FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

置くだけWiFiのシンプル比較

置くだけWiFiという言葉が浸透してきてから、SoftBank,au(WiMAX),docomoの3社とも、工事不要の置くだけでネットができるWiFiが登場してきました。

ただ、その結果、置くだけWiFiの選び方が複雑になってきて、「どれを選べばいいのかわからない。」と言った状態になっている人も少なからずいます。

それでも、アナタは損しない置くだけWiFiはどれか?を知りたいだけですよね。

そういった方のために、下記情報を簡単にわかりやすくお伝えします。

  • 「SoftBankとauとdocomoの置くだけWiFiの違い」
  • 「置くだけWiFiの選び方」
  • 「お得に契約できる置くだけWiFiのキャンペーン」
  • 「実際に置くだけWiFiを使った場合の速度制限や通信環境」
    など

ここでは簡潔にどの置くだけWiFiを選択すれば間違いないか、実際に利用したレビューも踏まえてお伝えさえていただきます。

置くだけWiFiは4社ある

工事なしでコンセントに挿して置くだけでネットが使えるWiFiというと、下記の4種類あります。

  • SoftBankAir
  • auスマートポート
  • WiMAXホームルーター
  • ドコモおくダケWi-Fi

ただ、置くだけWi-FiというとSoftBankAirだけという印象が強い方も多い方もいるのではないでしょうか。

SoftBankAirの方が有名な理由!

大型家電量販店のパソコンコーナーやスマホコーナーに、「置くだけですぐ繋がる!使い放題の高速インターネット」というキャッチコピーでSoftBankAirのポスターが貼ってあったからです。

ちなみに、置くだけWiFiというイメージが薄いauやWiMAXは、ホームルーターという名称で呼称していたため、違った商品のような印象を持っている人も多いです。

ただ実は、本来「置くだけWiFiではなく、ホームルーターが正式名称なので、auやWiMAXの方が正式な名称で販売していた」ということになります。

ここからが本題ですが、置くだけWiFiにおける一般ユーザーの選択肢は実は2社しかないのはご存知ですか?

実は!置くだけWiFiはSoftBankAirとWiMAXの2社のみしかない

SoftBankAirは、そのままSoftBankのスマホと同じLTE回線を使える置くだけWiFiなのは多くの方がご存知の通りです。

ただ、docomoやauが置くだけWiFiから外れるという理由は、下記の通りとなります。

docomoが置くだけWiFiは法人専用の公衆WiFi設備のこと

docomoイメージ

docomoには確かに「ドコモおくダケWi-Fi」という商品がありますが、これは法人専門(会社や店舗等)に向けた公衆Wi-Fi環境を構築するサービスのことです。

そのため、一般の方が申し込みできるものではありません。

よってdocomoの置くだけWiFiは、名称は似ているものの、一般的な置くだけWiFiとは似て非なるものなので、置くだけWiFiから除外となります。

auの置くだけWiFiはWiMAXプロバイダなだけ

KDDI(au)ロゴ

auの置くだけWiFiは、実はWiMAX回線を利用したホームルーターのことです。

そもそもauの置くだけWiFiは前述した通り、auスマートポートという名称で販売されていますが、WiMAXをauがプロバイダとしてサービス提供している置くだけWiFiなのです。

ただこれだけだと、auの置くだけWiFiと言えないこともありませんが、auを置くだけWiFiから除外しなければならない理由は他にもあります。

それは、WiMAXはプロバイダによって安さやキャンペーン内容が大幅に変わるため、本来のサービス提供元であるWiMAXをベースに考えなくてはお得なものを見つけにくいからです。

 

これらの理由から、置くだけWiFiはSoftBankAirとWiMAXの2社で見ていく必要があるのです。

オススメの置くだけWiFi(選び方の結果)

 

置くだけWiFiは2種類とお伝えしましたが、まず最初にお伝えすると、どちらも良いサービスです。

そのため、それぞれのオススメ(選び方の結果)をお伝えさせていただきます。

SoftbankAirがオススメな人とオススメの代理店

SoftBank Airはこんな人にオススメ

ピカチュウのSoftBankAir

  • ソフトバンクスマホを使っている(割引がある)
  •  回線提供エリア内の人(繋がらないことがある)
  •  夜はあまり使わない人(速度が遅いため)

