東京でモバイルルーターを使う場合、使いやすいのはどこか!?

東京タワー

個人的に気になるので比較と調査しました。
これからモバイルルーターを検討される方、今検討している方にとっては嬉しい情報です!

ポケットWiFiって繋がりにくいイメージ?

今かなり普及率が上がってきているモバイルルーターですが、前まではこんな現象が良くありました。

  • 建物の中で繋がらない。
  • 地下で繋がらない。
  • エリア内なのに繋がらない。
  • めちゃくちゃ遅い。

過去にWiMAXを使っていた方は、こんなこと良くありませんでしたか?

実はこれ、キャリアの所有している通信利用のための電波の周波数帯が影響しています。

どういうこと?という方のため2行で説明すると。

  • WiMAXは速度は速いけど室内で届きにくい電波
  • Y-mobileは室内では繋がりやすいけど、速度はそこそこな電波

単純に理由はこれだけなんです。

特にWiMAXを使っていた方は、室内で使う場合、窓際に端末を置いて使っていたというほど、室内に弱かったのです。

窓際

ちょうど、こんな位置ですね。

そして、今は…。

相変わらずWiMAXの電波は室内に弱いです。

ただし、au LTEを利用できるようになったので、室内の電波がかなり改善されました!
というか、ほとんど繋がるようになりました。

実際に地下でも室内でも、わりとどこでもサクサク繋がります。

じゃあY-mobileはどうなの?

というと、過去は電波のエリアの問題で繋がらないところもやはりありましたが、今では色んな周波数帯の電波を利用できることもあり、かなりエリアが広がっています。

よって、個人的にはY-mobileが圧倒的に繋がりやすいと感じています。

東京の電波対応エリア

WiMAXの電波エリア

wimax-tokyo

先ずこれがWiMAXという中速の電波のエリアです。ハッキリ言ってほとんどで使えます。

特徴は室内でもまだ繋がりやすい程度ですね。

wimax2+-tokyo

これはWiMAX2+という高速の電波です。
すこーし微妙ですが、ところどころで使えない場所があります。
※拡大しないと分からないかもしれません。新宿を拡大すると分かりやすいかも。
めちゃ強いとは言い難いですが、それでもほとんどの場所で使えるのは確かです。
ただし、室内に弱い電波です。

au lte tokyo

続いては au LTE の電波状況です。
さすが携帯キャリアですね!ほぼ繋がります。
しかも、室内でも繋がりやすい電波です。

Y-mobileの電波エリア

ymobile tokyo

※これは305ZTという端末の対応エリア情報です。

ハッキリいって、ほとんどの場所で使えちゃいます。
しかも、昔から室内でも繋がりやすい電波で、最近は速度も上がってることから、ストレスなく利用できるでしょう。

Y-mobileもWiMAXも機種によって使える電波が違う

4つの電波のエリアを見て頂きましたが、利用する端末によって、使える電波が異なります。
機種選びも非常に重要です。
ここから機種の選び方をご説明します。

両社メインとなる機種を紹介

WiMAX  W02
(NEW)
WX02 Ymobile 502HW 305ZT 504HW
(NEW)
W02グリーン WX02ホワイト 502HW 305ZT 504HW
サイズ  ヨコ
121mm

タテ
59mm

厚さ
11.1mm
ヨコ
110mm

タテ
66mm

厚さ
9.3mm
サイズ ヨコ
104mm

タテ
60mm

厚さ
18.3mm
ヨコ
117mm

タテ
62mm

厚さ
13.9mm
ヨコ
106mm

タテ
64mm

厚さ
17.9mm
重量 約119g  約95g 重量 約150g 約150g 約157g
下り
最大
速度
 220
Mbps
220
Mbps
下り
最大
速度
187.5
Mbps
187.5
Mbps
261
Mbps




WiMAX 2+
接続時

(ハイパフォーマンス)
約7時間LTE接続時
(ハイパフォーマンス)
約8時間
WiMAX2+
(ハイパフォーマンス)
約7時間(バランスモード)
約8時間
バッテリー 約10時間 約9時間 約9時間





W
i
M
A
X
× 対応
周波数帯
[4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
[4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz[3G]
1.7GHz
[4G]
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
W
i
M
A
X
2+
au
LTE
×
室内
での強さ
強い 弱い 室内
での
強さ
強い 強い 強い

どの機種にも特徴があります。

先ず、WiMAXの場合はW02でないと建物の中で強いとはいえないです。
Y-mobileに関しては、どの機種もそこそこ電波が入ります。

ただ、何を基準に選ぶのかが大切になってきます。

確実に電波が強いものを選ぶのであれば、WiMAXはW02でY-mobileは504HWをオススメします。
ただし、WiMAXのW02に関してはau LTEを使うと1000円の追加料金が掛ってしまいます。

両社とも、基本的な価格帯は同じなので、そう考えるとW02は値段が高いと思っていいでしょう。

東京でポケットWiFiを使うならどれがオススメか

少し高いぐらいでも気にしないのであれば、WiMAXのW02がオススメです。

値段を抑えて賢く使いたいのであれば、Y-mobileの504HWがオススメです。

どちらを選ぶにしても、決して悪い機種ではありません。
好みで選ぶと良いでしょう。

ちなみに、キャッシュバックが大きいのはWiMAXの方です。

WiMAXについて詳しく知りたい方は↓

⇒ WiMAXのポケットwifiを徹底比較(2016年)

Y-mobileについて詳しく知りたい方は↓

⇒ Y-mobileを徹底比較(2016年) | Y-mobileの悩みが解決!

 

東京で多くの方が選んでいるポケットWiFi

GMOとくとくBBの3月のキャッシュバック
  • 東京では電波が良い
  • 7GBなんてすぐに超えるから、無制限は便利
  • キャッシュバック最高額
  • 2年間の実質負担額最安値

これが皆さんから選ばれている理由です。

→  とくとくBBのキャッシュバックをみてみる