新生活で一人暮らしをするというアナタは、どのインターネットを契約すればいいのか悩んでいませんか?もしくは決めていたとしても、本当に選んでいるものでいいのかわからなくなっていませんか?

ここでは、インターネット回線の種類から、利用用途による適切な選択肢、最終的にはアナタにとって最もおトクなインターネット回線が選べるように、全ての知識をお伝えします。

「そうはいっても、インターネットのことは難しい…。」と思っている方もいるのではないでしょうか。

wifiおじさん3

実はネットって、知識はなくてもシンプルに最適な物を選ぶことはできるから安心してください!

それでは参りましょう!

そもそもインターネットの契約は必要か?

まず最初に聞きたいのは、「インターネット回線を本当に契約する必要があるのか!?」ということです。

「契約する必要があるのかわからない。もしくは悩んでいる」ということでしたら、まずここでハッキリさせておくのが大切です。

インターネットは無くてはならないものですが、スマホで事足りるという人もなんだかんだで多いです。なので、新生活でパソコンも買うし、ネットをたくさんするかも!?という想定で考えているのであれば、まだインターネットの契約はしないことをお勧めします。

インターネット回線の必要度チェック

  • スマホが速度制限にかかることが多い
  • 外でも家でもパソコンでネットをする
  • 暇な時間ができたらyoutubeや動画配信サービスを利用する
  • これから大学生になる
  • 仕事を持ち帰る可能性がある
  • 副業をしようと考えている
  • ゲームアプリをよくする
  • PS4やNintendo switchなどのハード機を利用したゲームをする

この8つの項目のうち、一つでも当てはまるのであれば、あなたはインターネットを契約したほうが、日常生活が便利になりますよ。

wifiおじさん3

もしどれも当てはまらないのであれば、インターネットの契約は必要無いと思いますよ。

それでは、インターネットが必要な方は次を見てください。

インターネット回線は8種類ある

インターネットが必要だと分かったら、次にインターネットの種類を知りましょう。

インターネットは、小さく分けると下記の8種類に分けることができます。

  1. WiMAX
  2. ワイモバイル
  3. キャリア系WiFi
  4. 格安simのWiFi
  5. 光回線
  6. ケーブルテレビ
  7. マンション付属の無料回線
  8. テザリング

これら9種類のインターネット回線を更に大きく分類すると、「ポケットWiFi」「固定回線」「その他」の3つに分類することができます。

そこで最初に結論となることをお伝えすると。

外でも家でもどちらでもインターネットに繋ぎたい方はポケットWiFi」、「家の中だけで動画サービスなどをガッツリと観たい方は固定回線」にするのがおすすめですよ。

ほとんどインターネットは使わないという方はテザリングで十分です。

それでは、ここから大まかな違いを知っていただくために、少し説明します。

ポケットWiFiの特徴(4種類)

ポケットWiFiは、「WiMAX」「ワイモバイル」「キャリア系WiFi」「格安simのWiFi」の5つに分けることができます。

このポケットWiFiというのは文字通り、ポケットに入れて持ち運ぶことができるぐらい小さなWiFiの事ですが、正式名称はモバイルWiFiルーターと言います。

ポケットWiFiの正確な意味はワイモバイル(旧イーモバイル)のモバイルWiFiルーター商標ですが、モバイルWiFiルーター全体のことを指してポケットWiFiと呼ぶ方も一般的な呼び方になっているため、ここではポケットWiFiで統一しています。
ポケットWiFiの特徴
  • 面倒な工事不要
  • 外でも室内でも高速WiFiが利用できる
  • 家にモデムを置く必要がない
  • 夜はフレッツ光よりも速度が速いことが多い
  • 引越しが容易にできる
  • マンションの回線設備に関係なく利用できる
  • たまに圏外になるエリアもある

ポケットWiFiは外でインターネットをする人専門ではない

ポケットWiFiは、スマホと同様に電波のあるところであれば、どこでも自由にインターネットをすることができます。

そのため、外でインターネットを利用することを前提とする人が多いですが、決してそんなことはありません。

ポケットWiFiはインターネットを考えている全ての人が利用を考えても良いものです。

 

