2016年10月更新!

f:id:hiro6956:20160505180405j:plain

実際、いろんな比較があるけど、どんな比較をすればいいのか分からないという事はありませんか?

キャッシュバックで比較、月額料金で比較、速度で比較、電波の種類で比較、使い放題で比較、格安SIMとの比較、繋がりやすさで比較、口コミで比較、特定の会社で比較、プロバイダの比較など、本当にたくさんの比較があります。

しかし、すべての比較で違う結論になってしまうので、実際に利用するアナタが何を求めるのか?それによって比較内容は変わってきます。

そもそも比較というのは、元あるものの情報を表や分かりやすくまとめて、優位性のあるものを導き出すことですよね!しかし残念なことに今溢れている比較サイトは、偏った比較しかしていないので、比較になっていません。

ポケットWiFiはただでさえ複雑なのに、本当に必要な情報は何なのかがわからないので、最適な比較がしにくい状態です。

だからこそ、アナタが最適な比較をするためには、基礎知識が必要です。

とはいえ、必要な比較だけしたいという方はこちらをご覧ください。

2016年10月の最新比較の人気ランキング!

今月のポケットWiFiキャンペーン比較

とにかく一番月額が安くて、キャッシュバックが多いものなどを探している方はこちらで全てがわかります。

  1. 1位 GMOとくとくBB

    GMOとくとくBB10月

    月額 5.0
    特典 5.0
    サポート 4.0
    総支払い額 5.0
    実質月額:
    2,959円
    キャンペーン:
    最大33,000円キャッシュバック
    GMOとくとくBBは、なによりキャッシュバックで多くの方に選ばれているプロバイダです。これからワイマックスにする!乗り換える!という方にピッタリです。ユーザー数が多く、東証1部上場の通信会社大手GMOが運営しているプロバイダという事も安心材料となっています。
    おすすめどころ
    • キャッシュバック最高額
    • 実質負担月額最安値
    • クレードルが無料
    • auスマホが割引になる

    公式サイトをみてみる

  2. 2位 biglobe WiMAX

    biglobe wimax

    月額 4.0
    特典 4.0
    サポート 5.0
    2年間総負担額 4.0
    実質月額:
    3,490円
    キャンペーン:
    キャッシュバック20,000円&W02は初期手数料無料
    最もキャッシュバックを受け取りやすいプロバイダであり、サポートの品質も最高峰と使って安心、高品質なプロバイダです。初心者に最もおすすめです。
    おすすめどころ
    • キャッシュバックの受け取り手続きが最も早くできる
    • フレッツ光でも大人気の優良プロバイダ
    • 初心者に大人気のサポート品質
    • 口座振替が利用出来る
    • auスマホが割引になる

    公式サイトをみてみる

  3. 3位 @nifty wimax

    BroadWiMAX

    月額 5.0
    特典 4.5
    サポート 5.0
    2年間総負担額 4.5
    実質月額:
    3,098円
    キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック&3ヶ月無料
    先月までそこまで得ではありませんでしたが、10月からものすごくお得なプロバイダとなりました。フレッツ光のプロバイダとしてもサポートの人気があり、ポケットWiFiでも好きで選ばれている方も多いです。また、初月〜3ヶ月目までは無料なので、最初に払う費用を抑えたい方におすすめです。
    おすすめどころ
    • 最大3ヶ月無料
    • 受け取り手続きを出来るのが2番目に早い
    • コールセンターがすぐ繋がる
    • キャッシュバック20,000円
    • auスマホが割引になる

    公式サイトをみてみる

  4. 4位 BroadWiMAX

    BroadWiMAX

    月額 5.0
    特典 2.0
    サポート 5.0
    2年間総負担額 4.5
    実質月額:
    3,609円
    キャンペーン:
    初期費用18,857円無料
    BroadWiMAXはキャッシュバックはありません。しかし、キャッシュバックが無くても毎月の請求額は最安値級のWiMAXです。もちろん、端末も無料なので、2年間の実質負担額もものすごく安いのが特徴ですキャッシュバックの受け取りができるか不安な方、毎月の請求を一番安く抑えたいと思っている方にオススメ致します。
    おすすめどころ
    • 請求ベースの月額最安値級
    • 発送までが速い
    • コールセンターがすぐ繋がる
    • エリア調査で問題なくても繋がらない時は対応してくれる
    • auスマホが割引になる