SoftBankAirが、SoftBankスマホユーザにオススメな理由は、SoftBankスマホが最大毎月1,522円割引になるからです。

ただ、夜になると遅くなる傾向にあり、地域によりますが通信速度は2~3Mbps程度になることがよくあります。

※大阪の新大阪付近でも夜になると極端に速度は遅くなりました。

そのため夜に動画配信サービスを利用したり、大容量データのやり取りをする方、WEBサイトなどやインスタグラムやツイッターを快適に利用したい方は、ある程度の通信速度が必要なため、SoftBankAirはオススメできません。

ただ遅いからといって全くインターネットが利用できないわけではないので、ソフトバンクスマホが安くなることにメリットを感じる、通信速度はほどほどで良いユーザーにはオススメできます。

SoftBankAirの速度制限について

SoftBankAirに速度制限は明確には設けられていませんが、ネットが混雑する時間帯になると通信回線に帯域制限を設ける可能性があると、ホームページ上でも公開しています。
実際に使った側からすれば、速度制限でもかかったかのような状態になるので、速度制限があるのかないのか怪しいところではあります。

最もオススメのSoftBankAir代理店

SoftBankAir-lifesupport

SoftBankAirはいろんな代理店で契約することができ、様々なキャッシュバックキャンペーンを展開しています。

その中でも最もお得な代理店が「ライフサポート株式会社」です。

月額料金はSoftBankAirのみなら3800円で、SoftBankスマホ割引有りなら4300円の一律、かついずれも35000円キャッシュバックがあり、オプションの加入も不要です。

そのため実質月額1,842円(SoftBankスマホ割引含む)〜2,342円となります。

SoftBankAirが最もお得なサイトへ
※代理店のSoftbankAir紹介サイトへ飛びます。

WiMAXがオススメな人とオススメのプロバイダ

WiMAXの置くだけWiFiはこんな人にオススメ

l02 image

  • auスマホを使っている人(割引がある)
  • 夜でも通信速度が遅くなりたくない人(常に早い)
  • 回線提供エリア内の人(まだ弱い地域もある)
  • キャッシュバックが欲しい人(光回線なみの高特典)
auスマホユーザーにオススメの理由は、WiMAXを利用している方は特別にauスマホの月額料金が毎月最大1000円割引になる、auスマートバリューmineという割引を受けることができます。

また、WiMAXは通信回線のキャパが非常に強いのか、通信速度は混雑しやすい夜であっても10Mbpsほどの速度が出るため、いつでも快適なインターネット環境を得ることができます。

正直、光回線やSoftBankAirよりも速いことが多いので、いつでもインターネットを快適に利用したい方にオススメです。

WiMAXの速度制限について

WiMAXは8割以上の方が加入しているギガ放題プランを選択すると、1ヶ月の速度制限はありません。
しかし、3日間で10GBの容量を利用すると、速度制限にかかってしまいます。
ただ10GBに達した日の次の深夜帯の時間のため、速度の遅さを肌で感じる方は意外と少ないです。
ちなみに速度制限にかかってもyoutubeが再生できる程度となっています。

最もオススメのWiMAX置くだけWiFiのプロバイダ

Broad WiMAX独自キャンペーン

WiMAXの置くだけWiFiは数十社のプロバイダが販売をしており、キャッシュバック・月額料金の割引などキャンペーンも多岐に渡ります。

ただ数あるプロバイダの中でも、コスパが良いのが「BroadWiMAX」です。

月額料金イメージ

1~2ヶ月目:2,170円、3~24ヶ月目:3411円、25~36ヶ月目:4011円。更にキャッシュバック10000円で実質月額最安値となります。

ちなみにauやUQWiMAXといったプロバイダと比較すると、毎月700円以上、3年間で3万円ほど安く”置くだけWiFiを利用できる”ようになっています。

色々たくさん調べている方は、GMOとくとくBBの方が安いのではないか?と考える人もいるかもしれませんが、これはあくまでもキャッシュバックが受け取れた場合のみ。

クラウェブ(当サイト)限定のキャンペーンで10,000円キャッシュバックは翌月末には受け取れるため、確実に安く利用できるWiMAXプロバイダは、BroadWiMAXです。

■WiMAXプロバイダのキャッシュバックキャンペーンの比較表

WiMAXキャッシュバックキャンペーン

BroadWiMAXの限定キャンペーンサイトへ
※プロバイダの公式キャンペーンページにリンクしています。

置くだけWiFiを選ぶ時の大切なポイント

置くだけWiFiを選ぶときに大切なポイント!
  • そもそも置くだけWiFiを選ぶべきかどうか
  • どっちがキャンペーンが大きいのかを知る!
  • 比較して双方の良さを知る!

