FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

1000yen-pocketwifi

ポケットWiFiが欲しいけど、毎月の月額料金をできる限り抑えたい!そんな方多いのではないでしょうか。

結論を先にお伝えすることになりますが、実は一つだけ1,000円以下でポケットWiFiを使う方法があります。

その方法というのは、ポケットWiFiで格安simを利用することです。

ただこの方法は通信速度と毎月のデータ通信容量を犠牲にすることになるので、動画を見たりネットサーフィンや外で仕事をする人にとっては最悪の方法となるので、おすすめはできません。

しかし、毎月20GBのデータ通信が高速ででき、WiMAXよりも通信エリアが広いのに2000円ほどで利用できるポケットWiFi(ネクストモバイル)があるので、そちらをご覧いただくことをお勧めします。

ネクストモバイルの口コミと評判|私がWiMAXと比べて見た結果

また、使い放題が良いという人はWiMAXを選ぶことをお勧めします。

格安のWiMAXが見つかる比較を行ったページ

1000円以下で使えるポケットWiFiとは?

結論を先にお伝えすると、「毎月1000円以下の格安sim」と「simフリーのモバイルWiFi端末」を利用すれば、1000円以下のポケットWiFiとして使えます。

ここで格安simについて知らない方のために少し説明いたします。

格安simとは?

格安simとはMVNO(仮装移動体通信事業者)が提供している格安料金で電話や通信ができるsimカードのことです。

スマホを利用している方なら端末に入っている、小さいsimカードは見たことがあるのではないでしょうか。

格安simのsimカード

このような小さいカードタイプの物で、格安simは名前の通り、格安料金で提供されているので1000円以下でインターネットを利用するために必要なものです。

ただこれだけではポケットWiFiとして利用する事が出来ず、simカードを挿入するための、simフリーのモバイルWiFi端末も必要です。

simフリーのモバイルWiFi端末とは?

simfree-tanmatsu

simフリーのモバイルWiFi端末は、会社に縛られずいろんなデータ通信が使えるモバイルWiFiルーターのことを言います。

 

またsimフリーのモバイルWiFi端末はスマホやタブレット、パソコンやゲーム機器などに電波を飛ばす事ができるので、インターネット(データ通信)を利用するには必要になる端末です。

 

wifiおじさん3

モバイルWiFi端末はどこへでも持ち運ぶこともできるので、光回線などをわざわざ引かなくても家や外でも気軽にデータ通信ができる優れものということですね。

1000円以下で使える格安simの種類

先ほど格安simとsimフリーのモバイルWiFi端末ついて簡単にお話いたしました。

モバイルWiFi端末をポケットWiFiとして使うにはデータ通信が利用できる格安simが必要になります。

また1000円以下で使える格安simはたくさんの業者から用意されているので実際どれを使えば良いか迷ってしまいます。

 

ここで1000円以下で使えるデータ通信専用simの料金プランを簡単にまとめてみましたので見ていきましょう。

1000円以下で利用できる格安simの料金比較

初めにお伝えしておきますと1000円以下で使える格安simのデータ通信容量は、ひと月に3GBまでがほとんどだと思ってもらって良いでしょう。

 

ではポケットWiFiに必要な1000円以下で利用できる格安simの料金プランを集めましたのでご紹介いたします。

格安sim 通信容量 月額料金 回線
イオン
モバイル
4GB 980円 docomo
DMM
モバイル
3GB 850円 au
mineo 3GB 900円

docomo

au

IIJmio 3GB 900円

docomo

au

NifMo 3GB 900円 docomo
楽天
モバイル
3.1GB 900円 docomo
エキサイト
モバイル
3GB 900円 docomo
BIGLOBE
モバイル
3GB 900円 docomo
UQ
モバイル
3GB 980円 au
DTI SIM 3GB 840円 docomo
QT
モバイル
3GB 900円 docomo
au
SoftBank
nuro
モバイル
3GB 900円 docomo

1000円以下の格安simの中で、DTI SIM(3GB)の月額840円が最安値となりました。

ただしイオンモバイル(4GB)は、980円で1GBも多いデータ通信容量を利用する事もできます。

 

また、たくさんデータ通信容量を使いたい方向けのデータ無制限プランも格安simにはありますが、通信速度が200Kbpsに制限されているプランだったりするので、速度的に使い物になりません。

ただ冒頭でもお伝えしたように、そもそも格安simは通信速度が遅いものが多く、ポケットWiFiとして利用したい場合には快適な通信速度の格安simを選ぶ必要があります。

ポケットWiFiに最適なのは通信速度の速い格安simを選ぶこと

格安simの通常のプランで実際に出ている通信速度は、平均1Mbps〜2Mbps程度なのはご存知でしょうか。

また無制限プランの通信速度は最大200Kbpsまでしか出ません。

また格安simは通信回線が混雑する時間帯は1Mbps以下の0.2〜0.5Mbps程度しか出ない場合もあり、使っていても快適とは言えません。

そもそもインターネットをする際に、どのくらい通信速度が必要なのか、YouTubeを例にしてご紹介いたします。

画質別で必要な通信速度は下記なっています。

  • 低画質で500Kbps以上
  • 標準画質で3Mbps〜
  • HD画質で7Mbps以上
  • 4Kで約25Mbps以上

少なくても500Kbps(0.5Mbps以上)は必要という事ですが、これはスマホの画面サイズでの必要な速度であり、パソコンなどで見る場合はもう少し速度が必要になります。