    公式サイトをみてみる

  5. 5位 yahoo!wifi

    BroadWiMAX

    月額 5.0
    特典 2.0
    サポート 3.5
    2年間総負担額 5.0
    実質月額:
    2,365円
    キャンペーン:
    半年2,020円で使える
    キャッシュバックはないですが、半年間2,020円で利用でき、それ以降は2,480円で利用できます。また電波もソフトバンクのLTEが利用できるので、地下や建物の中でもつながりやすいです。ビジネスで利用するのに最適。
    おすすめどころ
    • 請求ベースの月額最安値級
    • 発送までが速い
    • 端末の401HWがものすごく軽い
    • ソフトバンクのスマホ並みに繋がる
    • yahoo!JAPANが運営だから安心

    公式サイトをみてみる

ポケットWiFiの月額・使い放題・口コミ・キャッシュバックなど様々な比較

比較前に知っておく必要のある6つの基礎知識

パソコンを外で作業中

 

必要な基礎知識をすべてピックアップしておきます。

  • ポケットWiFi会社の電波による繋がりやすさの違い
  • ポケットWiFi会社のプランの違い
  • プロバイダによる月額料金とキャンペーンの違い
  • 端末のスペックによる差
  • 契約方法による違い
  • キャッシュバックの裏側

この5つの基礎知識は比較と同じです。知るだけでどれがアナタにとって最高のものなのか、優位なものなのかがわかります。

逆にこの6つの知識がなければ、最適な比較はできません。

ポケットWiFi会社の電波による繋がりやすさの違い

ドコモの電波だから繋がりやすい

ポケットWiFiは端末や会社によりいろんな電波を扱っています。
そんな電波の違いの基礎知識は、電波の種類を知ることです。

キャリア 電波の種類
WiMAX WiMAX / WiMAX2+ / LTE
Ymobile 3G / 4G / LTE
au WiMAX / WiMAX2+ / LTE
Docomo 3G / 4G / LTE
SoftBank 3G / 4G / LTE
格安SIM LTE

3Gより4Gの方が速く、4GよりLTEの方が通信速度が速いことは知っている人も多いでしょう。

また繋がりやすさで言えば、基本的にはLTEが一番繋がります。(ソフトバンクは3Gの方が繋がるエリアが広い)

この電波をもっと嚙み砕くと3つに分けることができます。

WiMAX系 WiMAX / au
Softbank系 Ymobile / Softbank
Docomo系 Docomo / 格安SIM

※格安SIMには一部auの電波のものもあります。

また電波には特徴があるので、簡単に説明します。

電波の特徴の周波数による繋がりやすさの違い

先ほどポケットWiFiは3種類で比較するとお伝えしましたが、この3種類全ての使える電波が違うので通信のしやすさ(繋がりやすさ)に差があります。

この電波には周波数というものが存在しており、この周波数によって繋がりやすさが変わります。

また基地局の数等によっても変わってきますが、先ず比較前の予備知識としては電波の周波数の違いによる繋がりやすさを簡単に知っておくことが重要です!

電波の特性(周波数による違い)
低周波
(1GHz以下)
  • 遮蔽物に強く遠くに飛びやすい電波。
  • 田舎・海側・山側などの人口の
  • 少ないところなどで威力を発揮する。
  • 通信速度は速くない。
  • 建物内でもサクサク繋がる。
  • 低周波電波で使い放題は無い。
高周波
(2GHz以上)
  • 遮蔽物に弱く、遠くまでは飛びにくい電波。
  • 県庁所在地などの比較的人口の多めの地域に基地局が大量に設置されている為、このようなところで推奨される電波。
  • 速度がものすごく速い。
  • 田舎や山間部には向いていない。
  • 若干建物内では弱い事もある。
  • 使い放題がある!

