f:id:hiro6956:20160616202900j:plain

7月1日に発売された新機種のSpeed Wi-Fi NEXT W03は、最高下り通信速度370Mbpsで最速のWiMAXルータ!

それでは、Speed Wi-Fi NEXT W03のスペックをご紹介します。

※下り最大通信速度370Mbpsは東京駅渋谷駅周辺から順次拡大予定です。大阪梅田駅周辺も早めに拡大予定となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W03のスペック詳細

サイズ 約W120×H62×D11.4mm
重量 約127g
バッテリ 3000mAh
連続使用 約8時間
対応
電波
WiMAX2+
au4GLTE
同時
接続
10台
最大
通信
速度
WiMAX 2+
&
4G LTE(2GHz)
CA対応
下り最大通信速度
370Mbps
上り最大通信速度
25Mbps
(渋谷駅周辺から順次提供)
WiMAX 2+
CA対応
下り最大通信速度
220Mbps
上り最大通信速度
10Mbps
WiMAX 2+ 下り最大通信速度
110 Mbps
上り最大通信速度
10 Mbps
4G LTE
CA対応
下り最大通信速度
225Mbps
上り最大通信速度
25Mbps
4G LTE 下り最大通信速度
150Mbps
上り最大通信速度
25Mbps
カラー ホワイト/オレンジ
特徴 下り最大通信速度が最速
CA対応=キャリアアグリゲーション対応

W03のおすすめポイント4つ

  1. 最高速の下り通信速度370Mbps(キャリアアグリゲーション)
  2. エリア急拡大中のWiMAX2+で通信できる
  3. NFC搭載端末(アンンドロイドスマホ)はwifi設定がタッチで完了
  4. バッテリーが少なくなると自動的に省エネモードに入る

W03はキャリアアグリゲーションで150Mbpsも通信速度アップ!?

f:id:hiro6956:20160616211909j:plain

WiMAXのいうキャリアアグリゲーションとは、ハイスピードプラスエリアモードの時に、au 4G LTEとWiMAX2+の電波を束ねて通信できる高速通信技術です。

WiMAX2+の最大下り通信速度150Mbpsの電波1つ、au 4G LTEの最大下り通信速度110Mbpsの電波2つで、合計3つの電波をまとめて、すべての速度を合算して最大下り通信速度370Mbpsを実現しています。

W03で使えるハイスピードプラスエリアモードって?

これは簡単に言うと、WiMAXルーターの通常の電波であるWiMAX2+というは2.5GHz帯の高速通信電波で、室内に弱いという弱点を補えるようになったモードのことです。

そもそもWiMAX2+の速いけど室内に弱い理由は、電波の周波数帯にあり、これは高周波の電波の特性である、遮蔽物を回り込むことがで苦手というものと、そもそも電波の飛距離が短いです事があります。

その為、WiMAX2+はビルの中や地下などの比較的電波が遮断されやすい場所で使えないと言う事がありました。

しかし、ここで、WiMAXでau 4G LTEを利用できるようになったことにより、WiMAX2+では電波の弱かった地方や室内や地下などでも繋がるようになりました。

au 4G LTEは人口カバー率99%でスマホで使われている電波で、WiMAXのハイスピードエリアプラスモードというのは、「WiMAX2+とau 4G LTEを同時に使えるモード」のことです。

W03で使えるWiMAX2+の電波って繋がらないの?(エリア急速拡大中)

しっかり繋がるし速いです。

例えば、各エリアの繋がりやすさを見てみましょう。これは、W03で実際に出る通信速度です。

都内の電波の通信速度マップ

都内のWiMAX2+の電波の実測マップ

都内はある程度の場所で光回線なみの速度がでています。
人口密度が高いだけあって、それなりの量の基地局を設置してくれているからでしょう!

大阪・京都・神戸の電波の通信速度マップ

大阪・京都・神戸のWiMAX2+の電波の実測マップ

私も関西で使っていますが、今のところよほど室内の奥か、地下でしか使えないということはありませんでした。

ほとんどの場所で高速ネットが使えています。

名古屋の電波の通信速度マップ

名古屋のWiMAX2+の電波の実測マップ

名古屋も関西と同じような速度感ですね!

福岡の電波の通信速度マップ

福岡のWiMAX2+の電波の実測マップ

福岡も、さすがに人口の多い中州や博多は少々遅めですが、ハッキリいって40Mbpsもでていれば十分速いです。

このように、いたるところで通信が高速のwifiが使えます。
また中心部以外でも、急速にエリア拡大しているので、今まで使えなかったところでも使えたり、ものすごくスピードが速い!

