人気ランキング

ポケットWiFiを申込された数の多い順のランキングです。

    1. GMOとくとくBB

      GMOとくとくBB2018年

      月額 4.5
      特典 5.0
      サポート 4.0
      総負担額 5.0
      実質月額:
      2,792円(WX03選択時)
      キャンペーン:
      最大40,800円キャッシュバック

      POINT!キャッシュバック最高額!東証1部上場のGMOだから安心! もし電波が入らなくても20日以内だったらキャンセル無料!

       

      毎月の通信制限もなく、通信制限が嫌な方にとって最高のポケットWiFiです。 これを選べば間違いない!

       

      実はGMOとくとくBBはキャッシュバックだけでなく、月額割引も非常にお得です!2年契約のある今だからこそ、面倒な受け取り手続きもなしで安く利用できます。ぜひご覧くださいね!
      → GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン情報

      おすすめどころ
      • キャッシュバック最高額!
      • 実質負担額が最安値!
      • 端末無料!
      • 月の通信制限なし!使い放題!
      • 即日配送対応!
      • 2年契約端末がある!

    1. カシモWiMAX

      カシモWiMAX

      月額 5.0
      特典 4.0
      サポート 5.0
      2年間総負担額 4.5
      実質月額:
      3,213円
      キャンペーン:
      月額大幅割引!

      POINT!キャッシュバックは無いのでお得さは感じないかもしれません。しかし、月額料金面でみれば非常に大きなメリットがあるので、純粋にやすく利用したい人には最適なポケットWiFiです。

       

      また、キャッシュバックが魅力的でGMOとくとくBBを過去に契約したことがある人は、キャッシュバックがもらえないので、最適な乗り換え先とも言えます。

      おすすめどころ
      • キャッシュバックの面倒な受け取り不要!
      • 確実に得ができて安い!
      • 解約がしやすい
      • 単純に安い

    1. Biglobe WiMAX

      biglobewimax2018

      月額 4.0
      特典 4.5
      サポート 5.0
      2年間総負担額 4.5
      実質月額:
      2,948円(WX03選択時)
      キャンペーン:
      キャッシュバック

      POINT!Biglobe WiMAXの最大の特徴は、口座振替が利用できるところです。WiMAXは基本クレジットカード払いの為、クレジットカードを持っていない方に非常に重宝されています。

       

      また、キャッシュバックの受取方法も、現在あるプロバイダの中で最も簡単です。キャッシュバックの受け取り忘れを防ぎたい方、口座振替による支払いをしたい方にオススメです。

      おすすめどころ
      • とにかくキャッシュバックが受け取りやすい!
      • 大手で安心のサポート!
      • 口座振替が利用しやすい!

ポケットWi-Fi比較と損をしない選び方

ポケットWiFiは家で使いますか?それとも、ポケットWiFiは外で使いますか?

もし、アナタがポケットWiFiの契約を考えているのであれば、何が安いのかわかりにくいんだよねーという方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、「ポケットWiFi」はイーモバイル(ワイモバイル)の商標ということはご存知でしょうか?

ただ最近では、ポケットWiFi=WiMAXや持ち運び出来るWiFiルーターの名称で世間一般的に呼ばれています。そのため、当サイトでは、WiMAXもモバイルWiFiルーターも含めてポケットWiFiという呼称とさせていただきます。


ポケットWiFiとはWiMAXやモバイルWiFiルーターの一般名

 

では、本題に戻りますが、

ポケットWiFiをキャッシュバックのお得さで選ぼうとしていませんか!?

実はその選び方だと損をするかもしれません!

ポケットWiFiは使い方やスマホキャリア、求める性能によって選ぶものが人によって全然違うんです。
特に、回線の種類やプロバイダのことを知るだけで「えーーー!自分にはこっちのほうが得じゃないか!」と発見があるものです。

wifiおじさん3

今回、ポケットWiFiの選び方で悩んでいる方に「損をしないポケットWiFi」を知ってもらうために、「選び方」「キャンペーン」「料金」について簡単にわかり、比較をできる記事を書きました。

とりあえず、アナタに合ったポケットWiFiが分かるように簡単に説明しているので、5分もあればアナタへのおすすめが分かります

それでは、見ていきましょう。

※すぐにランキングを見たい人は下のバナーをクリックしてください。

ポケットWiFiのランキング

 

ポケットWiFiはそれぞれ何が違うの?

ポケットWiFiといっても色々あります。

まずは基本となるWiMAXとワイモバイルの違い、みんな気になる速度制限、通信速度などの違いについてカンタンに解説します。

WiMAXとY!mobileの違い

wimaxとY!mobileの違い

ポケットWiFiは大きく2種類に分けられます。
それは「WiMAX」「Y!mobile」の2種類です。

※厳密にはau,docomo,softbankなどのキャリア、格安sim系のものもあります。

ただし、WiMAXとY!mobileのシェア率が圧倒的に多いので、ここから先はこの2種類をメインに説明させていただきます。

WiMAXとワイモバイルの決定的な違いは「回線」で、WiMAXは都会に強く速いWiMAX回線Y!mobileは地下や田舎にLTE回線を利用しています。

ちなみにWiMAX回線は、現在WiMAX2+という回線にグレードアップしています。

回線種別 特徴
WiMAX回線 速い

都会に強い

地下に弱い

LTE回線 普通

田舎に強い

地下に強い

この回線の違いは、回線特有の周波数帯によるもので、WiMAX回線は一度に多くのデータ通信を高速に行えるが遮蔽物があると反射するLTE回線は速くはないけど遮蔽物を避けることができるという差があります。

