Ymobileのイメージ

旧E-mobile(イーモバイル)のYmobile(ワイモバイル)は格安スマホで値段の安さで人気が出てきているけど、ポケットWiFiの人気も相変わらずあります。

そこで、実際にポケットWiFiのプランをご紹介いたします。

YmobileのポケットWiFiのプランは4種類

  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • Pocket WiFiプラン2 ライト
  • Pocket WiFiプランL
  • Pocket WiFiプランSS

このように4つのプランがあり、それぞれ値段も違えば、内容も異なります。

更にWEBのみで申し込みができるYmobileの別プロバイダは、全く違ったプラン構成で通信品質が同じなのに価格のお得なサービス展開をしています。

これは後ほどご紹介します。

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)

PocketWiFiプラン2

  • 月額:3,696円
  • 月間通信制限:7GB
  • 対応端末:504HW・502HW
  • 契約期間:3年

このプランはこれといった特徴はなく、基本的なベーシックプランです。

他のプランと違うところで言うと、アドバンスオプションを付ける事によって、狭いエリアでのみ7GBを超えても無制限でネットを利用する事ができます。

また、対応端末も代表的なハイスペック端末で、Ymobileの中で、一番選ぶ方の多いプランです。

Pocket WiFiプラン2 ライト

PocketWiFiプラン2ライト

  • 月額:2,480円
  • 月間通信制限:5GB
  • 対応端末:506HW
  • 契約期間:3年

このプランは、毎月そんなにネットを使わないけど、なんだかんだで外で使いたいという方におすすめできる月額がものすごく安いプランです。

ただ契約期間は変わらずの3年契約ですが、軽さ重視の端末で携帯性は抜群のプランです。

Pocket WiFiプランL

PocketWiFiプランL

  • 月額:4,380円
  • 月間通信制限:無制限
  • 対応端末:305ZT
  • 契約期間:3年

AXGPという高速通信が可能だけど、エリアの狭い電波で利用するものです。

首都圏であっても、例えばお台場付近でも電波が1本だったり、ものすごくエリアとしては狭いので、利用者はWiMAXの似たようなギガ放題というプランよりも圧倒的な差で少ないです。

Pocket WiFiプランSS

PocketWiFiプランSS

  • 月額:2,480円
  • 月間通信制限:5GB
  • 対応端末:401HW
  • 契約期間:3年

このプランは、PocketWiFiプラン2ライトの旧プランみたいな位置づけで、ほぼほぼ内容は変わりません。変わるのは、対応端末が401HWという部分ですが、そもそもこの端末も性能差は無く色が黒から白になっただけのようなものです。

なので、全く同じと言って過言ではありません。

別プロバイダのプラン

Ymobileにはほかに2つプロバイダがあります。

  • Broad LTE
  • Yahoo!WiFi

この2種類ですが、それぞれ全く違ったプラン構成になっており、更には月額料金まで全く違います。

結論を先に一言で述べるとするのであれば…。

公式Ymobileを選ぶよりも遥かにお得!

これは間違いなく言えます。

ではそれぞれのプランを見ていきましょう。

Broad LTEの代表的プランBroadLTEフラット4G3

BroadLTEというのは株式会社リンクライフという、会社が運営している通信系大手に迫る程の有名なプロバイダです。

このプロバイダの特徴は何といっても月額が安いところ。

なんと月額2,856円!で人気端末の504HWが利用できます。


※PCで見るのとスマホで見るので違うサイトが表示されます。504HWを見たい方はPCで閲覧ください。

Yahoo!WiFiのお得な月額最安値のプラン

Yahoo!WiFiは月額割引キャンペーン中

このプロバイダはとにかく月額の安さが売りで、端末も401HWとなっています。

簡単に言うと、PocketWiFiプラン2ライトやPocketWiFiSSと同じプラン構成でありつつも、月間の通信制限の容量が7GBまで引き伸ばされています。

だからこそ、5GB程度で充分だと思っておられた方だけに限らず7GBで考えておられた方にとって、ものすごく安い月額で利用できるプランです。

Ymobileの各種端末について

Ymobileは、上記プランの説明のところで対応端末という項目で書かせて頂いたとおり、5つの端末があります。

  • 504HW
  • 502HW
  • 506HW
  • 305ZT
  • 401HW

この端末はそれぞれ、性能がまったく違っており、更には、電波の受信強度等も違います。

またバッテリーの強さも違うので、良く外で利用される方は割と気にした方が良いポイントとなっています。

504HW

504HW

キャリアアグリゲーション+4×4MIMOにより最大下り速度261Mbpsを実現した、アンテナの感度の高いハイスペック端末です。

またハイビジョンTVが見えることもあって、色んなユーザーに利用されています。

【詳しくはこちら】

⇒ 504HWについて

502HW

502HW

504HWの前の端末で、今でも安く出ていたりすることがたまにあります。

またハイビジョンTVが見えます。

【詳しくはこちら】

⇒ 502HWについて

506HW

506HW

シンプルに必要最低限の機能だけを残した端末です。バッテリーは5時間程度と弱めかもしれません。

401HWと全く同じ性能なので、色が気にならなければ401HWの方が安く利用できます。

【詳しくはこちら】

⇒ 506HWについて

305ZT

305ZT

シンプルな機能しか入っておらず安定した通信ができるように配慮された端末です。

しかし、Ymobileのプラン上、繋がりが悪いプランでしか契約出来ない事もあり、今では選ぶ必要はないと言えます。

【それでも知りたい方はこちら】

⇒ 305ZTについて

401HW

401HW

スリムかつシンプルで、必要最低限の機能しか付いていませんが、それがまた良い!

更に、最軽量端末なので、常に持ち運ぶ方には嬉しいですね。

この端末についてはこちらのページをご覧になる方が参考になるかもしれません。

⇒ 401HWなどを詳しく

 

Ymobileについては各種ページを

ここまで少し細分化してYmobileのご紹介を行いましたが、全て詳細ページの方が詳しい情報が載っています。

その為、知りたい情報などのキーワードをサイト内検索などでかけて頂くか、カテゴリーから見て頂けるともっと役に立つ情報がありますので、ご覧ください。