たったこれだけで、あなたにとって最高の置くだけWiFiを選ぶことができます。

置くだけWiFiを選ぶメリットはこれだけある

置くだけWiFiには多くのメリットがあります。

  • 回線工事がない
  • 契約したらすぐに使える
  • フレッツ光や光コラボよりも夜は速度が速い
  • 引っ越し時は端末を持っていくだけで良い
  • キャッシュバックがある
  • 毎月安く利用できる

これらのメリットを少しご紹介します。

置くだけWiFiは回線工事なしで設置したらすぐ使える

置くだけWiFiはコンセントにさしてWiFi設定をするだけで、簡単に高速インターネットが利用できます。

対照的に、光回線を利用したインターネットは、マンションでも戸建てでも、設備が建物に導入されていてもいなくても、基本的に開通工事が必ずあります。

ただこの開通工事は、NTTの基地局内でできるものと建物内の回線終端装置を触るものなどがあり、専門知識を持った人でしかできない作業なので仕方ありません。

しかし、工事があることで、家の中にはいられたくない人も家の中に入られたり、1万円以上もかかる工事費を払い、開通まで時間がかかる場合もあるので、新生活の場合は引っ越してすぐにネットが使えないなんてこともよくあります。

夜はフレッツ光や光コラボより通信速度が速い

フレッツ光や光コラボというと、世界でも類を見ないほど高品質なNTTの光回線を利用したインターネット回線です。

しかし、利用者が増えればどれだけ高品質な光回線であってもキャパオーバーをしてしまい、一人一人の通信速度は遅くなります。

実は、NTTの光回線を利用する人が光コラボが登場してから非常に増えており、ネット利用者の多い昼頃・夜19~22時頃が非常に遅くなる傾向にあります。

スマホで言うところの速度制限にかかったんじゃないか?と感じるぐらいに遅くなる人もいます。

ただ、置くだけWiFiの場合、WiMAXなら夜でも関係なく通信速度が速いと言う声も多く、SoftBankAirは速い地域もあるが、遅くなる地域もあるようです。

私の所感としては、東京24区内であればSoftBankAirでも割と通信速度が速い気がしますが、大阪だと夜は遅いです。

引越しするときに解約の必要なし

置くだけWiFiはコンセントがあればインターネットが使えるので、引っ越しをするときは本体を持っていって、住所変更をしたと電話をするだけで済みます。

しかし、光回線を利用していて引越しする場合、引越し先で利用できるかエリア調査をしたり、使えない場合は撤去工事があったりするため、解約する際も引越しする際も手間がかかってしまいます。

置くだけWiFiなら、非常に手続きが簡単ですね。

光回線と比べても月額料金は大きく変わらず安い

光回線と置くだけWiFiの料金を比較してみると一目瞭然です。

マンションで利用した場合の想定で料金比較をしてみましょう

  置くだけWiFi
BroadWiMAX
光コラボ
OCN光
契約期間 3年 2年
月額料金
(1~2ヶ月)
2,726円 3,600円
月額料金
(3~24ヶ月)
3,411円 3,600円
月額料金
(25~36ヶ月)
4,011円 3,600円
キャッシュバック 10,000円 21,000円
実質月額 3,295円 2,725円

光回線の方が少しだけ料金が安いですが、引越し手続きや解約の手間、工事の手間などを考えると妥当ですね!

ただ思った以上にWiMAXも非常に安いので利用しやすいです。

光回線か置くだけWiFiのどちらを選ぶべきか?

置くだけWiFiを選ぼうとしている方の多くは、光回線か置くだけWiFiのどちらがいいのか悩んでいませんか?