ポケットWiFiのWiMAX回線とワイモバイル回線の違い※画像はイメージです。

※WiMAXはオプションでauのLTE回線も利用することができます。

通信速度の違い

ポケットWiFiの通信速度の違いは、利用場所や端末などによって大きく異なるため、どれが速いと言えるものでは無いので計測することができません。

とはいっても目安は必要なので、私が利用しているWiMAXの速度であれば確認できるようにしました。

WiMAXの実際の通信速度

WiMAXは、平均20Mbpsほどの速度が出ており、遅く感じることはありません。

なぜなら、huluやU-NEXTを利用して映画などの動画を見たりすることもありますが、サクサクと高画質動画が見れており、ストレスを感じることが無いからです。

速度制限(データ通信容量制限)の違い

回線ごとに速度制限が決まっています。

ポケットWiFiの回線は大きくWiMAX回線とLTE回線の2種類あるとお伝えしましたが、それぞれの回線種別で速度制限の違いを見ていきましょう。

回線の種類 速度制限
1ヶ月 3日間
WiMAX回線 無制限 10GB
LTE回線 7GB 3GB
wifiおじさん3

回線の違いのところで、au,docomo,softbankもあると伝えたけど、どの会社も1ヶ月7GB,3日間3GBの制限になっているのは知っておいてね

ということは、WiMAXだけがほぼ無制限でインターネットを利用できるのか?というとそうでもありません。

まだまだ普及していない回線にAXGP回線というものがあります。
この回線はY!mobile、Softbankの2社が利用しており、WiMAX回線同様に1ヶ月の速度制限はありませんが、まだまだエリアが狭いので、満足にインターネットを使い放題にできるわけではありません。

ただ、今後は増えてくる可能性もありますが、今のところはまだまだ時間がかかるので、知識として知っていただくだけで十分です。

 

次に、気になる料金についてご説明します!

ポケットWiFiの料金はどう違うの?

ポケットWiFiの料金は、スマホやプラン、プロバイダにより毎月1000円単位で違ってくるので、一つ一つ解説します。

ちなみに、WiMAXとY!mobileの2種類が圧倒的なシェアを誇るとお伝えしましたが、ここからはあえて「au」,「docomo」,「softbank」も交えつつ説明します。

契約しているスマホのキャリアで料金が違う

ポケットWiFiには、今まさにアナタが利用しているスマホのキャリアとの組み合わせにより、特別な割引が適用されることがあります。

ただし、docomoスマホユーザーには割引がありません。

auスマホユーザーは最大1000円割引

auスマホユーザーはWiMAXを利用することで、auスマホの月額利用料から最大1000円の割引が受けられるようになります。

条件は、同一名義であることだけです。また契約しているデータ通信し放題プランの容量により割引額が変わります。

Softbankユーザーは最大2000円割引

softbankスマホユーザーは、SoftBankのポケットWiFiかSoftBankAirを利用することで、softbankスマホが最大2000円割引になります。

条件は、同一名義であることです。ただし、割引キャンペーンがやっていないこともあります。

 

上記でお伝えしたキャリアの特別割引は少し頭に入れておいていただくと、この後の料金が理解しやすくなります。

 

それでは次に、プランによる料金の違いをご説明します。

プランによる料金の違い

WiMAXのプラン

WiMAXには2つのプランがあり、WEB上で最も売れているであろうプロバイダ(GMOとくとくBB)の料金でご説明させていただきます。

GMOとくとくBB
WiMAX2+
ギガ放題プラン
(無制限)
ライトプラン
(7GB制限)
auスマホ割引 -1000円 ×
キャッシュバック 34,000円 34,000円
1~2ヵ月 3,609円 3,609円
3~24ヵ月 4,263円
実質月額 2,792円 2,192円
2年合計 67,004円 52,616円

※GMOとくとくBB WiMAXは2年契約で使えますが、UQ WiMAXなどは3年契約です。
※GMOとくとくBB2018年3月のキャンペーン内容から

圧倒的にギガ放題を契約される方が多いので、ベースは2,917円だと考えましょう。

⇒ WiMAXの最安値プランを見る

Y!mobileのプラン

Y!mobileは7GB制限のあるプランでないと満足に利用できない可能性が高いので、7GB制限のある通常のプランで料金を見ましょう。

Y!mobile Pocket WiFiプラン2 さんねん
(7GB制限)
スマホ割引 ×
キャッシュバック なし
月額料金 3,991円
3年合計 143,676円
本体代 実質無料
(分割払い)

※Y!mobileは基本3年契約です。

Yahoo!WiFiというもう少し安いプランのY!mobileもありますが、端末のバッテリーが5時間ほどと弱く、電波の受信強度も現在の端末の中では弱いほうではあります。

