申し込み画面3

画面のように「LTE使い放題」をクリックしていただければ、次へ進むことができます。

スマモバの申し込み画面4

微妙に画面が変わって、チャージなしという項目が出てきます。ここでは「チャージなし」をクリックして下さい。

スマモバの申し込み画面6

次に「SIM単体」「SIM+端末」の二つの項目が出てきます。そこで「SIM+端末」を選択してください。
仮に片方しか出ていない時は「SIM+端末」だけなの、そこをクリックしていただければ大丈夫です。

この後、選択端末が出てきますが、基本的に1機種しか選べないので、すぐに決定をクリックしていただければ大丈夫です。

スマモバの申し込み画面7

このような画面が出てくるので。「標準SIM」をクリックしてください。

そして、「支払い回数を選択」という項目が出てくるので、そこをクリックして下さい。

スマモバの申し込み画面8

ここでは、2つの利用規約と重要事項説明書の2つのチェック項目にチェックをつけてください。

スマモバの申し込み画面9

あとはご契約者情報の入力で必須事項を入れてください。

あとは流れに沿って契約を進めていくだけです。

 

通信速度制限の無いモバイルwifiルーターはスマモバだけ

色々と説明しましたが、これだけの高品質な機種に、3日間の速度制限も無ければ月の速度制限が無いモバイルwifiは、スマモバだけです。

しかし!!

最後に一つだけ、公開されていない通信制限があります。

それは、あまりにもヘビー過ぎるユーザーには、スマモバから通信制限みたいな低速化をされることがあります。イメージですが、1日5GB程利用すれば掛るようです。

しかし、これだけ使おうと思うと、常に動画を見続けたりする方なので、極々少数派であることは、間違いありません。

そもそも動画ばかり見るという方は、固定回線か、電波の良い場所ならWiMAXのギガ放題が良いかもしれません。しかし電波がつながることが絶対条件です。そもそもこれを読まれている方は、

スマモバはビジネス利用や大学生にもオススメ

  • ビジネスで使う方
  • 速度より安定した電波を使いたい方
  • ネットのヘビーユーザー(余程の方は向いていません)
  • ポケットwifiを初めて使う方
  • 新生活で使う方
  • 大学や家で使う方

色んな方にお得に快適にお使いいただけることでしょう。

ただし、速度が速いから快適なのとは少し違い、繋がるエリアが確実に広く(日本一)それでいて快適なレベルの速度で利用出来る。というところで快適という意味だと思って頂ければ幸いです。

そして、地方へ行けば行くほど通信速度が速くなる傾向にあり、都会であれば都会であるほど遅い傾向にあります。(私が速度を測ったのは大阪市内の中心ですので本当は遅いはずの場所でした。)

またよく勘違いされる方もおられますがdocomoにポケットWiFiがありますが、値段が6,000円程となってしまうため一番高額です。

ただスマモバはdocomoのLTEを利用できるポケットWiFiとしては、一番安いといっても良いと思います。

何より電波の安定性は他の追従を許さないほど優れています。

しかし、速度ができる限り速いものが良い方は、おそらくWiMAXにしないと満足できないと思いますので気をつけてくださいね。

やっぱりWiMAXにしよう。と思う方は、GMOとくとくBBが一番キャッシュバックが大きいのでオススメです。

ただ、エリア調査をしても使えるかどうかわからないのがWiMAXです。

スマモバは大抵の場所で使えるので、よほど電波の悪い場所でもない限りは、ほとんどエリア調査はいらないでしょう。

私も使ってびっくりだったので、快適なネットライフが手に入ると思いますよ。

スマモバ