ポケットWiFiはどこでも契約することができ、固定回線のように工事も必要ないので、引越しも容易にすることができ、家の中に無駄に大きなモデムを置かなくても良い上に、小難しいプロバイダ等の設定は必要ありません。

また、最近のインターネット回線は格安simでもない限り、十分な速度が出るのでポケットWiFiも例外ではなく速度は速いです。

その上、月額料金が安く、キャンペーンが大きいので、一人暮らしならポケットWiFiが最も利便性の高いインターネットだと言えます。。

固定回線の特徴(4種類)

固定回線は、「光回線」「ケーブルテレビ」「ADSL」「マンション付属の無料回線」の4つに分けることができます。

光回線は基本的にONU(回線終端装置)の設置された登録住所でしかインターネットを利用できません、その代わりインターネットが安定しているという側面があります。

光回線はフレッツ光という名称が一般的に知られているかもしれませんが、フレッツ光はあくまでもNTTの光回線の商標であり、光回線全体をさしているわけではありません。
光回線の特徴
  • 工事が必要
  • 工事費が高額な会社がある
  • 容易に引越しが出来ない
  • フレッツ光は夜遅い
  • 比較的回線が安定している
  • 選ぶ会社次第では非常に高速
  • 解約時の違約金が高い
  • ONUを家に設置する必要があり邪魔
  • 小難しい設定が必要

固定回線はこんな人にオススメ

固定回線はこれらの条件が確実な方だけにオススメします。

  • 数年間は絶対に引越ししない
  • 家でしかパソコンを絶対に使わない
  • パソコンやゲーム機でネットゲームを長時間する
  • 家族で同居し複数人でネットを使う

基本的には家の中だけでインターネットをヘビーに利用する人にとって固定回線はオススメです。何より、固定回線にしなければいけない人はご自身が一番わかっているはずですね!なので悩んでいる方は、ポケットWiFiで十分間に合うでしょう。

そもそも、一人暮らしの場合は家にいる時間の方が少ないかと思います。それなのに家の中だけで使えるものを選ぶのは一般的なライフスタイルを送られる方には少々もったいないでしょう。

wifiおじさん3

一人暮らしの場合、よほどのことがない限り、固定回線を選択肢に入れない方がいいかも!

その他のインターネット方法(1種類)

テザリングは、スマホをモバイルWiFiルーターにみなして、パソコンやタブレットなど様々な端末でインターネットを利用することができる機能の事です。

これはスマホで契約しているデータ通信量を超えると、速度制限にかかったり、バッテリー消費が2倍になるなど、様々なデメリットがありますので、よくネットにつなぐ方には不向きです。

wifiおじさん3

このインターネットの方法は正直、どうしてもネットが使いたくなった時だけにした方がいいですよ!

テザリングの特徴
  • お金がかからない
  • 速度制限にかかりやすい
  • スマホのバッテリー消費が2倍になる
  • スマホが熱くなる
  • よくネットが途切れる(不安定)

新生活も一人暮らしもポケットWiFiがオススメ

結論から最初にお伝えすると、インターネットはポケットWiFiがオススメです。

その理由を説明する前に、少しだけ「ポケットWiFi」、「固定回線」、「テザリング」の3種類のインターネットの特徴をご説明しましたが、アナタはどのインターネットにするか決まりましたか?

もし決まっていないのであれば、ポケットWiFiにしておくことをオススメします。

wifiおじさん3

なんだかんだで一人暮らしなら、ポケットWiFiにしておくと便利なんだよなぁ〜

一人暮らしがポケットWiFiを利用するメリット

一人暮らしの人に、ポケットWiFiがなぜオススメなのかというと、これらの理由(メリット)があります。

  • 設定などの面倒なことが不要
  • ライフスタイルが変化しやすい一人暮らしでも、ポケットWiFiはその変化に対応出来る
  • 十分に大きなキャッシュバックなどがある
  • そもそも家にいることが少ない
  • 引越しをする時などの手続きが容易
  • 家にいる夜でも通信速度が速い傾向
  • カフェなどでパソコンでインターネットができる
  • 工事費用を払わなくても良い
  • 開通まで速い

