1年契約の光コラボは存在しない

光コラボは基本2年間〜5年間の契約期間となっており、1年契約の光コラボはありません。

ただ契約期間の定めのない光コラボはありますので、1年でも解約しても違約金の発生しない光コラボは2社あります。

それは「enひかり」と「ぷらら光」です。

 

下記に各社光コラボの契約期間と違約金をまとめてみたので、まずこちらをご覧ください。

契約期間 違約金
SoftBank光 2年

5年

9,500円

15,000円

docomo光 2年

(契約期間なしあり)

戸建て13,000円

マンション8,000円

so-net光 2年6ヶ月 7,500円
BIGLOBE光 2年

5年

9,500円

20,000円

@nifty光 2年

5年

9,500円

20,000円

ぷらら光 なし なし
enひかり なし なし

先ほどもお伝えした通り、大手光コラボのSoftBank光、docomo光、so-net光、BIGLOBE光、@nifty光は2年から5年間の契約期間があります。また契約期間内に解約をすると安くて8,000円、高いと20,000円の違約金が発生するのです

中には戸建てやマンションといったタイプ別に違約金が変化する光コラボもあります。

じゃ契約期間のないdocomo光を使うと違約金がなくていいのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、その場合の契約期間がないdocomo光は月々の支払いが5,000円〜と高く設定がされているためにあまりオススメはできません。

wifiおじさん3

長期間ではなく一時的に光コラボを使いたい方なら、ぷらら光かenひかりを選ぶ事と契約期間が設けられていません。

ですのでいつ解約をしても違約金が発生しないので利用しやすいということですね。

1年契約ができる光コラボはenひかりとぷらら光の2種類のみ

大手光コラボには契約期間が必ず設けられており、期間内に解約をすると違約金が必ず発生します。

転勤が多くて長期契約がしたくない方や引っ越しの予定がある方、そもそも違約金のある光コラボは選びたくない方は、「ぷらら光」「enひかり」を選ぶ事で1年間でも違約金なく解約できるのです。

では、ぷらら光とenひかりの詳しい料金やプランについてを見ていきましょう。

enひかりとぷらら光の月額料金

enひかり ぷらら光
マンションタイプ
(集合住宅)
3300円 3600円
ホームタイプ
(戸建)
4300円 4800円

どちらも契約期間の縛りがなく2年以内に解約しても違約金はかかりません。

それに、他社の光コラボよりも安い月額料金になっています。

ただ、マンションタイプとホームタイプは西日本と東日本で少し基準が異なります。

 

NTT東日本エリアの場合

NTT東日本エリアに住んでいる場合は戸建てまたは4世帯未満のアパートやマンションに住んでいる場合は月々4,300円のファミリータイプの料金が適用されます。

どちらのプランも、

NTT西日本エリアの場合

NTT西日本エリアに住んで聞いる場合は戸建てまたは6世帯未満のアパートやマンションに住んでいる場合は月々4,300円のがファミリータイプ料金が適用されます。

(例外あり)フレッツ光が導入されていない場合

集合住宅に住んでいる場合でもNTT東日本またはNTT西日本のフレッツ光設備が導入されていない物件はファミリータイプ(戸建て)で申込む事もできます。

光コラボの初期費用(工事費含む)

転用事務手数料

(戸建て・マンション)

2,000円
契約事務手数料

(戸建て・マンション)

