FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

logo_biglobe

口座振替ができるWiMAXを探していると必ず目にするのが、BIGLOBE WiMAX(ビッグローブワイマックス)です。

そんなBIGLOBE WiMAXは、オススメすると言っているサイト、オススメしないと言っているサイトがあり、実際のところどうなのかわかりにくくありませんか。

ただ結論から言うと、BIGLOBE WiMAXの口座振替はオススメできないです。

この記事では、BIGLOBE WiMAXの口座振替がオススメできない理由を、他の口座振替できるWiMAXと比較をしながら詳しく解説していきます。

ちなみに、口座振替で一番オススメのWiMAXは「BroadWiMAX」です。

BIGLOBE WiMAXの口座振替がオススメできない理由

BIGLOBEWiMAXの口座振替は、単純に”料金が高い”です。

特にこの3つが他のプロバイダよりも悪く見えるポイントと言えます。

  • データ端末代が最も高額
  • 1年契約だと割高
  • au4GLTE回線を使うと1,000円高くなる

順に説明します。

データ端末が最も高額

BIGLOBE WiMAXはデータ端末代で19,200円かかります。

この金額は他のプロバイダよりも非常に高額です。

プロバイダ データ端末代 
BIGLOBE WiMAX 19,200円
(代引配送)
BroadWiMAX 0円
UQ WiMAX 15,000円

データ端末代は、今まで基本無料のプロバイダが多かったのですが、1年契約にプランが変わってから端末代が有料になってしまいました。

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックが10,000円あるので、データ端末代は実質9,200円と考えることもできますが、それでも無料のプロバイダがあるため割高といえます。

BIGLOBE WiMAXは1年契約だと割高

WiMAXの契約期間は通常3年間ですが、BIGLOBE WiMAXは1年契約です。

しかし、BIGLOBE WiMAXの口座振替は、1年契約だと非常に割高になってしまいます。

月額料金3980円×12ヶ月=合計47,760円
データ端末代19,200円加算で66,960円
(キャッシュバックを差引いて56,960円。)
実質月額にすると4,747円

最安値級のWiMAXの実質月額は3,200円台なので、明らかに割高です。

WiMAXの契約を考える際は、3年契約で見るのが基本なので、次をご覧ください。

3年間利用した場合の実質月額を見てみよう

POINT!

WiMAXの平均利用年数は約2年半ほどで、満足に利用できている人の1年未満の解約率は非常に少ないと言われています。

こういった理由から、3年間の料金で比較をして、安いものを選ぶのが一般的と言えます。

また、WiMAXは回線品質・繋がりやすさ・通信速度等は、プロバイダが違っても全て同じです。

※いずれのプロバイダも3年目での解約の場合、違約金はかかりません。

  BIGLOBE WiMAX BroadWiMAX UQ WiMAX
  BIGLOBE BroadWiMAX UQWiMAX
端末 W06 W06 WX05
キャンペーン 10,000円
キャッシュバック
なし 3,000円
キャッシュバック
プラン月額 1~36ヶ月: 3,980円 1~2ヶ月: 2,726円
3~24ヶ月: 3,411円
25~36ヶ月: 4,011円
1~36ヶ月: 3,880円
端末代金 19,200円 0円
(無料)
一括:15,000円
分割:500円×30ヶ月
初期費用 0円 18,857円 0円
トータル 162,480円 147,483円 154,680円
実質月額※1 4,236円 4,096円 4,213円

※1 実質月額は、トータル費用からキャッシュバックを差し引きした金額を36ヶ月で割った金額です。

口座振替をベースだと、実質月額の最安値は「BroadWiMAXでした。

契約期間の短さをアピールしている「BIGLOBE WiMAX」と「UQ WiMAX」は、BroadWiMAXよりも総額で1万円以上高いことになります。

WiMAXは端末選びも重要

基本的にはW06」という端末を選ぶのをオススメしています。

その理由は、端末が持つ通信速度の将来性です。

au4GLTE回線を使うと月額が1,000円高くなる

WiMAXは、WiMAX2+回線をメインに利用しますが、電波の悪いところなどでau4GLTE(auスマホと同じエリアの回線)を利用することができます。

WiMAX2+は日本全体のあらゆる場所で安定した通信ができますが、どうしても地下に行くと弱いことがあります。そんな時にこのau4GLTE回線を使うことで安定した通信を行うことができます。

au4GLTE回線は多くのプロバイダでは無料です。

au4GLTE回線が無料には条件がある

  • 3年契約のWiMAXを利用していること
  • auスマートバリューmine(auスマホのセット割引)を利用していること

「BIGLOBE WiMAX」と「UQ WiMAX」はこの3年契約の条件を満たしていないため、au4GLTEを利用した場合、利用料1,000円が利用月のみ加算されることになります。

au4GLTEを使うと速度制限がかかる

WiMAX端末側の通信モード設定を”ハイスピードプラスエリアモード”にすることで、au4GLTEを利用することができるようになるので、WiMAXの電波が弱いときに活躍してくれます。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードで7GB利用すると、速度制限(制限時128Kbps)がかかり、ハイスピードモードに変更しても速度制限は月が変わるまで解除されません。