メリットを挙げていくとキリがないぐらいに出てきますが、ポケットWiFiを利用することで、ライフスタイルが必ずと言っていいほど変化していく一人暮らしの生活にマッチしているインターネットだと言えます。

ただ、家で動画をたくさん見るから、私は絶対に固定回線が必要だ!と感じている方には向いていません。

しかし、後に説明しますがWiMAXを選択すれば、1ヶ月で最大100GBは利用できるので、速度制限になる人は非常に少ないですよ。

ぜひ、必ず固定回線が必要という方でなければ、ポケットWiFiにしましょう!

4種類のポケットWiFiの違い

WiMAX(定番)

wimaxのキャンペーン

WiMAXの特徴はなんといっても”データ通信制限がほぼ無いギガ放題プランがあり、キャンペーンがおトク”なことです。

WiMAXは、様々なプロバイダが同じWiMAXを提供しており、プロバイダによって月額料金や契約期間、キャッシュバック金額などが違うので、しっかりと比較をして、あなたにとって最安値のWiMAXを選ぶのが大切です。

参考実質月額料金:2600円〜4380円

後ほどプロバイダの比較をします。

▽ WiMAXの比較をすぐみたい人はクリック! ▽

ワイモバイル

Y!mobileのキャンペーン

ワイモバイルの特徴は”多少電波が強いが速度制限があり、少し安く見える”ことです。

ワイモバイルはポケットWiFiという言葉を作った会社ですが、正直、回線のプロとしてオススメとは言い難いです。

その理由は、契約した場合に得られるメリットと月額料金が合っていないためです。

実際、WiMAXも今はLTE回線を使えますし、月額料金も変わらないので、明らかにキャッシュバックや月額料金のお得なWiMAXを契約する方が今はオススメです。

参考実質月額料金:2480円〜4380円

wifiおじさん3

今後よほどワイモバイルが良くならない限り契約するメリットは無いかな・・・。

キャリア系WiFi

docomoイメージ

docomo,au,softbankなどのキャリア系WiFiの特徴は”月額料金が高くキャンペーンが少ない”ことです。

ちなみにキャリア系のポケットWiFiは、「Docomoは高すぎる」、「auはWiMAXと同じだけど値段が高い」「SoftBankはワイモバイルと同じ」と言った状況なので、特に選ぶメリットはありません。

またスマホとの割引があるのは、auだけですがWiMAXでauスマホの割引が効くので、これもまた選ぶ理由にもなりません。

参考実質月額料金:3696円〜6000円

【関連記事】

DocomoのポケットWiFiについて

auのポケットWiFiについて

SoftBankのポケットWiFiについて

wifiおじさん3

今は、キャリア系のポケットWiFiは選ぶと損ですよ!

格安sim系のWiFi

simカード

格安sim系のWiFiの特徴は”料金は安くできるが最初は端末代などでお金がかかり、キャンペーンが少なく、速度が遅い”ことです。

格安sim系のポケットWiFiに関しては、格安sim特有の速度の遅さがつきまといます。しかし、データ通信専用プランのsimカードは契約期間の縛りが無いため、初期費用の3000円を払えば格安simの会社で乗り換えは何度でもできます。

ただ、端末は1万7000円〜2万円ほどで買わないといけないため、どうしても最初の1年間は高くなってしまいます。

参考実質月額料金:500円〜6000円

それでも興味のある方はこちらをご覧ください。
格安simのポケットWiFiの作り方

wifiおじさん3

一般的なポケットWiFiの使い方をしたい人には向いていません。多少の設定ができる自信のある人だけお選びいただくことをオススメします。

ポケットWiFiはWiMAXを選べば間違いない

4種類のポケットWiFiの違いを簡単に説明させていただきましたが、WiMAXが実際に良く選ばれており、実際の利用場面において満足できることが多いので、WiMAXにするのが間違いないです。

ワイモバイルは速度制限で不便を感じやすく、auLTEよりエリアが狭いです。格安simを選ぶぐらいあまり使わないのであれば、そもそもテザリングで事足りるはずです。
wifiおじさん3

それにWiMAXは、キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンが充実しており、非常に安く利用できるんですよ!