5,000円
無派遣工事 2,000円
訪問工事あり

屋内配線新設なし

7,600円
訪問工事あり

屋内配線新設あり

15,000円

※転用は工事不要のため、2000円しか掛かりません。

新規工事費用は設置場所に異なりますが「無派遣工事」「訪問工事あり、屋内配線新設なし」「訪問工事あり、屋内配線新設あり」の3つのパターンがあります。

■参考ページ
→ 光コラボのenひかりは最安値だった!1年利用するならオススメの光回線

光コラボの本来のメリットは月額料金の安さではない

今までの光といえば下記2点のデメリットがありました。

  • フレッツ光回線とプロバイダを別々で契約して月額料金も別々に支払わなくてはいけない
  • 月額料金がプロバイダによって少し高い

しかし、光コラボにすることで、月額料金が安くなりました。

ただ本当の光コラボのメリットは月額料金の安さだけではありません。

そのメリットというのは下記2点です

  • 回線とプロバイダを1本化できる
  • 光コラボの会社とキャリアを合わせることでスマホが割引になる

ただ、enひかりとぷらら光には、スマホの料金が安くなる割引サービスはありません。

ここから少しだけスマホが割引になる光コラボについて見てみましょう。

auスマホが割引になる光コラボ

auスマホが割引になる光コラボは、いくつかあります。

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • nifty光
  • Asahinet光
  • DTi光
  • エディオン光

※ちなみに@nifty光×auセット割は2018年4月17日で新規受付が終了していますので記載していません。

ちなみに割引額は最大1200円ですが、これはauスマホのデータ通信プランの量に応じて変化します。

wifiおじさん3

現時点では5GB以上のプランに加入していると最大割引額の1200円となります。

auスマホ割引を受けるための条件
  • auスマートフォン、au LTEタブレット、auケータイのどれかを使っている
  • auと契約住所と設置先住所が同じである事
  • auで使っているプランがauセット割の割引対象のプランである事
  • 他でauスマートバリュー・auスマートバリュー mineの適用がない事

このようにauを契約している必要があり、更に2年または3年契約が必要です。

docomoスマホが割引になる光コラボは26種類と複雑

docomo光の月額料金
マンション
(集合住宅)
ホームタイプ
(戸建て)
タイプA

(新規・転用)

4,000円

5,000円/契約期間なし

5,200円

6,700円/契約期間なし

タイプB

(新規・転用)

4,200円

5,200円/契約期間なし

5,400円

6,900円/契約期間なし

docomo光のプランは大きく分けてタイプAとタイプBの2種類が存在します。

どちらのタイプも、新規と転用で料金は変わりません。

タイプAとタイプBの違いは、契約できるプロバイダの違いです。

  • タイプA:20社
  • タイプB:6社

少しわかりにくいシステムとなっていますが、料金は上記の通りなので説明はここまでとします。

docomoスマホのプラン別割引額と割引後の料金
割引条件に必要なパック 月額 割引額 割引後
ウルトラシェアパック100 25,000円 3,500円 21,500円
ウルトラシェアパック50 16,000円 2,900円 13,100円
ウルトラシェアパック30 13,500円 2,500円 11,000円
ウルトラデータLLパック 8,000円 1,600円 6,400円
ウルトラデータLパック 6,000円 1,400円 4,600円
ビジネスシェアパック50〜3000 37,000円〜

1,900,000円

3,500円 32,500円〜

1,896,500円

ウルトラビジネスシェアパック100 25,000円 3,500円 21,500円
ウルトラビジネスシェアパック50 16,000円 2,900円 13,100円
ウルトラビジネスシェアパック30 13,500円 2,500円 11,000円

割引額は大きいように感じますが、そもそもの月額料金が高いため、どれだけ割引されてもdocomo光の月額料金を加算すると、決して安いとは言えません。

softbankスマホが割引になる光コラボ

SoftBank光の月額料金はファミリータイプ(戸建て)で月額5,200円、マンションタイプ(集合住宅)で3,800円となっていますがSoftBankスマホをセットで安くしたいとなるとSoftBank光を契約しなければいけません。

 

ここで実際の割引金額はどうなるのかをみていきましょう。

割引額 ファミリータイプ

(戸建て)

マンションタイプ

(集合住宅)

SoftBank光

(データ定額)

永年

1,000円割引

5,200円 3,800円
SoftBank光

(データ定額ミニ)

永年

500円割引

4,980円 3,980円

 

dSoftBank光では1回線の利用につき本人はもちろん一緒に住んでいる家族、遠くに住んでいる家族とも10回線までなら割引が適用になります。
(※対象はiPhone、スマートフォン、ケータイ、iPad(タブレット)、Wi-Fiルーターのみ)