ということは1000円以下のポケットWiFiを使いたい方は、3Mbps以上の通信速度が出せる格安simを選ぶことが重要ということがわかりますね。

 

私は実際にデータ通信専用の格安simをいくつか使いましたが、通信速度が遅く使い物にならないものが多くほとんど解約をしました。

 

ただ、ポケットWiFiにぴったりな通信速度が速く、満足できる格安simが2社ありました。

月額1000円以下の通信速度の速いポケットWiFiにオススメの格安sim

uqmobile-logo

1000円以下で満足な速度の出るポケットWiFiとして使える、おすすめの格安simは下記の2社です。

  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル

 

UQモバイルの通信速度

UQモバイルは、格安SIMの中でも通信速度が最速という声も多く、1000円以下のポケットWiFiとして快適に使う事ができる性能を有しています。

実際に私はUQモバイルを使っていますので、通信速度はどのくらい出ているのかご紹介いたします。

uqモバイルの実際の通信速度

  • ダウンロード33Mbps
  • アップロード14Mbps

ダウンロードというのは、WEBサイトを観たり、インスタグラムの画像を観たりする際に必要な速度で、アップロードというのはインスタグラムやTikTokなどに画像や動画をアップする際に必要な速度です。

一般的に通信速度で大切なのはダウンロード側であり、先ほど例にだしたYouTubeを最低限観るのに必要な通信速度を高度なレベルでクリアできています。

月額1000円以下のポケットWiFiとしてUQモバイルを選ぶと、ひと月に3GBまでしか使うことができませんが快適に使えることがわかりましたね。

→ UQモバイル公式サイト

次はポケットWiFiに必要なsimフリーのモバイルWiFi端末の選び方をお伝えいたします。

ポケットWiFiに必要なsimフリーのモバイルWiFi端末の選び方

UQモバイルはau系の格安simなのでauのsimカードが使えるsimフリーのモバイルWiFi端末を選ばないといけません。

ですのでUQモバイルが使えるsimフリーモバイルWiFi端末のおすすめをご紹介いたします。

すでにsimフリーのモバイルWiFi端末をお持ちの方は格安SIMを使った最安SIMフリーのポケットwifiの作り方を参考にしてみてください。

  Aterm
MR05LN
WiFi WALKER
LTE HWD11 au
  Aterm MR05LN WiFi WALKER LTE HWD11 au
製造元 NEC HUAWEI
寸法 W:63mm
H:115mm
D:11mm
W:103mm
H:66mm
D:1 4.5mm
重量 115g 136g
バッテリー 2,500mAh 3,000mAh
動作時間 WiFi時
14時間
(Bluetooth時)
30時間
約9時間
通信速度 最大下り速度
375Mbps
最大下り速度
74Mbps
対応回線 docomo au au
SIMサイズ nanoSIM microSIM
参考価格 18,230円 4,980円

(こちらでの参考価格は2018年6月のAmazonでの販売価格を記載しています。)

この2つのモバイルWiFiルーターを選ぶ時に見ておくポイントは動作時間です。

通常なら通信速度も視野にいれなければいけないのですがUQモバイルの計測した通信速度は下りが74Mbps以下なのでどちらの端末を選んでも大丈夫ということになります。

 

また家の中で使うならいつでも充電できるので動作時間を気にする必要はありません。

しかし外に出てモバイルWiFiルーターを使いたい方は動作時間が長いAterm MR05LNを選んでおく方がいいでしょう。

しかし安いモバイルWiFiルーターが欲しいならWiFi WALKER LTE HWD11 auを選ぶのが良いでしょうといったところでしょうか。

まとめ

1000円以下で使える格安ポケットWiFiについてお伝えしました。

格安料金でポケットWiFiを作るのには最適な通信速度がでるUQモバイルという事がわかりましたね。

ただし使える通信容量は3GBまでです。

動画をたくさん観たい方にはすぐに通信容量がなくなってしまいます。

もっとたくさん通信容量が欲しい方にはデータ量が無制限で通信速度が速いWiMAXを選ぶのも1つかもしれません。

また3GBの通信容量で十分な方にはUQモバイルが最適ですね。

→ UQモバイル公式サイト

UQモバイルの申し込みについてご紹介。
公式サイトに入ったら右上に緑の「今すぐWEBでお申し込み」をクリックします。

公式ボタン
するとこんなボタンに変わります。

公式ボタン
左側のピンクのUQmobileをクリックすると申し込み画面に行きます。次に使いたいモバイルWiFi端末に対応している「microSIM」か「nanoSIM」のどちらかを選んで新規申し込みをクリックして進んでいってくださいね。