このような電波の周波数の特性を知って頂くと、この後のことが分かりやすいです。

簡単にまとめてみると、このようなものです。

  • 低周波は、繋がりやすく遅いうえに使い放題が無い。
  • 高周波は、繋がりやすさが普通だが、通信が速くて使い放題がある。

WiMAX系電波の特徴

UQ-WiMAXのイメージ

通信制限がなく使い放題の電波が特徴的で通信速度も速い。
しかし地下や建物の中央部(窓から離れる)、山間部へ行くと、比較的電波が弱い。

WiMAX系の電波の種類と繋がりやすさ

WiMAXロゴ

WiMAXは昔から、WiMAXという電波を使っています。

この電波は高周波の電波を使っており、WiMAXは前から建物の中では少し弱いと言われています。
しかし最近では改善されつつあるが、周波数としての特性は抜けきれません。

ただし、使い放題のポケットWiFiとして人気が圧倒的に高いです。

そして、今WiMAXの使っている電波の種類と周波数帯は以下の通りです。

電波の種類 周波数
WiMAX 2.5GHz
(2018年に無くなる)
WiMAX2+ 2.5GHz
(主流)
au 4G LTE 0.8GHz
au LTE 2.0GHz

WiMAXの電波はこの4種類ありますが、基本的に皆さんが良く使うのは、WiMAX2+という電波です。
県庁所在地付近などのまだ比較的人の多めな場所であれば、大抵の場所で繋がります。
しかし、建物内の奥や地下へいくとやはり若干弱めです。

また、au4GLTEはスマホと全く同じ繋がりやすさです。山間部や海側でも強く室内でもバンバン入ります。
しかし、この電波を使える機種が限られており、電波を利用する場合は通信制限が発生し、追加料金まで発生します。

WiMAXの特徴が無くなる電波と言っても過言ではありません。

都会よりの人の多めの場所で利用するなら、選ぶならWiMAXです。

Softbank系電波の特徴

softbank

7GB制限があるが、地下でも割と強く速度も速い。
しかし、たまにプツッと切れることがある。

Softbank系(ワイモバイル)の電波の種類と繋がりやすさ

ワイモバイルロゴ

ワイモバイルは、低周波も高周波もどちらもの電波を持っています。
これはソフトバンクと合併してから、そのようになったのですが、基本的には通信制限があります。

そして、ワイモバイルの電波は基本的にLTEのみしかありません。

LTEでも0.9GHz~2.5GHzの周波数の電波を持っています。

繋がりやすい特徴はあるけど、やはり0.9GHzはソフトバンクのLTEだからか、若干途切れることがあります。

正直、特徴はありません。

Docomo系電波の特徴

7GB制限があるが、一番エリアが広く田舎でも高確率で繋がる。
安定性は抜群だが、格安SIMになるとものすごく遅い。

格安SIM代表のスマモバの電波の種類と繋がりやすさ

スマモバ

スマモバの電波は一言でいうとLTEですが、ドコモのLTEを利用しています。

ドコモの基地局の数は日本で一番多く、一番圏外になりにくい人口カバー率100%という数字をたたき出しています。

周波数帯は基本的に0.8GHzですが、速度は1~5Mbps程と若干制限されていますが、通信制限はないので使い放題です。

田舎で繋がる使い放題を使おうと思うなら格安SIMのスマモバです。

 

ポケットWiFiの格安SIMの補足

ちなみに、格安SIMに関しては、端末の対応電波のBANDなどを調査して、MVNOの対応電波のBANDと合わせてからプランを合わせていく必要があるので、少々面倒です。また、各MVNOは利用できるLTEの最大下り速度に対して特殊な制限を付けているので、基本的にはキャリアスマホのような速度はでません。およそ5Mbps出れば良い方です。

その為、格安SIMを使ったポケットWiFiは玄人向けです。

何度も言いますが、ポケットWiFiを比較するなら、WiMAXかワイモバイルかスマモバの3つがバランスがとれており、電波面でも、価格面でも分かりやすくお得です。

ポケットWiFiの電波のまとめ

ポケットWiFiの電波は、スマホと比べるとどれも少し弱くなります。全く同じ電波のように思えますが、そもそも使える電波の規格が微妙に違うのが理由です。

だから、スマホが圏外にならない場所でも、圏外になる可能性があるということだけは覚えておいてください。

ちなみに電波のエリアの広さ順で並べるのであれば、docomo系 = WiMAX系 > softbank系の順です。

そして、この電波の兼ね合いもあり、比較の基礎知識はWiMAXとYmobileだけに絞ります。

>>もっとWiMAXのYmobile電波の違いを知りたい!