スマホが割引になるのが光コラボのメリットだが縛りがつく

ただしauスマホやdocomoのスマホ、SoftBankのスマホが割引になる光コラボはどれも2年間〜5年間の契約期間が必要であり短い期間だけ光コラボを使いたい方にとっては高額な違約金がかかります。

1年間で解約する場合は、スマホが割引になった分が違約金として取られるようなイメージと言っても過言ではないでしょう。

なんだかんだでキャリアと光コラボを揃えなければならないこと、違約金がかかることを考えると割と面倒です。

だからこそ、ぷらら光かenひかりは契約期間なしのプランを用意していると言えますね。

ぷらら光とenひかりはどちらを選ぶべき?

1年間の合計金額だけならenひかりが安く利用できる

enひかり ぷらら光
戸建 マンション 戸建 マンション
新規 4300円 3300円 4800円〜 3600円〜
転用 4800円
1年総額 51600円 39600円 57600円〜 43200円〜

集合住宅(マンションタイプ)と戸建て(ホームタイプ)共に1年間利用した場合の料金を比較してみましたが、どちらにしても安いのはenひかりとなりました。

 

ただこれは実際に支払う月額料金をベースにした金額です。ここでもっとお得に契約したい人の中にはキャンペーンでもっと安くお得に利用する事はできないのかという疑問が出てきている人もいるはずです。

次はキャンペーンで比較をしてみおましょう。。

キャンペーンではぷらら光がキャッシュバックで断然お得

まず、enひかりはキャッシュバックなどのキャンペーンを行なっていません。

そのため、ぷらら光のキャンペーン内容をお伝えします。

※キャンペーンは随時変わっています。
(2018年5月時点のデータ)

  • 新規契約最大55,000円キャッシュバック
  • 転用最大30,000円キャッシュバック
  • ADSL・ISDNからの乗り換えで最大64,000円相当の特典がもらえる

1年間の利用料金だけを見ていただいた時はenひかりが安く利用できるといった結果でしたがキャッシュバックの金額を見てみますと、ぷらら光の方が断然お得となりましたね。

ここで実際にキャッシュバックを受け取った場合どれだけ安くなるのかをご紹介いたします。

マンション
(集合住宅)
ホームタイプ
(戸建て)
新規・転用 3,600円 4,800円
1年間で 43,200円 57,600円
新規キャンペーン 最大55000円キャッシュバック
転用キャンペーン 最大30000円キャッシュバック

どちらのプランでも、キャッシュバックを加味すれば、enひかりよりも実質月額ではお得ですね。

ただ、キャッシュバックを受けるには条件があります。

wifiおじさん3

キャッシュバックを受けるには2年契約とオプションの加入が必須になるよ。

 

ぷらら光は速度が遅いという評判も・・・口コミはどんなもの?

ぷらら光は通信速度に問題があるとの声がよくあるみたいですが実際はどんなものなのかを調べて見ました。

約1年前にぷらら光を使っている方の口コミを見てみますと。

 

 

ダウンロードが1Mbpsを下回る0.28Mbpsという低速通信でアップロードでも4.38Mbps程度となっています。この程度の通信速度なら混雑しているお昼間に格安SIMを使うのとほとんど変わらない通信スピードとなっていますので使い勝手は最悪です。

しかし2018年5月の口コミを見て見ますと。

 

ダウンロードが74.68Mbpsでアップロードが70.67Mbpsとdocomoやau、SoftBankといった爆速のキャリアの通信速度にも負けない通信スピードが出ていますので、高画質の動画を観てもなんの問題もなく利用できることがわかりますね。

どうやら通信速度が改善されたみたいですね。

1年で解約することを前提とするならどの光回線が一番お得か

ぷらら光の評判を口コミを含めて見ていただきましたので次は1年間限定で光コラボを使った場合はどの光回線がお得かをキャッシュバックを含めて比較してみましょう。

比較する光コラボは、下記の8社です。

  • softbank光
  • docomo光
  • so-net光
  • BIGLOBE光
  • @nifty光
  • OCN光
  • ぷらら光
  • enひかり