その場合は、1年間1980円で残り2年間は2480円です。
※月額462円のYahoo!プレミアムオプション加入必須です。

オプション費用も計算にいれると3年合計99,912円になります。

⇒ Y!mobileのプランの詳細

docomoのポケットWiFiのプラン

docomo(ドコモ)のポケットWiFiは一番高いです。

docomo データMパック
(5GB)
ウルトラデータLパック
(20GB)
スマホ割引 × ×
キャッシュバック × ×
基本料 1,200円 1,200円
月額料金 5,000円 6,000円
プロバイダ料 300円 300円
実質月額 6,500円 7,500円

料金を見ていただくと一目瞭然ですが、月額料金は圧倒的に高くWiMAXの2倍にものぼります。

電波の都合もワイモバイルと比較してもほとんど変わり無いので、docomoのポケットWiFiを選ぶのであれば、Y!mobileのポケットWiFiを契約するほうがお得です。

⇒ docomoのポケットWiFiのプラン詳細

auのポケットWiFiのプラン

au(エーユー)のプランはWiMAXと同じですが、月額料金はWiMAXの中では最も高額です。

au for DATA EX for DATA
スマホ割引 -1000円 ×
キャッシュバック × ×
月額料金 4,380円 3,696円
2年合計 105,120円 88,704円

WiMAXとプランとスマホの割引も同じです。

ただ月額料金の大幅な割引がないため、実際に支払う金額は最も高くなります。

そのため、あえて選ぶ必要はないでしょう。

⇒ auのポケットWiFiの詳細

SoftBankのポケットWiFiのプラン

Softbank Hybrid 4G LTE対応料金プラン
(7GB制限)
スマホ割引 ×
キャッシュバック ×
月額料金 3,696円
3年合計 133,056円

SoftbankのいポケットWiFiの回線はY!mobileと同じ回線を利用しています。

そして、Softbankスマホの割引もないので、特に契約するメリットは無いといっても過言ではないでしょう。

⇒ SoftBankのポケットWiFiのプラン詳細

契約するプロバイダによるポケットWiFiの料金の違い

ポケットWiFiのプロバイダによる料金の違いは、WiMAXの料金の違いと言い換えられます。

wifiおじさん3

ギガ放題などによるネット使い放題を望んでいる方は、WiMAXを選ぶことになるので、ここの料金比較は重要だよ!

それでは見てみましょう!

プロバイダ実質月額キャッシュバック特典
GMOとくとくBB
(WX03)
2年契約
2788円34100円CB
GMOとくとくBB
(W04)
2年契約
2829円33100円CB
GMOとくとくBB
(W05)
2年契約
2863円32300円CB
So-net
(W05,WX04)
3年契約
3046円30000円CB
BIGLOBE
(W04,WX03)
2年契約
3073円30000円CB
割引
GMOとくとくBB
(W05)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
お得コース
(W04)
2年契約
3132円0円割引
カシモWiMAX
(W04,L01)
※auスマートバリューmine加入不可
2年契約
3213円0円割引
GMOとくとくBB
(W05,W04,WX03,L01s)
2年契約
3281円0円割引
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3302円0円割引
GMOとくとくBB
(W04)
3年契約
3321円32600円CB
GMOとくとくBB
(W05,L01s)
極みコース
2年契約
3368円0円割引
BIGLOBE
(W05,WX04,W04,L01s)
3年契約
3509円30000円CB
BroadWiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3573円0円割引
DTi WiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3695円30000円割引
UQ WiMAX
3年契約
3878円10000円CB
DTi WiMAX
(WX03)
2年契約
4233円0円割引
ケーズデンキ
3年契約
4241円5000円CB
エディオンネット
(エディオン)
3年契約
4241円5000円CB
BicWiMAX
(Bicカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
@nifty WiMAX
(W04,WX03,L01)
2年契約
4265円0円割引
ギガ放題プラン(データ通信ほぼ使い放題のプラン)加入した場合の現在のキャンペーンを含めた実質月額料金です。

実質月額料金は下記の計算方式に基づき算出しております。
(実質月額料金=必須契約年数の合計金額-キャッシュバック金額÷必須契約月数)

現在、2年間での実質月額料金が安いプロバイダはGMOとくとくBBです。

WiMAX回線はUQ-WiMAX(UQコミュニケーションズ)がサービス提供しているのですが、UQ-WiMAXはキャンペーンの薄さと月額料金の割引がないため、料金の高いプロバイダといえます。

ざっくりですが、この表でプロバイダによるWiMAXの料金の違いをお分かりいただけたかと思います。

 

ただし!!安さだけがすべてではありません!

ここからはポケットWiFiの選び方を詳しくご説明します。

損しないポケットWiFiの選び方

さて、先ほどもお伝えしたように、ポケットWiFiはキャッシュバックや値段だけで選ぶと、後で「こんなにキャッシュバックの受け取りが面倒だとは思わなかった!」「オプションを外すのが面倒くさすぎる」となることがあります。

だからこそ、選び方は重要です!

まず最初に利用する回線を選ぶこと

最初にお伝えしたWiMAXとY!mobileの回線の違いは覚えてますか?