ポケットWiFi会社のプランの違い

ギガ放題とフラットの月額の違い

ポケットWiFiは全部で6社ありますが、代表的なものは2社でWiMAXとYmobileがシェア率の9割近くを占めています。

これら2社のポケットWiFiはプランが選べ、違いは利用できる端末・月額・通信制限だけです。たったこれだけの違いですが、選ぶ時にはものすごく大切な要素となるので、知っておいてください。

WiMAXのプランについて

WiMAXはノーリミットモードやギガ放題などのネット使い放題がうたい文句になっているポケットWiFiで有名です。

そしてプランは2種類しか有りません。

  • ギガ放題(7GB制限なし)
  • 通常プラン(7GB制限あり)

月額の違いやどのように選ぶのかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

→ WiMAXのプランと月額を紹介

Ymobileのプランについて

YmobileはポケットWiFiの商標を持っている会社で、最近ではソフトバンクに買収されたこともあり、ソフトバンクの電波が使えることで有名なポケットWiFiです。

選べるプランはいくつかありますが、ほとんど1つしか選ばれません。そして利用する端末によって大きく違います。

なかなか簡単に説明するのが難しいので、詳しく月額とプランを知りたい方はこちらをご覧ください。

→ Ymobileのプランと月額を紹介

プロバイダによる月額料金とキャンペーンの違い

最安値のWiMAXプロバイダ

ポケットWiFiのプランによって月額や選べる機種が違うことは前段階で知っていただけたと思いますが、プロバイダによって月額や選べるプランが異なります。

月額料金やキャンペーンも大切ですが、自分にあったプロバイダを探すのが最も大事です。

WiMAXとYmobileのプロバイダを紹介いたします。

WiMAXのプロバイダ

WiMAXは10社以上のプロバイダがありますが、メインで選ばれているプロバイダは基本的に下記の7社だけです。

  • GMOとくとくBB
  • 3WiMAX
  • so-netモバイルwimax2+
  • Biglobe WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ-WiMAX

選ばれる理由は、サポート、キャンペーン、月額面でのお得さからです。
逆にこの7社以外のプロバイダを選んだとしても得はないですね。

GMOとくとくBB
GMOとくとくBBの11月キャンペーン

今、最もキャッシュバックの高いプロバイダです。特にポケットWiFiの乗り換えシーズンの9月3月4月は、キャッシュバックが超高額になるので人気が増加し、契約される方が増える傾向にあります。

また、キャッシュバックは無いけど月額が最も安いキャンペーンも行っています。

更に電波が悪い場合は、20日間はキャンセル無料です。

>>GMOとくとくBBを詳しくみる

GMOとくとくBBWiMAXの口コミをご紹介

男性(左)

使ってみて良かったとこ:一番気になっていた速度の、実測マップなどが出ており契約するか判断するときにすごく参考になりました。また、その時の使用頻度に応じて料金プランを毎月変更していくことが出来るのも非常に魅力的なものだと感じています。料金がずっと定額なプランもあるので非常にいいと思いました。
総合評価(5段階):★★★★★


男性(右)

使ってみて良かったとこ:安い。それにつきると思う。また、契約前にもわかりやすい説明がされている。通信品質は他社と変わらないので、価格を追求するならここを選んで間違いはないと思う。
総合評価(5段階):★★★★


女性(左)

使ってみて悪かったとこ:目玉企画のキャッシュバックの手続きが少しめんどくさかったことです。問い合わせしてももらった用紙にある通りの話のみで、キャッシュバックして欲しくないのかなあと思うぐらいですが・・・でももらえたことは嬉しかったです。
使ってみて良かったとこ:キャッシュバックがしっかりあって金額もあるので契約時は嬉しかったですし得した気分でした。
総合評価(5段階):★★★★

すこーし、キャッシュバックの手続きが面倒という口コミもありますが、ある程度は許容できるぐらい得した気分になられてる方が多い印象を受けますね!

なにより、似たようなお声が多いという事は、それだけ選ばれている方も多いのでしょうね!