またここから東日本と西日本のマンション(集合住宅)とホームタイプ(戸建て)別でお伝えします。

東日本の方向けの比較

マンションの場合

SoftBank光

他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
(2年間の契約が必要)

docomo光

新規なら20,000dポイント転用なら10,000dポイントがもらえる
(2年契約が必要)

so-net光

工事費24,000円が実質無料
so-net 光 コラボレーション申し込みで2年6ヶ月間月額1,500円割引
コラボ電話申し込みで12ヶ月間500円割引
auスマートバリュー申し込みで最大2年間2,000円割引
amazonギフト券20,000円分プレゼント
(2年6ヶ月の契約が必要)

BIGLOBE光

25,000円キャッシュバック
ilpv6対応無線LANルータが0円
(3年契約が必要)

@nifty光

20,100円キャッシュバック
キャッシュバックが振り込まれる前に解約、6カ月目までに
サービスを解除またはコース変更申請をした
場合はキャッシュバックがもらえない
(2年契約か5年契約が必要)

OCN光

マンションなら最大15,000円の新規開通工事費が無料
(2年間の契約が必要)

ぷらら光

新規は最大55,000円キャッシュバック
転用は最大30,000円キャッシュバック
ADSL・ISDNからの乗り換えで最大64,000円相当の特典付き
(契約期間なし)

enひかり

キャンペーンなし
(契約期間なし)

月額料金
(集合住宅)
1年間
合計金額
キャッシュ
バック
キャッシュバックを
引いた合計金額
契約
期間
SoftBank光 3,800円 45,600円 24,000円

(転用のみ)

21,600円 2年間
docomo光 4,000円タイプA

4,200円タイプB

48,000円

50,400円

なし

 

48,000円

50,400円

2年間

5年間

so-net光 新規3,400円

転用4,000円

新規40,800円

転用48,000円

800円×30カ月間

1年で9,600円

(新規のみ)

 

新規31,200円

転用38,400円

2年6ヶ月間

5年間

BIGLOBE光 3,980円 47,760円 25,000円 22,760円 3年間
@nifty光

 

3,400円〜 40,800円 20,100円 20,700円 2年間

3年間

OCN光 3,600円 43,200円 なし 43,200円 2年間
ぷらら光 3,600円 43,200円 新規最大55,000円

転用最大30,000円

新規+11,800円

転用13,200円

なし
enひかり 3,300円 39,600円 なし 39,600円 なし

戸建の場合

SoftBank光

他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
(2年間の契約が必要)

docomo光

新規なら20,000dポイント転用なら10,000dポイントがもらえる
(2年契約が必要)

so-net光

工事費24,000円が実質無料
so-net 光 コラボレーション申し込みで2年6ヶ月間月額1,500円割引
コラボ電話申し込みで12ヶ月間500円割引
auスマートバリュー申し込みで最大2年間2,000円割引
amazonギフト券20,000円分プレゼント
(2年6ヶ月の契約が必要)

BIGLOBE光

25,000円キャッシュバック
ilpv6対応無線LANルータが0円
(3年契約が必要)

@nifty光

20,100円キャッシュバック
キャッシュバックが振り込まれる前に解約、6カ月目までに
サービスを解除またはコース変更申請をした
場合はキャッシュバックがもらえない
(2年契約か5年契約が必要)

OCN光

戸建てなら最大18,000円の新規開通工事費が無料
(2年間の契約が必要)

ぷらら光

新規は最大55,000円キャッシュバック
転用は最大30,000円キャッシュバック
ADSL・ISDNからの乗り換えで最大64,000円相当の特典付き
(契約期間なし)

enひかり

キャンペーンなし
(契約期間なし)