この疑問に対して置くだけWiFiを選ぶべきではない人は、下記の3人だけです。

置くだけWiFiを選ぶべきではない人

  • ネットゲームをメインで利用する人
  • 家中の家電や端末などにWiFiを繋いで、安定したネットワーク化したい人
  • huluやu-next,netflixなどの動画配信サービスを毎日何時間も見る人

このような方は、電波環境に左右されない光回線の安定した通信が非常に重要になるので、置くだけWiFiを選ばないでください。

とはいえ、置くだけWiFiが不安定というわけではなく、通信速度だけなら置くだけWiFiの方が速い場合もあります。ただ、光回線はPingと呼ばれるネット通信の応答速度が非常に秀逸なため、ネットゲームなどでラグが発生しづらいからです。

あとは通信容量が膨大になりすぎる人も、置くだけWiFiだと特別な例外対応の通信制限にかけられる可能性もあります。月間200GBを超える方は要注意です。

置くだけWiFiを3つのポイントで徹底比較!!

さて、このSoftBankAirとWiMAXの置くだけWiFiとしての性能はどっちが優秀なのか!?そしてアナタが使うならどっちがお得なのかを見ていきましょう!

繋がりやすさ(エリア)を比較

SoftBankAirの回線

まず、SoftBank Airは、AXGP回線という2.5GHz~3.5GHzの通信速度がものすごく速い回線を利用して、サービス提供を行っています。

このAXGP回線は、Wireless City Planning 株式会社という会社が所有しているものを使っており、通信提供エリアの状況は、Wireless City Planning 株式会社の提供エリアから確認することができます。

WiMAXの回線

WiMAXは、WiMAX2+という2.5GHzの通信速度がものすごく速い回線とau4GLTE(auスマホとおなじもの)という届く距離の長い回線を利用してサービス提供を行っています。

au4GLTE利用時は、月間7GBの通信速度制限がかかるので、動画などを楽しみたい場合は使わないほうがよいでしょう。

WiMAX2+回線の通信提供エリア情報は、UQ-WiMAXのエリアから確認することができます。

ちなみにサイト管理者は、兵庫県尼崎市といわれてる大阪から近く神戸からも近いベッドタウンのマンションに住んでいるのですが、WiMAXの提供エリアでありながらも残念なことに持ち運べるタイプのWiMAXは電波が入らず圏外です…。

様々な要因が考えられますが、建物により電波が遮られているのだろうと思います。

エリアはどっちが広いか提供エリア地図で比較!

SoftBankAirとWiMAXの提供エリアは色付きの部分です。

基本的な対応エリアは、東京・名古屋・大阪・広島・福岡の中心地の場合、そこまでの差はありませんが、関東でいえば千葉県・埼玉県・茨城県といった中心から少し外れた地域の場合、WiMAXの方が電波が強いといえますね!

ただ、この提供エリアマップの色付きのところに住んでいるからといって、確実に電波が届くと保証しているわけではありませんので、契約前には必ず使いたい住所で提供判定を行うことをお勧めいたします。

→ SoftBankAirの提供エリア判定

→ WiMAX2+の提供エリア判定

 

SoftBankAirとWiMAXの月額料金を比較

SoftBankAirはスタンダードとプレミアムの2種類の月額料金がありますが、契約する場合は安いほうがいいですよね!

そうなるとプレミアムプランで比較をする人は少ないと思うので、比較は月額料金の安いスタンダードプランかつキャッシュバック条件がゆるく2番目にお得な代理店の株式会社NEXTで比較しました。

また、WiMAXもキャンペーンなどを含めて月額料金の安いところを3社選択しました。

SoftBankAir-WiMAX比較表

SoftBankAirとWiMAXの契約期間に大差はありませんが、月額料金はWiMAXのほうが安いです。

SoftBankAirは少し契約期間が複雑になっており、回線は2年契約、端末は3年分割となっているので最もお得に解約できるのは、3年目に違約金を払って解約することになります。

またSoftbankAirは、使っているスマホキャリアによって月額料金は変わります!

キャリアのスマホユーザーは、パケット定額5GBプランの利用者が多いので、5GBの場合においてのスマホ割引を料金に当てはめて比較をしてみました。

スマホ割引含む比較表

SoftBankのスマホユーザーにとって安いのはSoftBankAirです。そして、auスマホユーザーもいうまでもなくWiMAXですね!