もちろん、もっと多くの口コミがありますので、他にも見たい方はこちらからご覧になってください。

→ WiMAXの口コミ27人の評価でオススメがわかる

3WiMAX
3WiMAX

キャッシュバックは高めだが、少々物足りないかもしれません。だがしっかりとキャッシュバックは受け取れます。

>>3WiMAXを詳しくみる

so-netモバイルwimax2+
スクリーンショット 2016-09-01 21.11.41

sonyが親会社のサポートが強く人気のあるプロバイダです。フレッツ光でもプロバイダとして人気があり、初心者に好まれています。

>>so-netモバイルwimax2+を詳しくみる

Biglobe WiMAX
biglobe WiMAX

キャッシュバックの受け取りが最も楽で、確実に得をしたい方に人気です。またサポートも強く、通信品質も全プロバイダの中で最高クラスです。年中通して安定した人気を誇っています。

>>Biglobe WiMAXを詳しくみる

@nifty WiMAX
@nifty WiMAX

3ヶ月無料が付いており更に20000円キャッシュバックも!最新機種のW03を選ぶ方は最安値クラスで利用できます。またフレッツ光で@niftyを使っている方は更に安く利用できるので、選ばない理由はないです。

>>@niftyWiMAXを詳しくみる

Broad WiMAX
BroadWiMAX

月額の安さ、サポートの強さや特殊な満足保証といった電波が悪い時に無料で乗り換えができるのが人気です。恐らく3番目ぐらいに人気のあるプロバイダですね。

キャッシュバックは必要無いけど安く使いたい方にオススメ。

>>Broad WiMAXを詳しくみる

UQ-WiMAX

UQ-WiMAX

WiMAXの本家本元プロバイダで、月額は最も高いが安心を取りたい方に選ばれています。

>>UQ-WiMAXを詳しくみる

Ymobileのプロバイダ

Ymobileは公式プロバイダがYmobileの本家本元ですが、WEBで契約される方は別のプロバイダから契約されることがほとんどです。その理由は月額の安さとサービスの変わらなさ。

そんなYmobileの代表的なプロバイダは2社しか有りません。

  • Yahoo!WiFi
  • Broad LTE

この2社は決定的に違うプロバイダなので、Ymobileにしようと考えている方は、選びやすいはず。

Yahoo!WiFi
Yahoo!WiFiは月額割引キャンペーン中

名前の通り、Yahoo!のプロバイダです。魅力は月額が最安値というところです。

>>Yahoo!WiFiを詳しくみる

Broad LTE
BroadLTE

Ymobileの最高端末が公式Ymobileよりも毎月1,000円近く安く利用できます。これが選ばれている理由です。

>>Broad LTEを詳しくみる

端末のスペックによる差

スマモバとWiMAXのW02

WiMAXは4種類、Ymobileは3種類の端末をメインに提供しています。プロバイダによって少し扱っている端末が違うので、スペックを知ると共に、対応プロバイダを知ると良いでしょう。

また、使うエリアによって、選ぶべき端末が変わります。その理由は利用できる電波にあります。WiMAX2+はどの端末でも利用できますが、WiMAXとau4GLTEはどちらかしか使えません。

都会ならどちらでも良いですが、田舎で利用されるならW03にしておきましょう。

WiMAXの4つの端末

W03のオレンジとホワイト

W03

WiMAXの最高スペックで1番人気

WX02

WX02

最も薄く端末で2番人気

W02グリーンとホワイト

W02

現行から外れたが、在庫一掃で一番お得かも

URoad-Home2+

Uroad-Home2+

家だけで使う方向けで持ち運びはできないが、工事不要

この4機種がメイン機種で、それぞれ使える電波やバッテリーの持ち、サイズなどのスペックが違います。

W03の特徴

W03のオレンジとホワイト

使えるプロバイダ:全てのプロバイダで使える
使える電波:WiMAX2+ , au 4G LTE
バッテリー:連続使用10時間
※Bluetooth利用時は22時間

一番人気があり、バッテリーが超耐久の端末。

>>W03のスペックは?

WX02の特徴

WX02

使えるプロバイダ:3WiMAX以外は全て
使える電波:WiMAX2+ , WiMAX
バッテリー:連続使用10時間

最も薄く、ノーリミットモードが使える端末。

>>WX02のスペックは?

W02の特徴

W02グリーンとホワイト

使えるプロバイダ:3WiMAX以外は全て
使える電波:WiMAX2+ , au 4G LTE
バッテリー:連続使用7~8時間

W03の1つ前の機種だからこそ、在庫一掃で特典多め。

>>W02のスペックは?