もう一度おさらいをしてみましょう!

回線種別 特徴
WiMAX回線 速い

都会に強い

地下に弱い

LTE回線 普通

田舎に強い

地下に強い

WiMAX回線は、地下や田舎の山側などに多少弱いとお伝えしましたね!

ただ、その代わりに大きな特徴がもう一つあったのは覚えていますか?

回線の種類 速度制限
1ヶ月 3日間
WiMAX回線 無制限 10GB
LTE回線 7GB 3GB

そうです!

WiMAXはギガ放題プランを選べば1ヶ月間のデータ容量制限なくたくさんネットを利用できるんです。

だからこそ、動画も映画も音楽も、WiMAXなら見放題・聞き放題なんです。

 

Y!mobileに関しては、田舎や海側でも地下でも、スマホと同じLTE回線を利用しているので基本的に県外になるエリアは少ないです。しかし、データ通信制限があるので、たくさんインターネットをしたい人には不向きです・・・。

wifiおじさん3

そうはいってもWiMAXもたいていの場所では繋がるよ!基準は地下で使うかどうかで判断すればいいよ!

ただ、WiMAXを選ぶときには必ず住んでいる場所が利用可能なエリアか、ネットですぐに確認できるのでまずは確認してくださいね!

⇒ WiMAXのエリア調査(WiMAX2+を選んで調査してください)
※Google Chromeではフラッシュが対応していないので見れません。safariかinternet explorerの利用を推奨します。

⇒ Y!mobileのエリア調査

プロバイダの特典は自分にあったお得を選ぶこと

おそらく、WiMAXを選ぶ方がほとんどではないでしょうか。

そしてWiMAXには、キャッシュバックや月額料金割引がガッツリとあります。

しかし、人によってはキャッシュバックの受け取りが上手にできず、損をする可能性があります。そんな方であれば、月額料金を大幅に割引してくれているキャンペーンをしているプロバイダを選ぶほうが好ましいですよね。

逆に、キャッシュバックで大幅に得をしたい方は、キャッシュバックが大きく2年間の総負担額が安いプロバイダを選ぶのが良いでしょう!

だからこそ、見た目の安さに気を取られずに、しっかりとアナタが得できるポケットWiFiを選ぶのが大切です!

WiMAXのキャッシュバック特典の比較表

201712cashbackcampaine

※通常プランを選ぶ際はギガ放題の割引時の月額料金が2年間続きます。

WiMAXの月額大幅割引キャンペーンの比較表

cashcampaine2years

※通常プランを選ぶ際はギガ放題の割引時の月額料金が2年間続きます。

ポケットWiFiの端末は最後に選ぶこと

ポケットWiFiの端末を選ぶのは最後

ポケットWiFiの端末は、プロバイダを選んだ後に選ぶのが基本です。

なぜなら、ポケットWiFiの端末はデザインも違えば、バッテリーの持ちも違いますが、利用をする際に大きな違いがでるのは、バッテリーの持ちと利用できる回線の違いの2つぐらいです。

実際、端末を選ぶ時には、どんな使い方をしたいのかが明確になっているはずなので、消去法で選択肢が絞られているはずです。

口座振替を希望する場合、選べるプロバイダに制限あり

ポケットWiFiの支払い方法は基本クレジットカード払いです。

クレジットカード払いだけだと、クレジットカードを持っていない人は契約できないですよね。

そんな人のために、口座振替が選択できるポケットWiFiは3社だけあります。

口座振替可能なポケットWiFi

BroadWiMAXに関しては、口座振替を選ぶと初期費用で18,000円ほどかかってしまいますので、損をしてしまいます。

そのため、口座振替できるオススメのポケットWiFiはBIGLOBE WiMAXです。

※デビット払いやVISAデビット払いもできませんのでお気をつけくださいね。

 

さて、ここまでは損をしないポケットWiFiの選び方をお伝えしてきました。

ただ、結構な割合で間違えた損をする選び方をする人もいるので、ちょっとだけご紹介させていただきます。

間違ったポケットWiFiの選び方

間違った選び方をすると、安いポケットWiFiを選んだつもりでも全く使い物にならない可能性や2年間で5万円ほどの損をする可能性も考えられます。

特に注意すべき選び方はこれです。

  • キャッシュバックだけで選ぶ
    キャッシュバックだけのお得さにつられると、ものすごく受け取りが面倒なプロバイダを選んでしまう可能性があります。
    また、受け取りが面倒なだけでなくキャッシュバックを受け取れない可能性もあり、後で損をする可能性もあります。ただ、対策はありますので後でご紹介させていただきます。

  • 端末から選ぶ
    端末だけで選んでしまうと、通信制限を気にしているのにY!mobileを選んでしまったり、利用したい回線を利用できない可能性があります。

契約してから冷静に考えてみたらわかることばかりではありますが、契約を考えているときって不思議と冷静ではなくなってることって多いですよね!

だからこそ、ポケットWiFiを選ぶときは、この2つの選び方だけは避けるようにしてくださいね!

 

ではここから、しっかりと選んでいきましょう!

端末によって何がどう違うの?