また、docomoスマホユーザーはスマホ割引のある置くだけWi-Fiがないので、WiMAXが安いですね!

この比較からいえるのは、自分の使ってるスマホに合わせて置くだけWi-Fiを選ぶことで安くなるということです。

やはり、置くだけWi-Fiを使うなら料金が安いにこしたことはないですよね!

口コミでSoftBankAirとWiMAXを比較

ここまで月額料金や電波のつながるエリアを簡単に比較しました。

ただ、これらの情報だけで本当の良さは全く分かりません。そこでネット上に上がっている利用者の口コミを集めてみました。

SoftBankAirの口コミ

 

きたきたっ💦 楽チン😲 #softbankair #wifi #案外届く

キンブレシート作成中❗さん(@kingbladesheet)がシェアした投稿 –

 

こやつ、やりおる… #爆速 #softbankair #レンタル品

@aoakatokyoがシェアした投稿 –

 

. . おうちのwifiをSoftbankAirにしたよ 🔌さすだけで快適🐶🎵 . .

ぽこ太郎さん(@pocostagram___)がシェアした投稿 –

SoftBankAirの口コミを見てると、ものすごく女性の声が多かったのがびっくりでした!

私の周りでも女性でネットの口コミなどを出している人がいないのですが、置くだけWi-Fiというぐらいコンセントにさすだけで簡単につながるのは本当に嬉しそうです。

また通信速度も満足の行く方が多く、速度制限の緩和に利用されている方が多いようです。

ただ、気を付けていただきたいのが夜になると速度制限にかかるように遅くなることがあるようです。もしかしたら利用するエリア次第かもしれませんが、当サイトでも利用してみたところほぼ毎晩遅いです。

■SoftBankAirの実際に使ってみた速度

SoftBankAirの速度(夜21時頃)

びっくりされるかもしれませんが、速度制限にでもかかったのか?と感じるような2Mbps程しか速度が出ていません。

この状態だと動画は満足に見れないので、当然テレビでHuluやNetflixを楽しんだりすることはできません。また少し画像が多めのWEBサイトやInstagramも満足には見れない速度でした。

契約しているものの少し残念でなりません。

この時WiMAXの方は40Mbps以上の速度が出ていました。

WiMAXの口コミ

ネット使い放題の代名詞というとWiMAX!!光回線と比べて値段が安いということで、ホームタイプのWiMAXを選んだ方もいるようでした。

私もWiMAXのL01を利用したことがありましたが、持ち運びタイプのWiMAXでは家の中が圏外でしたが、ホームタイプは電波が入りました。

ちなみに、SoftbankAirと速度比較するとこのぐらいの差がありました。

WiMAXでの速度(夜21時頃)

L02ではありませんが、さらに古いモバイル端末を使った結果なので、L02の方が速度が早いかもしれません。

それでも、SoftBankAirで2Mbpsのところ、42Mbpsという速度が出ました。

SoftBankAirとWiMAX(au)の速度制限についての注意点!

両方とも、「通信速度制限は無い」と伝えているサイトは多くありますが、厳密にはあるので、注意をしなければなりません!

ただし、注意をすれば速度制限にかからないように利用する方法もあります。

SoftBankAirの速度制限について

ソフトバンクエアーの速度制限

明確にこれといった速度制限は設けられていませんが、あまりにもネット通信をし過ぎた場合は通信制限にかかる可能性はあります。

とはいえ、普通に使っている限りは速度制限にはかからないので安心してください。

 

しかし!口コミでもあるように、夜になるとSoftBankAirが速度制限にかかったように動画もよく止まるほど遅くなるという声もチラホラと見かけます。

とはいえ、夜でも快適に使えている人もいるのは確かなので、もしかしたら利用するエリアによって、回線の混雑具合が原因になっているのかもしれません。

 

どちらにしても、遅くなる可能性がある!ということは想定しておいてもよいかもしれません。

契約してから8日間はクリーニングオフが効きますので、キャンセルすることができます。もし利用可能でも満足な使い勝手が得られないのであれば、キャンセルするのも一つの手かもしれませんね。

