男性(左)

このポケットWiFiなら安くていい!


男性(左)

通信制限の不安がなくなった!


男性(左)

アプリやOSの更新が楽!

費用を掛けない為にテザリングでするべきか、通信制限の回避だったり、ネットの使い勝手のためにポケットwifiを契約するべきか。悩む方は非常に多いです。

もちろん、どうしても費用を掛けたくない!という方は、絶対に後悔をすると思うので、ポケットwifiは契約しないことをお勧めします。おそらくそういう方は、テザリングで事足りると思います。

しかし!

パソコンに繋いだり、固定回線を引いてるけど通信費全体を下げたいと思っていたり、動画をちょこちょこ見られたりする方は、この先を読まれることをお勧めします。

テザリングって何?

テザリングのイメージ
テザリングというのは、スマホを無線ルーターに見立てて、スマホから電波を飛ばしてパソコンやタブレットなどのwifi対応端末でネットを使うことです。

もちろん、使う電波は携帯キャリアの提供しているLTE電波なので、正直そこまで速くはありませんが、動画などを閲覧しない使い方をする方にとっては充分な速度だと思います。

ちなみにアクセスポイント機能は付いていないので、キャリアのソフトバンクwifiスポットなどを利用してテザリングはできません。

また、テザリング中もキャリアのデータ使用量のカウントをされるので、通信制限には注意が必要です。

テザリングとポケットwifi結局どっちがいいの?

結論から先に言います。
それは、ポケットwifiです。

テザリング ポケットwifi
通信速度
携帯性
バッテリー ×
金額
繋がりやすさ
使い勝手

分かりやすく表にするとこの通り。

回線の通信速度

高速飛行

これに関しては、圧倒的にポケットwifiが有利!

理由は、パケ詰まりがしにくい事です。また、ブロードバンド用の高速なネットが利用可能です!回線の最大通信速度は370Mbpsで、光回線と同等の速度でネットが楽しめます。

携帯性(持ち運びやすさ)

パソコン操作

携帯性だけでいうと、テザリングが優位です。理由は、スマホしか持ち歩く必要がないからですね。

ポケットwifiを利用するとなると別で持たないといけないので、手ぶらで出掛けたい方はポケットに収まらないかもしれませんね。
とはいっても、スマホよりもひと回り小さいサイズなので、カバンの中に入っていれば正直そこまで気にする事でもない気がします。

何より私はカバンの中でよく行方不明になるぐらいです(笑

バッテリーの持ち

バッテリー

実はテザリングを利用している時は、電波を受ける時に使っているパワーと電波をパソコンなどの端末に送り出すパワーが同時に働いているので、スマホのバッテリーの減りがかなり早くなります。

その為、予備バッテリーや充電器を常に持ち運ぶ必要があります。また充電をしながらのテザリングの利用はバッテリーの寿命も極端に短くするので、スマホを2年使う人にとっては正直つらいです。

もし、予備バッテリーを持ち歩かないといけない場合、携帯機器が1つ増えるのと変わらないのでポケットwifiを持っても同じかもしれません。

月額料金

月額

テザリングの落とし穴は、パソコンでネットをする時にパソコンの適したサイズや容量になるので、スマホでネット利用する時よりも多めにパケットを消費してしまいます。
その為、今契約しているパケ放題のプランを1ランク〜2ランク上げないと、かなり辛くなってしまいます。

パケ放題の5GBプランが5000円なので、ワンランク上げて7GBにした場合は6700円になってしまい、1700円も値段が上がってしまいます。もし10GBにするとなると…確実にポケットWiFiにした方が安い月額料金となります。

実は、ポケットwifiを利用する場合は逆にスマホでもwifiを利用することができるので、パケ放題をワンランク下げた2GBのプランにすることができるでしょう。この場合は1500円も下げることができます。

更に、auスマホをお使いの方はポケットwifiを使うことで、スマホのデータ通信プランから毎月934円程割引することができるようになります。

スマホを7GBにした場合とauユーザーがポケットWiFiを持った場合のスマホの月額料金の違いはこんなものです。

スマホ ポケットWiFi
スマホの
パケットプラン
7GB
6,700円
5GB
5,000円
スマホの割引 0円 -934円
合計金額 6,700円 4,064円
差額 2,646円

実はテザリングを見越してデータ通信プランを引き上げるぐらいであれば、実はポケットWiFiが持てちゃいます。もちろん月額料金が高いものもあるので必ず持てるとは言えませんが…。

しかし、ポケットWiFiの選び方を間違えなければ、テザリング利用時と同じもしくは少しは安くなるでしょう

テザリングの注意点は通信制限

一番の注意点は、パケット使用量増加により速度制限に掛りやすい事だと思います。
携帯キャリア各社が提供しているスマートフォンのパケ放題には、毎月の5GBや7GB以外に、3日に1GBを越えると「通信速度を極端に遅くします」という制限があります。

制限時の速度は128Kbps。どの程度の速度になるのかというと、ホームページが開かないぐらいの速度です。動画であれば常に止まりっぱなしだと思ってください。

さて、なぜ、通信制限にかかりやすいのかというと、パソコン等に繋ぐとスマホで利用するよりもかなり多めの使用量になりがちです。

スマホでもパケットを利用し、パソコンなどでもパケットを利用するとなるとWで消費することになるので、youtubeなどを見る方は3日で1GBは簡単に越えてしまうかもしれませんね。

まとめ

テザリングは、自分のパケット利用量とバッテリーを激しく気にしながら使う必要が出てきます。

その為、とりあえず安いからと思ってテザリングだけで利用すると、予想外に使いづらかったり、プランを上げたことによって逆に高くなる可能性もあります。

もちろん、使う人によってどっちがいいのか変わってくるとは思いますが、個人的に外でネットを使う方は室内でも使う傾向にあると思います。

後で後悔しないようにポケットwifiにすることをオススメします。

 

最安値のポケットWiFiはWiMAX

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

最も月額料金の安いポケットWiFiはWiMAXで、プロバイダでGMOとくとくBBを選んだ時です。

実際に多少ネットを使う方がテザリングを選んだ時と同じぐらいの月額料金となり、コストメリットだけでなくコストパフォーマンスが大幅に上がるので、ネットライフが楽しくなること間違いなしです。

huluでウォーキングデッドなどの海外ドラマを見たり、通信速度も最大370Mbpsなので、光回線なみの速度が得られます。

また、就活をされる方にとって、先輩を見ている方は当然お分かりかと思いますが、目的の企業説明会などのエントリー争奪戦で勝利するには回線速度は絶対に必要です。

テザリングだけで使うのとそこまで料金が変わらないので、お金をかける価値はあると思いますよ!

※月額割引などのキャンペーンにより、ここまで安くなっていますが期間に限りがあるのでお早めに。

キャンペーンサイトをみてみる

詳細の説明をみてみる

 

最後に。

ポケットWiFiの契約は絶対にWEB申し込みがお得です。

その理由はこちらをご覧ください。

→ 家電量販店かWEBのどっちでポケットWiFiを契約するべきか!?