ここからは具体的に端末の違いをご説明します。

サイズや重さ、理論上の速度やバッテリーの持ちなど様々な差はありますが、ざくっとわかっていれば問題ありません。

やっぱり一番重要なのは、その端末を利用してどんな将来が得られるのか?ではないでしょうか。

それでは見ていきましょう。

WiMAX端末(au)

wimaxの端末

W05

W05 ホワイトシルバー

端末名 Speed Wi-Fi NEXT W05
製造元
メーカー
HUAWEI
通信速度 最大708Mbps
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
寸法 約130×55×12.6mm
重さ 約131g
バッテリー 約9時間
カラー ホワイトシルバー
ブラックライム

W05は下り速度と上り速度が全端末中最速です。最速にできた技術は、WiMAX2+とau4GLTEの回線を束ねて通信できるようになったことです。

※au4GLTE回線の利用には毎月1008円かかり、ギガ放題に加入していても7GB制限がかかりますので注意してください。

基本契約期間は3年ですが、GMOとくとくBBのみ2年契約可能です。

新しい端末をお得に契約したい方には最適な端末です。

⇒ W05の詳細情報

WX03(おすすめ)

WX03

端末名 Speed Wi-Fi NEXT WX03
製造元
メーカー
NECプラットフォームズ株式会社
通信速度 最大440Mbps
対応回線 WiMAX 2+
寸法 約W99×H62×D13.2mm
重さ 約110g
バッテリー 約10時間
カラー ホワイトゴールド
ディープパープル

WX03は2年契約に対応しているWiMAX端末の中でバッテリーの持ちが最高クラスです。

2番目にお勧めの端末です。

⇒ WX03の詳細情報

W04

W04

端末名 Speed Wi-Fi NEXT W04
製造元
メーカー
ファーウェイ株式会社
通信速度 最大440Mbps
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
寸法 H130×W53×D14.2mm
重さ 約140g
バッテリー 約9時間
カラー ホワイト
グリーン

W04は性能はいたって普通ですが、細長いタイプの端末で鞄の中に入れてもかさばらないので携帯性が良いです。

また何より、キャッシュバック金額が高いなど、今最もおすすめできる端末です。

⇒ W04の詳細情報

WX03とW04はどっちがいいのか?

よくWX03とW04で悩まれる方がおられます。

WX03はバッテリーの持ちが良い、W04はキャッシュバックなどの特典が良いといった違いがあり、性能的な差も少しだけあります。

だからこそ、どちらがいいのかわからなくなる方が多いようです。

そんな方のために、比較をしてみましたので、悩んだ場合はこちらをご覧ください。

⇒ WX03とW04の比較

WX04

WX04

端末名 Speed Wi-Fi NEXT WX04
製造元
メーカー
NECプラットフォームズ株式会社
通信速度 最大440Mbps
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
寸法 約W111×H62×D13.3mm
重さ 約128g
バッテリー 約11時間
カラー アクアブルー
クリアホワイト

WX04はバッテリーの強さが特徴ですが、契約期間が3年からなのが弱点です。

そのためか、価格.comでも評価が低いので、今はまだ選ばなくてもよい端末かもしれません。

⇒ WX04の詳細情報

W05とほかの端末で悩んでいる方

W05は最新端末であり、上りも下りも規格上は最速となっていますが、実際のところの速度差はないといっても過言ではありません。

では実際にどの端末を選べばよいのか悩むことかと思いますので、具体的にW05とほかの端末で比較を行ってみました。

とくにギガ放題を選ぶことを前提として、端末を選ぶ方はご覧ください。

⇒ W05とWX04などを5つのポイントで比較

Home L01

HOME L01

端末名 Speed Wi-Fi Home L01
製造元
メーカー
NECプラットフォームズ株式会社
通信速度 最大440Mbps
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
寸法 約W111×H62×D13.3mm
重さ 約128g
バッテリー 約11時間
カラー アクアブルー
クリアホワイト

Home L01は、持ち運び用ではなく、家の中で利用することを想定とした置くだけWiFiです。

置くだけWiFiにはSoftbankのものもありますが、少しポケットWiFiとはジャンルが違うので、置くだけWiFiを選ぼうと考えておられる場合は、置くだけWiFiの比較ページをご覧ください。

⇒ 置くだけWiFiの比較(SoftBank AirとWiMAXで比較)

 

Y!mobile端末(softbank)

Ymobileの端末

601ZT

601ZT

端末名 601ZT
製造元
メーカー
ZTE
通信速度 最大112.5Mbps
対応回線 LTE
AXGP
寸法 約W71×H71×D14.2mm
重さ 約93g
バッテリー 約8時間
カラー ホワイト
ブルー
ピンク

601ZTはコンパクトで軽い端末ですが、利用できるプランが「ポケットWiFiプラン2ライト(5GBまで)」のみになっており、安く利用できる反面、非常に速度制限に掛かりやすい端末といえます。

603HW

603HW

端末名 603HW
製造元
メーカー
ファーウェイ株式会社
通信速度 最大612Mbps
対応回線 LTE
AXGP
寸法 約W109.9×H65.1×D15.5mm
重さ 約135g
バッテリー 約6時間
カラー ホワイト
ブラック