W03はワンタッチでwifi設定が完了

NFC対応端末はタッチで設定完了

まるでSUICAやICOKAやPITAPAの様にピッ!っとW03にかざすだけで、IDやパスワードの入力いらずでwifiの設定が完了します。

機械の設定が苦手な方にも安心な機能ですね。

W03はバッテリーが少なくなると自動的に省エネモードの設定になる

W03は自動で省エネモードになる

W03のバッテリーが少なくなってくると、自動的にキャリアアグリゲーションをOFFにしてバッテリー消費を抑えてくれる設定になります。

まさに、自動エコモードです。

更に、電源などを落とすことなくバッテリー消費を抑えてくれるので、使っていても気づかないほど。本当に便利です。

ここで言えるのは、キャリアアグリゲーションはアンテナをフル活用するので、気づけばバッテリーが減っています。ただエコモードの設定に自動的になってくれるので安心ということです。

W03はwifi規格の11ac(5GHz)の電波に対応

電子レンジなどと電波干渉しやすい2.4GHzの電波だと、電波が切れることがあるようです。しかし、11ac規格の5GHzの電波は、電波干渉しづらいため切れにくいです。

理由は、他の電子機器が発する周波数帯と離れているからです。そのため、パソコンやスマホで動画などを楽しんでいる時に突然切れるという事が減ります。

更にこの5GHzの周波数は、ものすごくネットの通信速度が速いので、W03なら格段に性能を活かせます

W03と旧機種W02を比較!W03の方がバッテリーが強い

W03とW02を比較

WiMAXルータW02の後継機種として発売されたW03は、W02と比べてどう違うのか?
そしてどの位良くなっているのか?スペックを比較してみました。

W03とW02のスペック比較

機種イメージ  f:id:hiro6956:20160616225632j:plain f:id:hiro6956:20160616225641j:plain
機種名 W03 W02
速度 最大下り通信速度
370Mbps
最大下り通信速度
220Mbps
 △
バッテリー容量 3,000mAh 2,300mAh
△ 
利用可能電波 WiMAX2+
au4GLTE(2GHz/800MHz)
WiMAX2+
au4GLTE(800MHz)
サイズ 約W120×H62×D11.4mm 約W121xH59xD11.1mm
  ○ 
重量 約127g 約119g
 ○ ○ 

バッテリーと速度と電波において、W03の方が優れています。
ただし、実はW03とW02には決定的な差があります

W03とW02の他の差は電波の周波数

W03とW02のau 4G LTEの周波数はこのように違います。

  • W02 → 800MHz
  • W03 → 2GHz・800MHz

この周波数帯の違いが表しているのは、単純に地方での繋がりやすさと通信速度を表しています。

「高周波は速いけど室内や地方での繋がりにくい」「低周波は遅いけど室内や地方で繋がりやすい」という特性があります。

W03は低周波と高周波の電波の両方を使えるので単純に繋がるし速いという事です。

au 4G LTE利用月は1,005円加算で7GB以上利用した場合に速度制限の対象となる

残念な事に、au 4G LTEを使った月に関しては、7GB制限が掛かります
また、au 4G LTEを使うと、月額が1,005円も上がります。

WiMAXを選ぶ方はギガ放題の利用が多いと思いますが、そもそもギガ放題を使う場合、7GBで速度制限の掛かってしまうためau 4G LTEは必要ありません。

なので、au 4G LTEを考えずにW03とW02を比較するのが良ということです!

結論は、W03とW02の違いはバッテリーが強くなっただけと言う事になります。

W03とW02の実際の通信速度を検証!

W03とW02

ここからは、新大阪周辺での調査結果です。時間帯もネットの利用が増える時間帯ということで、18時ぐらいに計測を行いました。

<W03の実際の速度>

W03の速度

下り速度 22.30Mbps
上り速度 1.98Mbps

<W02の実際の速度>

W02の速度

下り速度 29.48Mbps
上り速度 2.14Mbps

主にサイトを見たり動画を見たりする時の速度は下り速度です。

W03の下り速度 22.30Mbps
W02の下り速度 29.48Mbps

どちらも20Mbpsを超えており、速度にそこまでの差はありません。

高画質な動画がサクサク再生できるぐらいの速度ですね!

ただ、バッテリーの持ち時間を考慮するとすれば、

W03のおすすめプロバイダ

W03を選ぶなら!と言っても、どのプロバイダでも扱えるので、単純に得のできるプロバイダを紹介することになります。

2016年10月時点の月額やキャンペーンなどのデータで比較してみましょう。

プロバイダキャッシュバック
(特典)
実質月額2年総額(実質)
GMO
とくとくBB
キャッシュバック
33,000円
(最大)
2,959円71,004円
GMO
とくとくBB
月額割引
なし3,359円80,628円
Broad
WiMAX
18,857円割引
(初期費用)
3,609円86,614円
@nifty
WiMAX
20,000円
&
3ヶ月無料
3,098円74,250円
so-netモバイルWiMAX
キャッシュバック
20,000円
or
月額大幅割引
3,231円77,550円
so-net
モバイル
WiMAX
(月額割引)
なし3,421円82,120円
Biglobe
WiMAX
20,000円
or
21,600円&初期費用無料
3,609円86,614円
UQ-WIMAX商品券
3,000円
4,170円100,068円
家電量販店系
WIMAX
(BIC,YAMADA)
現金バックなし
(あっても1万円)
割引なし
4,295円103,068円

これを見て頂ければお分かりいただける通り、圧倒的にGMOとくとくBBのキャッシュバックと2年間の実質料金が安いことが分かります!

その為、W03を使うならキャッシュバックと総負担額の兼ね合いでGMOとくとくBBがおすすめです!

また、キャッシュバックは必要ないから、毎月安く使いたいという方は、So-netモバイルWiMAXがおすすめです。

⇒ GMOとくとくBB WiMAXの口コミや料金サービスなど

⇒ So-netモバイルWiMAX2+の料金やサービスと口コミなど

GMOとくとくBBWiMAX


so-netモバイルWiMAX2+