f:id:hiro6956:20160512012710j:plain

wifiって聞くと、家で使う無線LANルーターだと思いますか?

それとも、ポケットwifiのようなモバイル型ルーターを想像しますか?

wifi(ワイファイ)とは何か?

wifi(ワイファイ)とは。

①Wi-Fi Allianceによって認定された、無線LANの規格。

②無線LANを利用したインターネット接続サービスの俗称。

Wi-Fiは、無線LANの規格のひとつ。Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。

Wi-Fiの名称の由来はHi-Fi(ハイファイ、英: High Fidelity)の韻を踏んだもので、IEEE 802.11規格などの無線LAN規格よりキャッチーな名前を求めて命名された。「Wireless Fidelity」の略というのは後付けで、名前ができた後、意味も持たないのはまずいから付けられたものである

出典元:ウィキペディア

かのウィキペディアの情報ではこのように表している。

ようするに、無線LANの規格の一つである。

ポケットwifiというのは、無線LANか?それともwifiか?

結論を言うと、wifiであるのは間違いないが、そもそもwifiというのは持ち運ぶ携帯性を持ち合わせていなかったが、モバイル端末(携帯)の電波を利用して、アクセスポイントとして利用する事できるように、携帯できるようになった。

そして、このwifiをモバイルwifiルーターと呼ぶようになりました。

ちなみにポケットwifiというのは、Y!mobileのモバイルwifiルーターの商標です。

ただ、一般名詞として、ポケットwifiで知られているので、このサイトでもポケットwifiという名称でモバイルwifiルーターの事を読んでいます。

家庭用のwifi(ワイファイ)で出来ること出来ない事

家庭用のwifiというのは基本的に、フレッツ光などの固定回線を契約していて、その固定回線を無線化するために用いるものです。

ただ無線化するためだけのものではなく、ネット上のハードディスクとしても利用することができるようになっており、最近では固定回線以上の速度で通信できるように性能もあがっている。

しかし、固定回線では、コンセントの差し込み口と、固定回線のONU(モデム)から来ているLANケーブルが無ければ、無線にするための電波を飛ばすことはできません。

なので携帯はできません。

ポケットwifiで出来ること出来ない事

ポケットwifiは家庭用のwifiとは違って、持ち運ぶことを前提としています。

その為外でネットをするのに必要なものと言えますね。

ただし、固定回線の無線LANとして利用するよりも速度はでません。

また外で利用をすることを前提としているので、電波の入らないところで利用することもできない。

しかし、最近では電波の入るエリアが広がっているので、割とどこでも快適に利用できます。

ポケットwifiはプロバイダとの契約が必要

ポケットwifiはYmobileやWiMAXなどのキャリアが提供していますが、ネットをするためには固定回線と同じようにプロバイダとの契約が必要になります。

しかし、フレッツ光とは違って基本的にプロバイダ事業者が回線(電波)も提供してくれるので、別で契約する必要はありません。

YmobileとWiMAXの違い

このYmobileとWiMAXは根本的に電波の仕組みがしがって、YmobileはLTE、WiMAXはWiMAXという電波を利用しています。

圧倒的に繋がるエリアが広いのはYmobileで、WiMAXは都会の方の利用に向いています。

また、WiMAXはギガ放題といって、ポケットwifiにつきものの7GB制限の無いプランがあります。

ただ、まだ田舎では使えない為、田舎で使う場合はYmobileが向いています。

興味のある方はポケットwifiの比較をご覧ください。

⇒ ポケットwifi比較