WiMAXはプロバイダを比較して選ぶ

WiMAXを選ぶ上で大切なのは、アナタがどのプロバイダと相性が良いのかを知るだけでなく、どのプロバイダが安いのかを知ることです。

ではWiMAXを選ぶときの第一歩として、プロバイダの特徴を見ていきましょう!

プロバイダの特徴を最初に知って候補を3つ選ぶましょう

プロバイダの種類は主流のもので5種類あり、あまり知られていませんが、家電量販店も独自のプロバイダでWiMAXを提供しています。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • So-netモバイルWiMAX2+
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BicWiMAX(ビックカメラ)
  • ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)
  • YAMADA WiMAX(ヤマダ電機)
  • edion net(エディオン)

それではそれぞれのプロバイダの特徴を見ていきましょう。

①UQ WiMAXの特徴

2018年3月UQ-WiMAX

UQ-WiMAXは、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズが運営している公式プロバイダです。

コールセンターの繋がりやすさはダントツの1番で、コールセンターサポートを利用したい方にオススメできるプロバイダです。

ただし、月額料金は最高値かつキャッシュバックなどの内容は少し少ないです。

実質月額
(ギガ放題)
3,900円
キャンペーン 商品券プレゼント
支払い方法 クレジットカード
口座振替

公式サイトをみてみる

②BIGLOBE WiMAXの特徴

biglobewimax2018

WiMAXの中で数少ない口座振替に対応しているプロバイダです。

BIGLOBEはインターネット回線業界の中でも大手に属している有名プロバイダなので、安心できる会社と言っても差し支えないです。

 

実質月額
(ギガ放題)
3,500円
キャンペーン キャッシュバック
or
月額割引
支払い方法 クレジットカード
口座振替

公式サイトをみてみる

③So-netモバイルWiMAX2+の特徴

2018年So-netモバイルWiMAX2+

So-netもインターネット回線の中では大手に属しているプロバイダで、セキュリティーや有料のコールセンターサポートなどが非常に強いです。

特に初心者の方にオススメできるプロバイダです。

 

実質月額
(ギガ放題)
3,500円
キャンペーン キャッシュバック
or
月額割引
支払い方法 クレジットカード

公式サイトをみてみる

④Broad WiMAXの特徴

broadwimax2018

BroadWiMAXはキャッシュバックはありませんが、単純な月額料金の安さを取りたい方に選ばれています。

また、独自の満足保証サポートによる、WiMAXで満足できなかった時に違約金なしで乗り換えられるサポートは好評です。

実質月額
(ギガ放題)
3,500円
キャンペーン キャッシュバック
or
月額割引
支払い方法 クレジットカード
口座振替(割高になる)

公式サイトをみてみる

⑤GMOとくとくBBの特徴

GMOとくとくBB2018年

WiMAXで2年間もしくは3年間の実質負担額で常に最安値を維持し続けている大手GMOグループのプロバイダです。

コールセンターは非常に繋がりにくいが、基本ネット上で完結し、手厚いキャッシュバックを受けることができるので、人気No1のプロバイダです。

 

実質月額
(ギガ放題)
2,800円ほど
キャンペーン キャッシュバック
and
月額割引
支払い方法 クレジットカード

公式サイトをみてみる

⑥家電量販店系プロバイダのWiMAXの特徴

ヨドバシカメラ梅田

  • BicWiMAX(ビックカメラ)
  • ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ)
  • YAMADA WiMAX(ヤマダ電機)
  • edion net(エディオン)

これらは家電量販店系WiMAXとして、同じ特徴が多くありますのでひとまとめにしてご説明させていただきます。

家電量販店系プロバイダは、基本店舗でしか契約することができないですが、そもそも契約する必要はないと思います。なぜなら、月額料金は最も高く、キャッシュバックなどの特典も非常に少ないからです。