 

BIGLOBE WiMAXの口座振替で高評価な3つのポイント

  • ⑴キャッシュバックが受け取りやすい
  • ⑵コールセンターサポートが優秀
  • ⑶短期間での解約なら安い

簡単に説明します。

キャッシュバックが受け取りやすい

BIGLOBE WiMAXには、10,000円のキャッシュバックがあり、そのキャッシュバックは契約月の翌月に受け取ることができます。

WiMAXのキャッシュバックは、受け取れるまでの期間が約1年ほど必要なプロバイダや、受け取り手続きが面倒なプロバイダばかりです。

そう考えるとBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは金額は少ないものの非常に優秀です。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックの受け取り方法

  1. キャッシュバックの対象月を確認

    BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認してください。
    BIGLOBEマイページへ

  2. 対象月の3日以降にBIGLOBEマイページへログインする

    「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。
    BIGLOBEマイページへ

  3. 数日後に指定の口座へ振り込み

これで受け取り手続きは完了です。

手続き自体は非常に簡単ですが、契約してから約1ヶ月ほど受け取り手続きができないため、忘れないように注意してください。

またBIGLOBE WiMAXは、キャッシュバックの受け取り手続き忘れ防止のため、契約時の連絡先に指定したメールアドレスに、キャッシュバックの受け取り手続きができる旨のメールを送ってくれるので、見るようにしておきましょう。

コールセンターサポートが優秀

BIGLOBE WiMAXは、もともと大手家電メーカーのNECから立ち上がったプロバイダで、その当時からアフターフォローには力を入れていました。

そのため、サポートの評判が非常によく、機械に弱い方でも安心して利用できるプロバイダです。

BIGLOBE WiMAXのサポート窓口は2つあります。

  電話番号 営業時間
設定などのサポート
(技術型)
0120-86-0962
03-6385-0962
年中無休
9:00~18:00
契約等のサポート
(事務型)
0120-68-0962
03-6328-0962
年中無休
9:00~18:00
WEBサポート 問い合わせフォーム 24時間365日

BIGLOBE WiMAXのサポートは、コールセンターの回線数が多いのか、繋がりにくいという印象はありません。

ただそれでもあまり待ちたくない方は、下記の混雑表を元に時間を選んでみてください。

biglobe-sapport-desk

短期間での解約なら安い

BIGLOBE WiMAXは1年契約だと割高とお伝えしましたが、1年で解約される場合は解約金が0円です。

そのため、高額な違約金を払う必要があるプロバイダを選ぶより、安く短期間で解約できます。

1年で解約した場合のシミュレーション

  BIGLOBE WiMAX BroadWiMAX UQ WiMAX
  BIGLOBE BroadWiMAX UQWiMAX
端末 W06 W06 WX05
キャンペーン 10,000円
キャッシュバック
なし 3,000円
キャッシュバック
プラン月額 1~36ヶ月: 3,980円 1~2ヶ月: 2,726円
3~24ヶ月: 3,411円
25~36ヶ月: 4,011円
1~36ヶ月: 3,880円
端末代金 19,200円 0円
(無料)
一括15,000円
分割500円×30ヶ月
初期費用 0円 18,857円 0円
解約金
(1年経過後)
0円 14,000円 0円
トータル
(実質)
66,960円
(56,960円)
72,419円 61,560円
(58,560円)
実質月額※1 4,747円 6,035円 4,880円

※1 実質月額は、トータル費用(解約金含む)からキャッシュバックを差し引きした金額を36ヶ月で割った金額です。

1年間で解約する場合のシミュレーションでは、BIGLOBE WiMAXが最も安いです。

また比較表では分かりにくいですが、プロバイダによって月初の請求額に違いがあります。

  月初の月額
BIGLOBE WiMAX 無料
BroadWiMAX 日割り
UQ WiMAX 3,880円

BIGLOBE WiMAXは、月初の月額が無料なので、さらにBroadWiMAXとUQ WiMAXよりお得です。

 

この結果から、1年契約であればBIGLOBE WiMAXはオススメできるとは言えます。
→ BIGLOBE WiMAXの公式サイトへ

ただし、au4GLTEを利用する場合は、BroadWiMAXの方が安いのでお気をつけください。

BIGLOBE WiMAXの口座振替がオススメできない理由まとめ

BIGLOBE WiMAXは「長期スパンで割高だからオススメできない」です。

その理由は、下記の3つが原因でした。

  • データ端末代が最も高額
  • 1年契約だと割高
  • au4GLTE回線を使うと1,000円高くなる

ただBIGLOBE WiMAX自体は、私も利用していましたが非常に良いプロバイダなので、悪くいうつもりはありません。

しかし、現実として料金が高いというのは事実であり、オススメできるかできないかというと、安くWiMAXを利用したい人にとってはオススメできないという結論になってしまいます。

 

長い目で安いWiMAXを利用したい方はBroadWiMAXを選んでいただくのをお勧めします。
→ BroadWiMAXの公式サイトへ