WiMAXの速度制限について

speed wi-fi home l01の速度制限について

WiMAXに関しては、選ぶプランによって通信制限のデータ通信容量が変わります。

通常プランは1か月で7GBの速度制限がつき、ギガ放題プランは1か月の速度制限はありません。ただし、3日間で10GB以上利用すると速度制限にかかります。

とはいえ、3日間で10GBなんて、huluやu-nextで高画質な映画を1日2本以上観ても超えるか超えないか程度なので、なかなか超えるようなものでもありません。

ただ一番注意なのは、au4GLTE回線を利用する場合です。

WiMAXは、WiMAX2+という回線を利用したときに限り、月間の速度制限がなくなりますが、au4GLTEを利用したときは7GB制限がつきます

そして、WiMAX端末は、au4GLTEに対応しているので、利用することができてしまいます。ただ利用しない方法もあり、それは通信モードの設定を、「ハイスピード」にしておくことです。「ハイスピード」モードの時は、WiMAX2+しか利用できない設定なのです。

ただ安心してください。

箱から出した時の最初の状態は「ハイスピード」モードになっています。

「ハイスピードプラスエリア」モードにしてしまうと、au4GLTEを使うという設定になるので、この部分の設定は変えないでくださいね!

WiMAXの置くだけWiFiの特徴

WiMAXの良いところはキャンペーンが充実しているところです。

特にキャッシュバックは光回線と同じぐらい高額なので魅力的です。

またプランが2つあり、多数のプロバイダの中から選べるので非常に人気があります。

更に、auスマホ利用者は、毎月最大1000円割引を受けることができます。
(パケット定額5GB以上で1000円、それ以下は少しだけ割引額が減ります。)

そして、WiMAXの置くだけWiFiには2種類の端末があります。

今は最新かつ性能が高い「WiMAX L02」がおすすめです。

WiMAX L02とHOME01を徹底比較!どっちがいいのか

L01sはあくまでもL02の旧機種なので、L02とHOME01が本来のホームルーターの比較対象となります。

ではどちらが優れたホームルーターなのか、細かく比較をしたのでみてください。

比較ポイント
  • 端末のコンパクトさ(サイズ)
  • 室内での電波環境の良さ(通信技術)
  • 通信速度の速さ(規格速度)

L02かHOME01はどっちがコンパクトか

※L02はL01sのサイズとほぼ同じ(高さだけ2mm小さいだけ)なので、L01sとの比較表を参考にできます。

home01-l01sサイズ比較表

  L02 HOME01
横幅(W) 93mm 70mm
高さ(H) 178mm 155mm
奥行き(D) 93mm 100mm

L02は円柱形フォルムとなっていますが、HOME01はL02より少し奥行きがある楕円形のフォルムとなっています。

しかし、幅と高さはどちらも2センチ以上HOME01の方がコンパクトです。

室内で繋がりやすいのはL02かHOME01のどっち

L02 HOME01
アンテナ4本 イメージ ワイドレンジアンテナ+WiMAXハイパワー
アンテナ4本 アンテナ4本

WiMAXハイパワー

結論は、L02とHOME01はあまり変わらないと思ってください。

HOME01の方がWiMAXハイパワー機能がついているため、通信がよくなりそうな感じはあります。

しかし、メーカーの技術力の問題として、最近ではNECよりHUAWEIの方が進んでおり、モバイル端末においても実際に使った感触としてNECよりHUAWEI製品の方がアンテナの入りが良いと感じます。

そのため、どれだけ機能がついていようが、HUAWEIのアンテナ性能に追いついた程度になっていると感じます。

通信速度はL02かHOME01ならどっちが速い

  L02 HOME01
  l02 image home01
通信速度
(ハイスピードエリアモード)
下り最大1Gbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
通信速度
(ハイスピードモード)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps

L02はHOME01と比べて最大下り速度が2倍以上の数字になっています。

しかし、通信速度は、どちらも5~70Mbps程度しかでないと思っていただくのが良いでしょう。

なぜならインターネット回線は全て、「こんぐらいの通信速度は理論上出せる性能ですよ」という数字をスペック表に記載しているだけで、まず100%記載されている数字の速度は出ません。