Uroad-Home2+の特徴

URoad-Home2+

使えるプロバイダ:UQ-WiMAX,GMOとくとくBB,so-netモバイルWiMAX2+,BroadWiMAX
使える電波:WiMAX2+ , WiMAX
バッテリー:コンセントから供給

基本的に家でしか使えないが、モバイルタイプのルーターより電波が強い。
どうしても固定回線が嫌な方向け。

>>Uroad-Home2+のスペック

WiMAXの端末比較

1つづつ端末を知ったからといって、比較をしないとどれが良いのかわかりません。
そのため端末専用の比較をしておりますので、ご覧下さい。

>>W03とWX02の比較

>>W03とW02の比較

>>WX02とW02の比較

Ymobileの3つの端末

504HW

504HW

Ymobileで最高スペック、バッテリーも強く高速通信ができる

401HW

401HW

最も軽くシンプルで機械に弱くても使いやすい

305ZT

305ZT

少し前に出た機種で、最近は人気がない

この3機種がYmobileのメイン機種で、それぞれ使える電波が微妙に違い、バッテリーの持ち、サイズなどのスペックが違います。ただ504HWと401HWしか基本的に選ぶ方がいませんので2つで比較すると良いかもしれません。

504HWの特徴

504HW

使えるプロバイダ:Broad LTE
使える電波:AXGP(高速のLTE),LTE(エリアの広いLTE)
バッテリー:約10時間連続使用可能

速度もバッテリーも最高レベルであり、端末側のアンテナの受信送信強度が高い。

>>504HWのスペックは?

401HWの特徴

401HW

使えるプロバイダ:Yahoo!WiFi
使える電波:AXGP(高速のLTE),LTE(エリアの広いLTE),3G
バッテリー:約5~6時間連続使用可能

ものすごく安く使える端末ではあるが、その分の性能しかないかもしれません。
バッテリーも普通、アンテナも普通、ただよほど電波の悪い場所でもない限りは安定して利用できる。

>>401HWのスペックは?

機種が変わると何が変わるのか

これは単純に性能ですが、性能によって電波の入り具合や、バッテリーの持ちが変わります。

バッテリーの持ちに関してはバッテリーの容量では測れないところがあり、実際の端末情報などに記載してある、実稼働時間をよく見る必要があります。

もしくは、ネット上に載っている稼働時間を参照していただく事で、わかるかと思います。

ただ分かりにくい点は電波に関する性能です。

機種の電波に関する性能の詳細情報

これにはアンテナに関する性能になり、良いものと悪いもので、速度や繋がりやすさが変わります。

特にキャリアアグリゲーションや4×4MIMOといった規格を採用している機種は、電波が強く速度も速いです。

ただ、最近の機種ではどちらかは入っている事が多いので、そこまで気にする事はないかもしれません。

キャリアアグリゲーションとは

キャリアアグリゲーションというのは、今まで1つの周波数の電波だけでしか通信できなかったところを、複数の周波数の電波を束ねて一緒に通信をできるようにした技術です。

そのおかげで、速いけど室内で弱い電波遅めだけどどこでも繋がる電波を一緒に通信することによって、どちらかが不安定になっても片方が安定しているので、通信の安定性がはるかに高くなりました。