603HWはY!mobileの中では非常に高性能な端末となり、理論上の速度も最速クラスです。

Y!mobileの通信制限なしのプランを利用してみたい方はこの端末がオススメです。

しかし、通信電波は圧倒的にWiMAXのほうが強いので、通信制限なしプランを利用する場合はWiMAXをおすすめします。

506HW

506HW

端末名 506HW
製造元
メーカー
ファーウェイ株式会社
通信速度 最大112.5Mbps
対応回線 LTE
au 4G LTE
寸法 約W90.9×H56×D13mm
重さ 約75g
バッテリー 約6時間
カラー ブラック

506HWは、Y!mobileの端末の中で最も軽く、液晶など無駄なものは一切無くしたシンプルな端末です。

Yahoo!wifiの安いプランのほうでも採用されている端末で、少しネットが利用できればいい!という方に最適といえます。

Yahoo!wifiについてはこちらをご覧ください。

⇒ Yahoo!WiFiをみてみる

今、安くて人気のあるポケットWiFi

それではここから、実際に安いおすすめのポケットWiFiをご紹介させていただきます。

それは、「GMOとくとくBB WiMAX」です。

GMOとくとくBB2018年

GMOとくとくBBはポケットWiFi全体でみてもキャッシュバック最高額でありながら、オプションの加入は必要だけど無料のため損がありません。

またオプションはWEB上で外すことができるので、わざわざつながりにくいコールセンターに電話する必要もありません。

それに加え、月額料金も大幅に割引してくれおり、非常に安くお得に利用できます。

 

wifiおじさん3

WiMAXは時期によりキャッシュバック金額が違うけど、「GMOとくとくBBはいつみても最安値級」になっているんだよ!

ただ1点だけ、注意があります。

それは、キャッシュバックの受け取りを失敗すると、損をしてしまうことになります。

だからこそ、キャッシュバックを受け取るための対策が必要になります。それは次で紹介していますので興味のある方は絶対にお読みいただくことをお勧めします。

⇒ キャッシュバックを確実に受け取るための方法

⇒ GMOとくとくBBのキャッシュバックを見てみる

 

キャッシュバックは必要ないから、もっと月額料金の安いポケットWiFiは無いの?という方も少なくはないでしょう。

そんな方のために、単純に月額料金が圧倒的に安いポケットWiFiをご紹介します。

 

それではみていきましょう!

損をするリスクが少ない月額料金割引キャンペーンへのススメ

さて、月額料金の安いポケットWiFiというと、キャンペーンで月額得料金を大幅に割引しているWiMAXプロバイダのことです。

早速、下記の表をご覧下さい。

cashcampaine2years

勝手に送ってくれるもの、受け取りが非常に簡単なものを除いて、キャッシュバックはありませんが単純に支払う金額が安いです。

ただ少しだけキャッシュバックキャンペーンよりも2年間で見たときの実質総負担額は高くなってしまいますが、キャッシュバックの受け取り手続きをしなくて良いなどのメリットがあります。

基本的に月額料金割引を行っている会社は、「GMOとくとくBB WiMAX」「So-netモバイルWiMAX2+」「カシモWiMAX」が常連で、逆にいえばこの3社のいずれかを選べば損はしないですよ。

wifiおじさん3

一つだけ注意があるよ!auスマホユーザーはカシモWiMAXを選んではいけないよ!なぜなら、スマートバリューmine(毎月最大1000円スマホが安くなる割引サービス)に対応していないんだよ・・・。ただ、docomoやSoftbankの人にとっては安くなるからオススメするよ!

⇒ GMOとくとくBBの口コミはこちら

⇒ So-netモバイルWiMAX2+の口コミはこちら

⇒ カシモWiMAXの口コミはこちら

ポケットWiFiのキャッシュバックと月額料金を合わせた比較

キャッシュバックを総負担額から差し引きして、どのプロバイダが最もお得なのか?が分かる比較表を作成しました。

プロバイダ実質月額キャッシュバック特典
GMOとくとくBB
(WX03)
2年契約
2788円34100円CB
GMOとくとくBB
(W04)
2年契約
2829円33100円CB
GMOとくとくBB
(W05)
2年契約
2863円32300円CB
So-net
(W05,WX04)
3年契約
3046円30000円CB
BIGLOBE
(W04,WX03)
2年契約
3073円30000円CB
割引
GMOとくとくBB
(W05)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
お得コース
(W04)
2年契約
3132円0円割引
カシモWiMAX
(W04,L01)
※auスマートバリューmine加入不可
2年契約
3213円0円割引
GMOとくとくBB
(W05,W04,WX03,L01s)
2年契約
3281円0円割引
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3302円0円割引
GMOとくとくBB
(W04)
3年契約
3321円32600円CB
GMOとくとくBB
(W05,L01s)
極みコース
2年契約
3368円0円割引
BIGLOBE
(W05,WX04,W04,L01s)
3年契約
3509円30000円CB
BroadWiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3573円0円割引
DTi WiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3695円30000円割引
UQ WiMAX
3年契約
3878円10000円CB
DTi WiMAX
(WX03)
2年契約
4233円0円割引
ケーズデンキ
3年契約
4241円5000円CB
エディオンネット
(エディオン)
3年契約
4241円5000円CB
BicWiMAX
(Bicカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
@nifty WiMAX
(W04,WX03,L01)
2年契約
4265円0円割引
ギガ放題プラン(データ通信ほぼ使い放題のプラン)加入した場合の現在のキャンペーンを含めた実質月額料金です。

