今これを見ている方はWimaxで契約することを考えていますね。

あなたはなぜ、Wimaxにしようか悩んでいるのでしょうか。

  • 通信制限が無いから
  • 他社と比べて端末が軽いから
  • 月額が安いから
  • auのスマホを使っているから

この4つの理由で悩んでいるあなたは、「プロバイダーの比較」からお読み頂くことをおすすめします。しっかり勉強なさっていると思うので、知っている内容も多いかもしれません。

そのほかの理由で悩んでいるあなたは、ぜひ、順に読んでみてください。

Wimaxの4つの特徴

Wimaxとは、モバイルWifi、ポケットWifi、モバイルWifiルーターなどで知られている、移動体通信業者のUQコミュニケーションが提供しているサービスです。

少し前はネットと言えば、フレッツ光などの固定回線を想像されましたが、最近ではこのインターネットを外でも気軽に使えるようにするサービスも人気がでてきています。

理由は明確です。

インターネットの利用方法の多様化が進んでいる今の時代において、外でネットを気軽に使いたい人もいれば、家でしか使わない人もいます。

その為、自分に合ったものを選択しやすくなっているからですね。

<特徴1>回線の工事不要、引っ越ししても解約する必要が無い。

工事不要

フレッツ光などの固定回線は、ネットを契約してから使えるようになるまでに工事を行います。
ただ、Wimaxは工事が必要ありません。端末が手元にあればすぐに使えます。
また、引っ越ししても解約をする必要がありません。

<特徴2>下り最大220Mbpsの高速ブロードバンドを持ち運びできる。

高速飛行

高速ブロードバンドを持ち運びできます。
下り最大220Mbpsなので、光などの固定回線と変わらない速度で使うことができます。
家ではパソコンやゲーム機、外ではスマホやタブレットなど、利用用途に応じて使い分けができます。
もちろん、動画もサクサクです。

<特徴3>比較的安い料金で利用できる。

値段の違い

最近インターネットの料金が安くなっているので、そんなに対して変わりませんが、固定回線と同じような速度でインターネットを利用できるにも関わらず、料金に差がありません。だいたい3000円後半と比較的安いです。

更に、auスマホの利用者は934円割引になります。

<特徴4>Wimaxの電波は日本全国で提供している。

WiFiの電波

携帯キャリアのKDDIと提携をしているので、繋がる範囲がかなり広いです。
実際にauスマホのLTEを利用できるので、スマホのつながる範囲であれば大抵つながると思って間違いないでしょう。
また、Wimax独自の電波は、かなり高速で利用でき、全国の主要都市で利用する場合の速度はかなり高速です。

WimaxハイパワーとWimax2+の違い

Wimaxでは2種類の電波を利用できます。

  • Wimax
  • Wimax2+

この3種類は、基本的に全く違う周波数帯の電波になっています。
一つづつ特徴を挙げていきます。

<Wimaxハイパワー>

3G回線

簡単に言うと3G回線みたいなもの。
広範囲に行きわたる電波を使っているのでエリアは広いですが、速度は若干ながら遅めです。
ただし、ビジネスでのメールやオフィスデータの送信は問題なし。

また、ノーリミットモードといって、1か月に使える通信量の制限がありません。
※今はノーリミットモードが付いていない機種がほとんどです。

多少遅くても室内で使いたい方にはオススメ

<Wimax2+>

4G回線

簡単にいうと高速の空を飛ぶ光回線みたいなもの。めちゃくちゃ速いので高品質な動画もサクサクです。
ただし、室内だと電波が弱い傾向にあります。
また、Wimax2+では、2つのプランから選択できます。

  • 通信制限があるプラン(1ヵ月7GB、3日で1GB)
  • 通信制限が無いプラン(1ヵ月無制限、3日で3GB)

都会側で使う人にはオススメ

プロバイダーの比較

Wimaxといえば、UQ-Wimaxというイメージをお持ちの方が多いと思います。
でも実は、UQは回線を提供している業者なだけで、お好きなプロバイダを選択できます。しかも、プロバイダが変わっても速度は変わりません。

総合評価の高いプロバイダ5社

  • UQコミュニケーション
  • GMOとくとくBB
  • Biglobe
  • So-net
  • KDDI

ここだけの話、フレッツ光でもNTTのプロバイダを使うより他社プロバイダを使う方がキャッシュバックが大きいのと同じような現象が起きています。

他のプロバイダにするのがお得!?