4×4MIMOとは

これは、端末側と基地局側でそれぞれ4つのアンテナで色んな基地局からの電波を同時に受けて同時に通信する技術です。

その為、一つの基地局からの電波が途絶えても、別の基地局から電波を受けれるので、1つのアンテナで通信するよりも通信効率が上がり、安定性と速度の向上ができます。

どちらも似たような技術ではありますが、少々違います。

ただ、どちらも、通信技術を上げる為の規格という事に変わりはないので、どちらかが入っている機種を選ぶのが好ましいです。

しっかりと安定したネット環境を得るためにも、端末はしっかりと選びましょう。

契約方法による違い

契約書に印鑑を押すところ

契約方法によって、月額が高くなるのか、キャンペーンはどうかが変わってきます。

何より、選びたいプロバイダも選べない可能性もあるので、下記の4つの契約方法でよーく考えましょう。

  • 家電量販店や携帯ショップで契約
  • 価格.comで契約
  • 公式サイトから契約
  • プロバイダのキャンペーンサイトから契約

家電量販店や携帯ショップで契約

docomoイメージ

これは最も損をする契約方法です。

理由は、まずお得なプロバイダが選べないこと。さらにキャッシュバックなども少ないことです。あっても1万円が限界でしょう。

契約時は店員に案内してもらえますが、不都合な部分は隠す店舗がほとんどなので、家電量販店の販売員だった私は絶対にお勧めしません。

また結局の所サポートはコールセンターを使わないといけません。だったら選ぶ必要はそもそも無いですよね。

価格.comで契約

得か損かで言うと、正直普通です。

ただキャンペーンが見やすいのは嬉しいところですね。しかしながら、契約期間や違約金が通常よりも長くなったりしており、実状だけでいうならば損です。

公式サイトから契約

Ymobileのイメージ

どのプロバイダにしようか決めた方は、自分でプロバイダを検索してそのサイトから契約しがちですが、実は非常にもったいない方法です。

悪いというわけではないのですが、全く月額や条件などが同じなのに、契約するサイトが違うだけでキャッシュバックの金額が減るなど少し損をしてしまいます。

また、狙っているプロバイダのサイトへ行きつけないこともよくあります。

プロバイダのキャンペーンサイトから契約

GMOとくとくBBのメイン画像

当サイトが最もオススメする契約方法です。

必死になれないポケットWiFiについて比較をして悩んだのですから、一番得をする方法を選んでいただきたいです。

キャンペーンサイトというのは、どこにでも入り口があるわけでもなく、普通に検索で出てくるわけではありません。当サイトからはキャンペーンサイトへ行けるようになっています。

ぜひ、契約を考えておられる方は当サイトをブックマークなどをしておき、契約したい時に契約したいサイトへ飛んでください。最もキャッシュバックなどの特典が大きくなる方法です。

もっと契約方法について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

>>契約方法についてもっと詳しく比較したい

キャッシュバックの裏側

キャッシュバックを用意しているポケットWiFiはWiMAXのみです。

このキャッシュバックはWiMAXの中でもプロバイダによって金額が変わります。

ただ、キャッシュバックのもらえる期間というのが1年先のプロバイダがほとんどで、もらう為の手続き自体も大抵が11ヶ月先に届いたメールを開けて、そこから受け取り手続きを行うものがほとんどです。

長く続けてもらって、赤字にならないようにするための工夫ではありますが、少々長いのでキャッシュバックの受け取りを忘れる方もおられます。

メールの届く先は日頃使わないようなメールアドレスになっており、忘れるリスクも上がってしまうということです。

キャッシュバックの受け取りを忘れがちなプロバイダ3選

  1. so-netモバイルWiMAX2+
  2. GMOとくとくBB WiMAX2+
  3. 3WiMAX

なぜこの3社が上がるのかというと、ダントツに受け取り手続きのメールが届くのに時間がかかるからです。

so-netモバイル
WiMAX2+
13ヶ月目に
メールが届く
GMOとくとくBB
WiMAX2+
11ヶ月目に
メールが届く
3WiMAX 11ヶ月目に
メールが届く

さすがに1年間も何もできないと忘れてしまいますよね。

キャッシュバックの受け取り忘れの少ないプロバイダ2選

こういった受け取りにくいプロバイダがある反面、非常に受け取りやすくしてくれているプロバイダやそれならばと通常の月額を安く設定しているプロバイダもあります。

それは、”Biglobe WiMAX“や”UQ-WiMAX”のこの2社です。

Biglobe
WiMAX
1週間目に届く
アンケートに回答
キャッシュバック
20,000円
@nifty
WiMAX
8ヶ月目に届く
メールから
キャッシュバック
20,000円
更に!
3ヶ月無料
UQ
WiAMX
自動で商品券が
送られてくる
商品券
3,000〜10,000円分

WiMAXを選ばれる方は、必ずプロバイダの情報はシッカリと確認する事をお勧めいたします。

また口コミなども正直あてにならないので、ご自身で調べて情報を手に入れて、ここなら大丈夫そうだな!