月額料金
戸建て
1年間の
合計金額
キャッシュ
バック
キャッシュバックを
引いた合計金額
契約
期間
SoftBank光 5,200円 62,400円 24,000円
(転用のみ)
38,400円 2年間
docomo光 5,200円タイプA

5,400円タイプB

62,400円

64,800円

なし 62,400円

64,800円

2年間

5年間

 

so-net光 新規5,200円

転用4,800円

新規62,400円

転用57,600円

800円×30カ月間

1年で9,600円

(新規のみ)

 

新規52,800円

転用48,000円

2年6ヶ月間

5年間

BIGLOBE光 4,980円 50,760円 25,000円 25,760円 3年間
@nifty光 4,500円〜 54,000円 20,100円 33,900円 2年間
3年間
OCN光 5,100円 61,200円 なし 61,200円 2年間
ぷらら光 4,800円 57,600円 新規最大55,000円

転用最大30,000円

新規2,600円

転用27,600円

なし
enひかり 4,300円 51,600円 なし 51,600円 なし

戸建ての場合はBIGLOBE光での転用なら25,760円となりますが3年契約が付いてくることを考えますと使いにくいのが現状です。
また新規で申し込みをするならキャッシュバックで安くお得となる、ぷらら光が利用しやすいのがもうお分かりですね。

西日本の方向け比較

マンションの場合

SoftBank光

他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
(2年間の契約が必要)

docomo光

新規なら20,000dポイント転用なら10,000dポイントがもらえる
(2年契約が必要)

so-net光

工事費24,000円が実質無料
so-net 光 コラボレーション申し込みで2年6ヶ月間月額1,500円割引
コラボ電話申し込みで12ヶ月間500円割引
auスマートバリュー申し込みで最大2年間2,000円割引
amazonギフト券20,000円分プレゼント
(2年6ヶ月の契約が必要)

BIGLOBE光

25,000円キャッシュバック
ilpv6対応無線LANルータが0円
(3年契約が必要)

@nifty光

20,100円キャッシュバック
キャッシュバックが振り込まれる前に解約、6カ月目までに
サービスを解除またはコース変更申請をした
場合はキャッシュバックがもらえない
(2年契約か5年契約が必要)

OCN光

マンションなら最大15,000円の新規開通工事費が無料
(2年間の契約が必要)

ぷらら光

新規は最大55,000円キャッシュバック
転用は最大30,000円キャッシュバック
ADSL・ISDNからの乗り換えで最大64,000円相当の特典付き
(契約期間なし)

enひかり

キャンペーンなし
(契約期間なし)

月額料金
(集合住宅)
1年間の
合計金額
キャッシュ
バック
キャッシュバックを
引いた合計金額
契約
期間
SoftBank光 3,800円 45,600円 24,000円

(転用のみ)

21,600円 2年間
docomo光 4,000円タイプA

4,200円タイプB

48,000円

50,400円

なし

 

48,000円

50,400円

2年間

5年間

so-net光 新規3,400円

転用4,000円

新規40,800円

転用48,000円

800円×30カ月間

1年で9,600円

(新規のみ)

 

新規31,200円

転用38,400円

2年6ヶ月間

5年間

BIGLOBE光 3,980円 47,760円 25,000円 22,760円 3年間
@nifty光

 

3,400円〜 40,800円 20,100円 20,700円 2年間

3年間

OCN光 3,600円 43,200円 なし 43,200円 2年間
ぷらら光 3,600円 43,200円 新規最大55,000円

転用最大30,000円

新規+11,800円

転用13,200円

なし
enひかり 3,300円 39,600円 なし 39,600円 なし

戸建ての場合

SoftBank光

他社から乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
(2年間の契約が必要)

docomo光

新規なら20,000dポイント転用なら10,000dポイントがもらえる
(2年契約が必要)

so-net光

工事費24,000円が実質無料
so-net 光 コラボレーション申し込みで2年6ヶ月間月額1,500円割引
コラボ電話申し込みで12ヶ月間500円割引
auスマートバリュー申し込みで最大2年間2,000円割引
amazonギフト券20,000円分プレゼント
(2年6ヶ月の契約が必要)

