PCでWiFi

WiFi(ワイファイ)ってなんだろう?

一般的にWiFiと言うと、無線LANで電波を飛ばしてネットをすることを意味していると思いますが、人によっては、モバイルWiFiルーター(外に持ち運ぶスマホより一回り小さな端末)だと思う人もいれば、家の固定回線を無線にするための無線LANの機械のことを言う人や、外で飛んでいる公衆無線LANのことを言う人もいます。スマホのWiFi設定のことなんかもWiFiと会話では使ったりすると思います。

WiFiというのは、この言葉一つでいろんな意味を持っていますが、本来のWiFiの意味を、wikipediaではこのように説明しています。

Wi-Fiは、無線LANの規格のひとつ。Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。
引用元:wikipedia

ものすごく簡単に言うと、『ネット用の電波で無線通信ができる状態』のことです。なので、WiFiという言葉がいろんな意味を持っているというのはあながち間違えではないんです。

いろんなWiFiの呼び方を説明

先ほどWiFiにはいろんな意味があるとお伝えしましたが、実際にWiFiと呼んでいるものにも正式名称が存在しています。それをざっくりと説明だけしておきます。

外で使うモバイル型のWiFi

ただ、生活をする中で、『WiFi契約したよー!!』という言葉を聞いたことがありませんか?これは、『モバイルWiFiルーターを契約したよー!』という意味を表しています。

W03のオレンジとホワイト
モバイルWiFiルーターというのはこういう端末のことです。
外で持ち運びできるようになっており、スマホよりも小さめです。もちろん電話はできません。

家でしか使えない据え置き型のWiFi

そして、家のWiFi(無線LANルーター)はご存知の通り、

無線LANルーター

このようなバッファローやNECが販売している大きな機械のことですね!

カフェやコンビニや飲食店などの店舗にあるWiFi

FreeWiFi

公衆無線LANと言ったり、公衆WiFiと言ったりするものがこれです。

スマホが普及するようになってから、ご存知の方がほとんどなのではないでしょうか?

このWiFiはたくさん種類がありますが、一番有名なのは携帯キャリアが運営しているソフトバンクWiFiやドコモWiFiなどの公衆WiFiではないでしょうか。

この公衆WiFiは無料で使えるところも増えてきてはいますが、なんだかんだで利用できる人が制限されていたりと不便で、満足に公衆WiFiを使おうと思えばお金を払わないといけなかったりします。

ただスタバなどのカフェについているWiFiは無料で利用できますね!若干途切れたり遅いのが難点ですが…。

WiFiの種類まとめ

WiFiというと、今紹介した3種類がメインです。人によって認識の違う言葉ですが、この3つのどれかということが分かっていれば、会話のシチュエーションであとは判断できますね!

では、今回は、モバイルWiFiルーターについて深く触れていきたいと思います。

モバイルWiFiルーターとポケットWiFiは同じ

さて、モバイルWiFiルーターと聞くとピンとこない方もおられるかもしれませんね。そういった方はポケットWiFiと呼んでいたり、WiMAX(ワイマックス)やYmobile(ワイモバイル)と呼んでいるのではないでしょうか。

呼び方が違いますが、これらの正式名称はモバイルWiFiルータで、最近ではポケットWiFiと呼んでいる方がほとんどです。そのため、ここからはポケットWiFiで統一していきます。

ポケットWiFiの役目

ポケットWiFiを使っている方は、固定もいれば、外でネットをするためだけに契約をしている人もいます。私は後者の外でネットをするためだけに利用しております。

また、スマホでもポケットWiFiの代わりになる「テザリング」という通信方法もありますが、スマホの通信制限にかかりやすく、テザリングだけで利用する方は少ないです。またスマホで動画をみたりネットを多用したりする方は通信制限の回避のために利用する方も割と多いですね!

一言で言うならば、外で快適にインターネットをするのが、ポケットWiFiの役割ですね!

3種類のポケットWiFi

上記で簡単にポケットWiFiの種類に触れましたが、ここで簡単に説明させていただきます。

  • WiMAX
  • Ymobile
  • MVNO

ざっくりというとこの3種類です。

この3種類のポケットWiFiは契約をすれば外で使えるのですが、そもそもこの3つは同じものではなく電波や価格など様々な点が違います。それらを詳しくご説明させていただきます。

ポケットWiFiの電波の違い

ポケットWiFiは電波の種類で分けことが出来ます。

WiMAXはそのままのWiMAX系、Ymobileと格安SIMはLTE系です。

WiMAX系とLTE系の2種類に分けることが出来ますが、それぞれの電波にも違いが存在しています。

WiMAX系の電波の特徴

WiMAXの電波は、通信制限なく利用できるのが何よりも嬉しいところですが、建物の奥側や山奥へ行くと電波がものすごく弱くなります。

しかし、電波のあるところであれば、回線速度はLTE系よりも圧倒的に速いです。

LTE系の電波の特徴

LTE系の電波は、7GB制限があり、使い放題では利用できませんが、WiMAX系に比べると利用できるエリアが広い傾向にあります。例えば、山間部や海側、地下や建物の奥などでスマホと同等の繋がりやすさです。

電波の特徴を最初に説明した理由

まずはこれを知る必要がありましたので説明をさせていただきましたが、その理由はアナタが光回線の代わりにポケットWiFiを利用視聴と考えているのであれば、WiMAXしか選択肢がないということになります。