プロバイダーを選ぶ時に比較したい3つのポイント

  • キャッシュバックの金額
  • アフターサポートの充実

詳しい表を作ってみたので、ご覧下さい。

プロバイダー GMO
とくとくBB
3WiMAX Biglobe So-net
とくとくBBロゴ 3WiMAXロゴ BiglobeWiMAX so-netロゴ
キャッシュバック 最大
31,000円
最大
28,000円
最大
20,000円
最大
21,000円
キャッシュバック
もらえる時期
12ヶ月目 15ヶ月目 13ヶ月目 14ヶ月目
キャッシュバック
もらう方法
11ヶ月目に
届く
メール
から申請
13ヶ月目に
届く
メール
から申請
端末の
受け取り後
1週間後に

アンケート
回答
13ヶ月目に
届く
メール
から申請
月額
料金

(7GBプラン)
3,609円 3,495円 3,695円 3,495円
月額料金
(ギガ放題)
1~2ヵ月間 3,609円

3カ月目~4,263円

1~2ヵ月間 3,495円

3カ月目~4,130円

1~2ヵ月間 3,695円

3カ月目~4,380円

1~2ヵ月間 3,495円

3カ月目~3,980円

初期費用 3000円 3000円 3000円 3000円
機種代 無料 無料 無料 無料
2年間の総費用
(ギガ放題)
68,004円 69,850円 77,750円 72,550円
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
サポート窓口
(電話)
10:00
~
19:00

(平日のみ)
10:00

20:00

(年中無休)
10:00

19:00

(年中無休)
9:00

19:00

(年始除く)

キャッシュバックの金額の比較

プロバイダを比較する時の一番のポイントは、なによりもキャッシュバックの金額だと思います。

上の表のとおり、月額に差はありませんし、機種代金もほとんど無料です。

ここで重要なのは、キャッシュバックと月額などのコストを踏まえたトータルコストです。

ここで一番トータルコストが安いのは、3WiMAXです。
しかしオプション加入があります…。

また、キャッシュバック金額だけでいうと、GMOとくとくBBが31000円と最高額です。

どちらが良いかはあなた次第ですが、どちらもシッカリとした会社なので、安心できます。

アフターサポートの比較

今回、表に出しているプロバイダーはすべて大手会社です。
プロバイダー会社としても実績のある会社なので、サポートの質という面では遜色はないでしょう。

ただ、GMOとくとくBBだけはサポート時間が平日のみになっているので、若干ですが目劣りするかなと思います。
やはり、問い合わせをする時は、夜か土日が圧倒的に多いと思います。
問い合わせ可能時間の長さと年中無休という体制からBiglobeと3WiMAXが優れていますね!!

WiMAXオススメのプロバイダはコレ!

*総合評価1位*
実質負担額最安値&キャッシュバック最高額のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの11月キャンペーン

なによりも、キャッシュバックが25000円もあるうえに、サポート窓口も年末年始以外は受け付けてくれるので、安心して使えるプロバイダーです!

トータルコストが安いプロバイダは他にあるものの、何より顧客満足度が高いです。

Wimaxの機種の比較

W02 WX02
W02グリーン WX02新色のマゼンタ
サイズ W121 × H59 × D11.1mm W110 × H66 × D9.3mm
重量 約119g 約95g
下り最大速度 220Mbps 220Mbps
バッテリー WiMAX2+利用時
最大約8時間
au4GLTE利用時
最大約7時間
WiMAX2+
(ハイパフォーマンスモード)
約7時間
バランスモード
(バッテリ延長)
約8時間
ネットワーク WiMAX ×
WiMAX2+
au 4G LTE ×
その他機能 ・タッチパネルで
簡単操作