BIGLOBE光

25,000円キャッシュバック
ilpv6対応無線LANルータが0円
(3年契約が必要)

@nifty光

20,100円キャッシュバック
キャッシュバックが振り込まれる前に解約、6カ月目までに
サービスを解除またはコース変更申請をした
場合はキャッシュバックがもらえない
(2年契約か5年契約が必要)

OCN光

戸建てなら最大18,000円の新規開通工事費が無料
(2年間の契約が必要)

ぷらら光

新規は最大55,000円キャッシュバック
転用は最大30,000円キャッシュバック
ADSL・ISDNからの乗り換えで最大64,000円相当の特典付き
(契約期間なし)

enひかり

キャンペーンなし
(契約期間なし)

月額料金
(戸建て)
1年間
合計金額
キャッシュ
バック
キャッシュバックを
引いた合計金額
契約
期間
SoftBank光 5,200円 62,400円 24,000円(転用のみ) 38,400円 2年間
docomo光 5,200円タイプA

5,400円タイプB

62,400円

64,800円

なし 62,400円

64,800円

2年間

5年間

 

so-net光 新規5,200円

転用4,800円

新規62,400円

転用57,600円

800円×30カ月間

1年で9,600円

(新規のみ)

 

新規52,800円

転用48,000円

2年6ヶ月間

5年間

BIGLOBE光 4,980円 50,760円 25,000円 25,760円 3年間
@nifty光 4,500円〜 54,000円 20,100円 33,900円 2年間3年間
OCN光 5,100円 61,200円 なし 61,200円 2年間
ぷらら光 4,800円 57,600円 新規最大55,000円

転用最大30,000円

新規2,600円

転用27,600円

なし
enひかり 4,300円 51,600円 なし 51,600円 なし

西日本でも東日本と同様で戸建てで光コラボを使うならBIGLOBE光での転用で25,760円と最安値となりますが3年契約が付いてくることを考えますと転用でも新規でもキャッシュバックで安くお得となる、ぷらら光が利用しやすいのがもうお分かりですね。

【結論】1年で解約するならぷらら光が一番安く使えてお得

短期契約の1年で解約をするなら光コラボの中ではぷらら光が一番安くお得となりました。

やはり、ぷらら光はキャッシュバックが新規で最大55,000円、転用でも最大30,000円といった金額の豊富さなので西日本でも東日本でも1年間の利用なら

マンション
(集合住宅)
ホームタイプ
(戸建て)
通常新規申し込み 3,600円 4,800円
キャンペーン適用

55,000円

約+983円/月 約216円/月
+11,800円/年 2,600円/年
通常転用申し込み 3,600円 4,800円
キャンペーン適用

30,000円

1,100円/月 2,300円/月
13,200円/年 27,600円/年

といった安さで使うことができるからです。

また「ひかりTV2年割」さえ契約して利用しなければ2年間の契約期間もないので解約時の違約金も発生しないので光コラボの中では安心して使えるのも1つです。

ただしぷららひかりで「ひかりTV2年割」を使いたい方にはこちらがもっともオススメです。

違約金をわざわざ払うのが嫌な人はぷらら光よりも安く使えるenひかりがおすすめ

今もお伝えしましたように、ぷらら光で「ひかりTV2年割」を契約して月額料金を安くしたい方には2年間の契約期間が発生しますので1年間だけ光コラボを違約金がなしで使いたい方にはenひかりを選ぶことで解決することができます。

何故ならば他社の光コラボでは先ほどのお伝えしましたように2年間〜5年間の契約期間があり契約期間内に解約をすると
安くても8,000円、高くても25,000円の違約金を支払わなくてはいけないからです。

ということは、ぷらら光を選んでおけばキャンペーンはないものの違約金もないので短い期間だけ光コラボを使いたい方にはいつでも解約ができるので向いているというわけです。

en光の公式サイトはこちら