実質月額料金は下記の計算方式に基づき算出しております。
(実質月額料金=必須契約年数の合計金額-キャッシュバック金額÷必須契約月数)

GMOとくとくBBは大手にも関わらず、実店舗を持っていない代わりに、WEB上で契約数を増やすことに力を入れており、毎月他のプロバイダよりもお得なキャンペーン内容にしてきています。

今からポケットWiFiを契約しようと考えている人からすると、ただただお得なプロバイダに見えますが、元家電量販店で通信回線を販売していた私からすると、ものすごい企業努力をしていることが分かります。

ただ、キャッシュバックの受け取りには少しコツが必要なので、GMOとくとくBBにしようと考えている方は、「必ず得するGMOとくとくBBの契約方法」をご覧ください。

GMOとくとくBBの特設キャンペーンページへはこちらから飛べます。
⇒ GMOとくとくBBのキャンペーンページ

クラウェブの人気ランキングBEST3

クラウェブのポケットWiFiを見て契約されたポケットWiFiの数の多い順に並べています。

    1. GMOとくとくBB

      GMOとくとくBB2018年

      月額 4.5
      特典 5.0
      サポート 4.0
      総負担額 5.0
      実質月額:
      2,792円(WX03選択時)
      キャンペーン:
      最大40,800円キャッシュバック

      POINT!キャッシュバック最高額!東証1部上場のGMOだから安心! もし電波が入らなくても20日以内だったらキャンセル無料!

       

      毎月の通信制限もなく、通信制限が嫌な方にとって最高のポケットWiFiです。 これを選べば間違いない!

      おすすめどころ
      • キャッシュバック最高額!
      • 実質負担額が最安値!
      • 端末無料!
      • 月の通信制限なし!使い放題!
      • 即日配送対応!
      • 2年契約端末がある!

    1. カシモWiMAX

      カシモWiMAX

      月額 5.0
      特典 4.0
      サポート 5.0
      2年間総負担額 4.5
      実質月額:
      3,213円
      キャンペーン:
      月額大幅割引!

      POINT!キャッシュバックは無いのでお得さは感じないかもしれません。しかし、月額料金面でみれば非常に大きなメリットがあるので、純粋にやすく利用したい人には最適なポケットWiFiです。

       

      また、キャッシュバックが魅力的でGMOとくとくBBを過去に契約したことがある人は、キャッシュバックがもらえないので、最適な乗り換え先とも言えます。

      おすすめどころ
      • キャッシュバックの面倒な受け取り不要!
      • 確実に得ができて安い!
      • 解約がしやすい
      • 単純に安い

    1. Biglobe WiMAX

      biglobewimax2018

      月額 4.0
      特典 4.5
      サポート 5.0
      2年間総負担額 4.5
      実質月額:
      2,948円(WX03洗濯時)
      キャンペーン:
      キャッシュバック

      POINT!Biglobe WiMAXの最大の特徴は、口座振替が利用できるところです。WiMAXは基本クレジットカード払いの為、クレジットカードを持っていない方に非常に重宝されています。

       

      また、キャッシュバックの受取方法も、現在あるプロバイダの中で最も簡単です。キャッシュバックの受け取り忘れを防ぎたい方、口座振替による支払いをしたい方にオススメです。

      おすすめどころ
      • とにかくキャッシュバックが受け取りやすい!
      • 大手で安心のサポート!
      • 口座振替が利用しやすい!

ポケットWiFiと固定回線で悩んでいるアナタへ

ポケットWiFiがいいのか固定回線がいいのか悩んでいるのであれば、一緒にそれぞれのネット回線でできることをおさらいしてみませんか?

ポケットWiFiでできること

ポケットWiFiでできること

ポケットWiFiは、家以外の場所でインターネットにつなぐことができるモバイル型のインターネット回線です。

  • カフェでパソコン仕事ができる
  • スマホの通信制限対策に利用できる
  • 電車の中でパソコンをインターネットにつなげることができる
  • テザリングだとバッテリーがすぐに無くなるから、スマホのバッテリー対策ができる
  • もちろん家の中でも使える
  • 引っ越しをするときに端末を持っていくだけで済む
  • 工事が必要ない
  • プロバイダの設定は不要

基本的には外でインターネットをするときに効果を発揮します。

光回線でできること

光回線でできること

光回線は、電柱についている光回線の装置から家もしくはマンションに光回線を引き込み、家の中まで配線をしてモデムをつなげるので、物理的に家の中でしか利用できないインターネット回線です。

  • 家の中なら速度制限を気にせずに高速通信が楽しめる
  • 電波環境に左右されない安定したインターネットが楽しめる
  • 充電を意識しなくてよい
  • 引っ越しをするときは引っ越し手続きが必要
    (この際違約金がかかることもある)
  • 開通までに時間がかかる(工事がある)
  • プロバイダの設定が面倒