ただ、WiMAXの電波は建物の奥や山間部では弱いと説明しました。しかし実際のことを言うと、大抵の場所で繋がります。

だからこそ、優秀な電波はどちらかという回答にはユーザー数が圧倒的に多いWiMAXと答えます。

そうです、これからポケットWiFiを契約しようと考えているのであれば、WiMAXで考えると良いということが言いたかったのです。

WiMAXの良さはキャンペーンの充実と料金の安さ

GMOとくとくBBの3月のキャッシュバック

WiMAXが良いとお伝えしましたが、その理由は電波だけでなくキャンペーンがたくさんあり、キャッシュバックなどをもらうことができるからです。また、端末も無料で契約できるだけでなく、auスマホを使っている方は割引になるのです。

実はポケットWiFiでWiMAX以外はキャッシュバックを行っていません。そのくせ月額が変わらないとなると、そりゃWiMAXを選ぶ方が多くなるわけです。

また、7GB制限なしで利用できるので、通信制限を気にすることなく、家でも外でも旅行先でもネットを楽しむことができます。

WiMAXの料金を簡単に説明

WiMAXは7GB制限がないとお伝えしましたが、実は7GB制限があるプランもあり、それは月額が安く利用できるようになっています。

プラン ギガ放題 通常プラン
(フラット)
7GB制限 なし あり
月額
(2年契約)
3,609円

3ヶ月目から
4,263円
3,609円
端末代 無料 無料
auスマホ
割引
あり なし
キャッシュバック 最大33,000円 最大33,000円

このように、月額が600円ほど通常プランでは安く利用できます。しかし7GB制限がつき、auスマホを利用している方は、「auスマートバリューmine」というauスマホの割引きを受けることができません。

auスマートバリューmineについて

スマートバリューmineの割引

auスマートバリューmineは、auスマホの利用料金から最大934円割引をしてくれる特別な割引サービスのことです。割引額は加入しているパケットプランに応じて変わってきますが、5GBのデータ容量プランの契約をしている方は基本的に最大の割引を受けることができます。

通信制限は想像以上につらい

どうしてもネットをそんなに利用しない方であれば7GB制限ありの通常プランで良いと思います。しかしスマホもWiFiにつないで、パソコンもWiFiにつなぐとなると、データ通信の量は想像よりも多くなってしまいます。

特にパソコンはアップデートが非常に多く、データ容量を大幅に食いつぶしてしまいます。

ただし、先述したように、あまりネットをされない方は7GBもあれば十分です。しかしながら、一般的なユーザーは7GBを超える方がほとんどです。

7GBを超えるとどうなるのかというと、通信制限に掛かってしまってネットの速度が192Kbpsという極限の低速になってしまいます。体感値としては、サイトを1ページ開くのに2〜3分かかるというイメージです。

通信制限に掛かってしまってはyoutubeも満足に見ることができないだけでなく、ネットが満足に利用できなくなってしまうのです。ちなみにネットを快適に利用できる速度は2Mbpsあれば十分だと言われていますが、通信制限時はその10分の1の速度なのであまりにも遅いですよね。

WiMAXにするなら最初はギガ放題にするべき

WiMAXはこう言った通信制限にかかるのは嫌だけど安く済ませたいという方のために、プランを電話で簡単に変更できるようになっています。

また、端末側で利用しているパケット容量を見ることができるので、最初の1ヶ月はどちらで行くのかを見極めるための期間にして、超えてもいいように最初がはギガ放題にしておくのが最も理想的な契約の仕方です

仮にデータ通信の量があまりにも少ない場合はすぐに電話でプラン変更の旨を伝えることで、翌月から帰ることができます。ただ2ヶ月目までは月額が通常プランと同じなので、まったく損をすることはないんです。

だからこそ、最初はギガ放題を選んでおくのが好ましいということです。

WiMAXは2種類の端末から選ぶ

W03vsWX02
※左:W03 右:WX02

WiMAXで契約しようとすると4種類の端末が出てきますが、選ぶのであれば、W03とWX02の2種類から選べば間違いありません。

これらの端末の違いを簡単に説明をすると、電波の良さです。

WX02は実は電波はW03に比べると若干弱めですが、ものすごく薄く軽いのが特徴です。

W03は薄さはないですが、端末には入っているアンテナが強力なので、ものすごく繋がりやすいです。またバッテリーも10時間ほど連続利用できるので、ものすごく利用されている方が多いです。

さらに言うと、W03は最速の端末です。

まとめ

これらを総括して考えると、WiFiを選ぶのであれば、WiMAXの戯画放題でw03にするのが理想的な選択というわけです。

また最後ですが、キャッシュバックは期間によって上下します。一番キャッシュバックの高い時期は3~4月と9月です。とはいて、月中でキャッシュバックがくの減額をすることもあるので、必ず高額キャッシュバックがもらえるとは言い切れないのが現状です。

お得で使いやすいポケットWiFiにしたい方は、WiMAXにすることをお勧めしますよ!

また万が一電波が繋がらない場合、20日間はキャンセルが無料でできます。

しかし、サイト上でピンポイントエリア判定というものを行ってから、「○」の判定が出た場合のみです。それだけ電波に自信があるということなのでしょう。

高額キャッシュバックをもらうなら、早めにしてくださいね!

GMOとくとくBBの3月のキャッシュバック

→  とくとくBBのキャッシュバックをみてみる