と思うところにされる事をおすすめします。

ポケットWiFiの比較をする前に知っておくべき事のまとめ

以上が、ポケットWiFiを比較するまでに知っておいた方が良い事になります。

こういった情報を知っているからこそ、キャッシュバック金額につられることもなくなりますし、繋がりやすさなどの見極めるポイントなどを見てもらえると思います!

ぜひ役に立ててくださいね!

ポケットWiFiの比較一覧

もちろん、各種それぞれで比較で詳しく解説もしております。

ここで100%覚える必要はありませんが、こういったところ大事だったよねー!というぐらいに頭の隅にでもおいておいていただけると幸いです。

自分に合うポケットWiFiを見つける比較を行って、損のない選択をしていただけると幸いです。

ポケットWiFi比較サイトについて

今までにいろんなポケットWiFiを利用し、家電量販店などで販売をしてきた経験から、ポケットWiFiの専門家として、皆さんが知りたい得してシッカリ満足に使えるポケットWiFiを徹底比較をしてご紹介しようという主旨で運営をさせていただいております。

ポケットWiFiは内容が難しく少々理解に苦しむところもあるかもしれませんが、できるだけ分かりやすく丁寧に説明をさせていただいているのでご安心して読み進めて頂ければ幸いです。

恐らく、ポケットWiFi系の情報サイトとしては、最も情報量が多く、様々な角度で情報を掲載しているサイトだと思います。もし分からない事があっても全てこのサイトで解決できるかと思いますので、何か不明なことがあれば、サイト内検索をお使いください。

それでは、このサイトで後悔をしないポケットWiFiを選んで頂けれるようサポートするので、もしわかりにくい事などあればお気軽にお問合せくださいね!

→ ポケットWiFi比較の専門家情報(運営者)

キャッシュバックで選ぶオススメ比較5選

プロバイダ名 5段階評価 比較での一言コメント
oukan1GMOとくとくBB ★★★★★ キャッシュバック最高額!キャッシュバックで選ぶならこれ
oukan2@nifty WiMAX ★★★★★  キャッシュバックは比較的受け取りやすく、割引も加味すると1番かも。
oukan3Biglobe WiMAX ★★★★★   キャッシュバックの受け取り安さならこれ!
oukan_rankingSo-netモバイルWiMAX2+ ★★★★   セキュリティーとサポートを選ぶならこれ!
oukan_rankingDTi WiMAX ★★★  可もなく不可もなく。

月額の安さで選ぶオススメ比較5選(7GB制限あり)

プロバイダ名 5段階評価 比較での一言コメント
oukan1Yahoo!WiFi ★★★★★ 確実に最安値!電波もLTEで繋がる。
oukan2Broad WiMAX
★★★★★  2年契約では最安値!プラン変更もできる。
oukan3GMOとくとくBB
★★★★★   BroadWiMAXと同じぐらい安い。
oukan_rankingBroad LTE ★★★★★  504HWが無料!月々2800円代で使える!
oukan_rankingso-netモバイルWiMAX2+ ★★★  可もなく不可もなく。

月額の安さで選ぶオススメ比較5選(7GB制限なし)

プロバイダ名 5段階評価 比較での一言コメント
oukan1Broad WiMAX
★★★★★ 2年契約で平均3,200円代で使える
oukan2GMOとくとくBB
★★★★★  2年契約では最安値!プラン変更もできる。
oukan3@nifty WiMAX ★★★★★   2年契約で3ヶ月無料でキャッシュバックもでかい!
oukan_rankingスマモバ
★★★★★  ドコモのLTEが使える!ずっと3,980円
oukan_ranking3WiMAX ★★★★★ 2年間の総負担額最安値

2年間での総負担額で選ぶオススメ比較5選

プロバイダ名 5段階評価 比較での一言コメント
oukan1Yahoo!WiFi ★★★★★ 3年契約で7GB制限もあるが、LTEで繋がり最安値。
oukan2@nifty WiMAX ★★★★★  7GB制限なしでW03を選ぶなら2年間総負担額が最安値
oukan3Broad LTE ★★★★★  3年契約で7GB制限あるが、LTEで繋がる
oukan_rankingGMOとくとくBB
★★★★★  7GB制限なく、キャッシュバックは最高額
oukan_rankingso-netモバイルWiMAX2+
★★★★★ 月額が安くキャッシュバックもある。サポートは最高レベル。