固定回線は家の中での安定した高速通信が魅力です。

ただし、最近フレッツ光が夜だけ非常に遅くなるという問題がでています。

これはNTT回線を利用する光コラボの普及により、ユーザーが増えたことによる回線の混雑が主な原因といわれており、この原因を解消する術はNTTが設備の増強をすること以外にありません。

ただ、数億円でできるようなものでもないので、非常に時間がかかることは間違いありません

そのため、夜に回線速度が落ちるのを避けるのであれば、フレッツ光と光コラボは避けて、auひかり世界最速のNURO光にすることを推奨します。

ポケットWiFiは外と家の中、固定回線は家の中のみ

ポケットWiFiと固定回線の違いやできることできないことを簡単にお伝えしましたが、あなたはどちらが良いでしょうか?

私のおすすめはこんな分け方です。

  • 固定回線⇒家の中でしかインターネットをしない
  • ポケットWiFi⇒設定や工事はめんどう!どこでもネットがしたい

どちらを選んでも、アナタが決めたことに自信をもって楽しいインターネットライフを送ってくださいね!

心得ておくべし!ポケットWiFiは契約方法で3万円損することがある

結論から言うと、家電量販店で契約すると3万円以上も損をします。

家電量販店でもWiMAXやY!mobileは契約できます。しかし、プロバイダの選択肢がないことはご存知でしょうか?

例えば、ビックカメラであればBicWiMAX、ヨドバシカメラであればワイヤレスゲートといったプロバイダに固定されてしまいます。

そのため、今までみていた格安のプロバイダ料金で契約することができず、更には月額料金割引や高額キャッシュバックを受けることができません。

どのくらい変わるのか表を用意したので見てみましょう。

GMOとくとくBB BicWiMAX UQ-WiMAX
月額料金
(割引期間中)
1~2ヶ月

3,609円

なし 1~3ヶ月

3,696円

月額料金 3~24ヶ月

4,263円

1~24ヶ月

4,380円

4~24ヶ月

4,380円

キャッシュバック 最大32,000円 商品券

5,000円分

商品券

10,000円分

2年間の実質負担額 69,004円 100,120円 93,068円
実質月額 2,916円 4,172円 3,878円
最安から見た差額 最安! +30,116円 +23,064円
本体代金 0円 有料分割 1円~2,480円

更に本体代金が有料で2年間かけて支払う形になります。ただ同じだけの金額をプロバイダで割引して相殺する形になるので、実質0円とも言えますが、解約する時の約金が非常に高額になります。

ともあれ、家電量販店で契約したときは、端末代金+30,000円ほどの損が発生するわけです。

 

また、家電量販店で説明をする人は、基本的には派遣のスタッフであることがほとんどです。

ものすごく深い知識を持った方もいますが、ほとんどが自社の商品を紹介してこようとするスタッフの方が多い印象があります。

そのため、説明員というよりは営業スタッフと思っていただくほうが正しいです。

 

営業をされたうえ、高いものを買うことにつながるので、しっかりと当サイトの説明をお読みいただいた上で納得できるものを選ばれるほうが、アナタにメリットが大きいはずです。

 

ちなみにGMOとくとくBBはWEB上でプロバイダの公式サイトからでないと契約できません。

ただ不安な方も少なからずいるでしょう。

そんな方のために、実際に当サイトにいただいた口コミを掲載させていただきました。

クラウェブにいただいたWiMAXの口コミを紹介

男性(左)

京都府在住 40代

使ってみて良かったとこ:一番気になっていた速度の、実測マップなどが出ており契約するか判断するときにすごく参考になりました。また、その時の使用頻度に応じて料金プランを毎月変更していくことが出来るのも非常に魅力的なものだと感じています

料金がずっと定額なプランもあるので非常にいいと思いました。

また評価も妥当で納得がいきました。ありがとう。

総合評価(5段階):★★★★★


男性(右)

東京都在住 30代

使ってみて良かったとこ:安い。それにつきると思う。また、契約前にもわかりやすい説明がされている。通信品質は他社と変わらないので、価格を追求するならGMOとくとくBBを選んで間違いはないと思う。

何よりキャッシュバックの受け取り方法を詳しく書いてくれているページがあったので、非常に助かりました。

総合評価(5段階):★★★★


女性(左)

北海道在住 30代

使ってみて悪かったとこ:目玉企画のキャッシュバックの手続きが少しめんどくさかったことです。問い合わせしてももらった用紙にある通りの話のみで、キャッシュバックして欲しくないのかなあと思うぐらいですが・・・でももらえたことは嬉しかったです。

使ってみて良かったとこ:キャッシュバックがしっかりあって金額もあるので契約時は嬉しかったですし得した気分でした。
総合評価(5段階):★★★★

すこし、キャッシュバックの手続きが面倒という口コミもありますが、ある程度は許容できるぐらい得した気分になられてる方が多い印象を受けますね!

口コミをいただけた方ありがとうございました。

 

WiMAXやGMOとくとくBBに対して似たようなお声が多いという事は、それだけ選ばれている方も多いことが分かるかと思います。

今回の内容が参考になれば幸いです。