また解約方法も独自の方法をとらなければならず、店舗に持っていっても解約できなかったりと、あとあと面倒に感じることの多いものです。

実質月額
(ギガ放題)
4,200円
キャンペーン 商品券
or
キャッシュバック
or
ポイント
支払い方法 クレジットカード

さらに詳しく知りたい方は、各家電量販店へいくかお問い合わせください。

おすすめのプロバイダは3社

個人的にお勧めのプロバイダは3社だけです。

オススメのプロバイダ
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

これらのプロバイダがオススメな理由はいくつかありますが、これらの理由からです。

  • 「GMOとくとくBBは実質負担額が最安値」
  • 「BIGLOBE WiMAXは口座振替ができるプロバイダで最安値」
  • 「BroadWiMAXはキャッシュバックはないけど、サポートや月額料金が安く、契約更新付きに端末を無料プレゼントしてくれる」

一言でいうなら選んで間違いのないプロバイダとも言い換えることができます。

 

さて、ここから、あなたが目星をつけているWiMAXプロバイダがどのくらい安いのかわかる比較表を準備しましたので、見てみましょう!

各WiMAXのプロバイダの料金比較表

プロバイダ実質月額キャッシュバック特典
GMOとくとくBB
(WX03)
2年契約
2788円34100円CB
GMOとくとくBB
(W04)
2年契約
2829円33100円CB
GMOとくとくBB
(W05)
2年契約
2863円32300円CB
So-net
(W05,WX04)
3年契約
3046円30000円CB
BIGLOBE
(W04,WX03)
2年契約
3073円30000円CB
割引
GMOとくとくBB
(W05)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3091円40900円CB
GMOとくとくBB
お得コース
(W04)
2年契約
3132円0円割引
カシモWiMAX
(W04,L01)
※auスマートバリューmine加入不可
2年契約
3213円0円割引
GMOとくとくBB
(W05,W04,WX03,L01s)
2年契約
3281円0円割引
GMOとくとくBB
(WX04)
3年契約
3302円0円割引
GMOとくとくBB
(W04)
3年契約
3321円32600円CB
GMOとくとくBB
(W05,L01s)
極みコース
2年契約
3368円0円割引
BIGLOBE
(W05,WX04,W04,L01s)
3年契約
3509円30000円CB
BroadWiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3573円0円割引
DTi WiMAX
(W05,WX04,L01s)
3年契約
3695円30000円割引
UQ WiMAX
3年契約
3878円10000円CB
DTi WiMAX
(WX03)
2年契約
4233円0円割引
ケーズデンキ
3年契約
4241円5000円CB
エディオンネット
(エディオン)
3年契約
4241円5000円CB
BicWiMAX
(Bicカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
3年契約
4241円5000円CB
@nifty WiMAX
(W04,WX03,L01)
2年契約
4265円0円割引
ギガ放題プラン(データ通信ほぼ使い放題のプラン)加入した場合の現在のキャンペーンを含めた実質月額料金です。

実質月額料金は下記の計算方式に基づき算出しております。
(実質月額料金=必須契約年数の合計金額-キャッシュバック金額÷必須契約月数)

表を見ていただいて分かる通り、やはり最安値に君臨するのは、GMOとくとくBBです。

特に今月はキャッシュバックも強烈で、選ばない理由がないほどです。

是非とも、表の気になるプロバイダの名前をクリックしていただいて、該当のページをご覧ください。

 

ポケットWiFiは断然WiMAX!端末はなんでもOK!

ポケットWiFiに関して、実際の料金などまで詳しくご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここで掲載している情報は唯一損をしない選び方をするための方法です。ただ一つだけ足りない情報があります。それはWiMAX端末についての情報です。

しかし、しいて言わせていただくと、端末はそんなに選ばなくても良いです!

家でしか利用しない方は、「HOME L01s」外でも使いたいという方は「W05やWX04」などのポータブルタイプを選べば問題ありません。

それでも悩んだ方はこちらの端末の記事をお読みください。

→ W05とWX04などを5つのポイントで徹底比較!本当にいい端末がわかる

 

ここまで様々な情報に触れていただいて、あなたもポケットWiFiについて詳しくなったのではないでしょうか!?

もうすでに、失敗しない選び方ができるほどの知識は入っていると思いますので、コレだ!と思うプロバイダを選んでくださいね!