・スマホでリモート操作
・3日間での
利用データが見れる
・電源の切り忘れ防止タイマー搭載
・スマホでリモート操作可能

※これは2016年4月現在でメインに出ている機種です。

この機種情報を見て頂ければ分かりますが、WiMAX2+はいずれの機種も使えますが、WiMAXとau4GLTEが二手に分かれているので、簡単に言うと。

<W02>
地方や田舎で使いたい人向け。
au4GLTEの凄さは割と田舎でも繋がりやすいところです。
また室内や地下でも繋がりやすいのが特徴。

<WX02>
割と都会で使う人向け。
WiMAX2+は人口の多いところで、速度にかなり違いが出てきます。
また、東京や大阪などの主要都市の地下でも繋がりやすいのが特徴です。
なによりも軽いので徒歩移動の多い方にオススメ。

なによりギガ放題におすすめ!

申込み方法による比較

WiMAXは家電量販店でも申し込む事が可能です。
ただ、商品は同じものを扱っていますが、キャンペーン内容が全く異なってきます。

<家電量販店で申し込む場合のメリットとデメリット>

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、ヤマダ電気などで申し込む事が出来ます。
ただ、メリットとデメリットが結構あり、お得かどうかは人それぞれとなっています。

<メリット>

  • 店舗に端末の在庫が有る場合、即日で持って帰ってすぐに使うことができる。
  • パソコンと同時購入をすると、パソコンの値段を割り引きしてくれる。

<デメリット>

  • プロバイダを選択できないから月額最高値。
  • キャッシュバックが小さい。
  • 本体が有料の事が多い。

簡単にこのようなメリットとデメリットがあります。
基本的なデメリットは金銭的な部分になりますが、安く使って得したい気持ちは皆さん同じだと思います。

そもそも、キャッシュバックが小さい理由は、人件費や場所代などのコストが大幅に掛っているので、あまりお金を掛けられない事でしょう。
また、パソコンの割引をしてもらえるとは言っても、ネットの金額より大幅に安くなることはありません。

また、今の時期はパソコンの新製品が出る時期なので、必然的にパソコンの値段が上がります。ってことは旧製品を買えるチャンス!?

と思うかもしれませんが、家電量販店は年々業績が落ちてきているので、過剰在庫は抱えないようにしています。

その為、旧製品を狙って家電量販店に行くより、ネットで普通に安く売ってる旧製品を買う方が早くて安いです!

こういった理由からWEBで申込みをするのが、一番お得です!

他社ポケットWifiと比較

他社ポケットWifiと言っても基本的にY-mobileとの比較になります。

サクッと一言で伝えます。

性能や値段など色々競い合っているので、使い勝手の面では正直変わりません。
強いて言うのであれば、少しだけY-mobileの端末は若干重たいです。

   写真  機種  通信速度  重さ  サイズ  バッテリー
WiMAXロゴ

  

WX02新色のマゼンタ   WX02 下り最大
220Mbps

95g
W110
H66
D9.3mm
最大
約8時間
W02グリーン  W02 下り最大
220Mbps

113g
W120
H59
D10mm
 最大
約8時間
ワイモバイルロゴ 502HW  502HW 下り最大
187.5Mbps

150g
W104
H60
D18.3mm
最大
約10時間
305ZT  305ZT 下り最大
187.5Mbps

150g
W117
H62
D13.9mm
最大
約9時間
GL10P  GL10P 下り最大
110Mbps
 約
120g
W91
H57
D14.7mm
 最大
約10時間

細かいところを色々と追求すれば差はありますが、
利用する上での便利さという面でいうと、携帯するものなので軽いWimaxの方が良いと思います。

WiMAXの比較まとめ

長々と説明をしましたが、あなたに合った契約方法は見つかりましたか?

もしまだ見つかっていない方は下記を参考にしてください。

WiMAXオススメの組み合わせ

* 1位 * 
なによりもキャッシュバックが嬉しい!
~GMOとくとくBB~

GMOとくとくBBの11月キャンペーン

選ぶべきプランはギガ放題で、端末はWX02がオススメ