ネット回線は全て、ベストエフォート型サービスと言われ、インターネットを利用する周辺での同じ回線を利用する人の数、電波強度、利用端末の性能など、様々な要因によって通信速度が決まります。

また、WEBサイトの閲覧であれば10Mbps、動画の閲覧は20Mbps、オンラインゲームは3Mbpsの速度があれば、ストレスなく利用することができるので、100Mbps出たとしても違いを感じることはありません。

ただ、通信速度の上限が大きければ大きいほど、実際に出る通信速度も少しだけ速くなる傾向にあるので、全く参考にならないかと言うとそうではありません。

よって通信速度面ではWiMAX L02の方が優勢と言えます。

本当に、速さを体感したい方は、通信速度を気にするよりも、パソコンやスマホの性能を決める「CPUやメモリ」が良い奴を選ぶ方が速度の速さを実感することができます。

【まとめ】WiMAX L02とHOME01ならどっちがいいか?

  WiMAX L02 HOME 01
  l02 image home01
サイズ
通信環境
通信速度

どちらを選ぶべきかまとめると、

  • コンパクトさ重視ならHOME01
  • 性能重視ならWiMAX L02

このような選び方をするのが良いですね!

WiMAXの置くだけWiFiにある2つのプラン

  • ギガ放題(月間通信制限なし:基本月額4380円
    (※3日間10GB制限あり))
  • 通常プラン(月7GBの制限あり:基本月額3,696円
    (※3日3GB制限))

※ギガ放題のみauスマホの割引が対象(auスマートバリューmine)です。

WiMAXホームルーターの料金やプロバイダごとのキャンペーン比較

当サイトがWiMAXでオススメできるプロバイダのみを厳選し、キャッシュバックや月額料金を比較しました。

※ギガ放題プランを選んだ時の想定です。
※他にも良いプロバイダは多数ありますが、長く使うことを踏まえてコスパで満足できるプロバイダを選んでいます

置くだけWiFi(WiMAX)ランキング

そして料金とキャンペーンも含めて比較をすると、支払い金額が最も安いのはGMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン)だということがわかります。

ただ、安いからいいとは限りません

ここから少し、上記プロバイダの中でもおすすめできる下記のプロバイダ3社の特徴を説明させてください。

  • GMOとくとくBB
  • So-netモバイルWiMAX2+
  • Broad WiMAX

GMOとくとくBBのメリットとデメリット

gmo201905

このプロバイダの良さは「キャッシュバックの多さ」と「キャンペーンをキャッシュバックか月額割引か選べるところ」です。

特に月額割引キャンペーンは、WiMAXの中で最も安い料金設定になっており、WEBサイト経由での申し込み数はTOPクラスです。

ただその反面、キャッシュバックの受け取りは非常に難しくなっており、契約してから約1年後に専用のメールに届くメールを開いて受け取り手続きを行う必要があります。

さらに受け取り手続きを1ヶ月忘れた場合、キャッシュバックの受け取り権利を失効してしまうため注意が必要です。もちろんキャッシュバックを受け取らなければ、コスパの悪いWiMAXの置くだけWiFiとなってしまいます。

また契約時に月800円相当となるオプションに加入しなければなりません。

→ GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンサイトへ
※キャッシュバックキャンペーンページに飛びます。

→ GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンサイトへ
※月額割引キャンペーンページに飛びます。

So-netモバイルWiMAX2+のメリットとデメリット

So-netモバイルWiMAX2+

このプロバイダの良さは、「実際に支払う月額料金の安さとアフターサポートの2点」です。

特に初心者にとって契約して損の無いプロバイダとして一押しです。

So-netは他のプロバイダで行っていない、2年経過後にその時に発売されている最新端末への乗り換えを無料でできます。

wifiおじさん3

端末は毎年出てるから2年後にはその時に出ている新端末が使えることになるよ。

更に、オプション加入は不要ですが、パソコンやタブレットなど3台分使えるセキュリティーが12ヶ月無料だったり、優秀なコールセンターオプションを12ヶ月無料で利用できるので、一度はオプションに入っても損はないでしょう。

→ So-netモバイルWiMAX2+のキャンペーンサイトへ

Broad WiMAXのメリットとデメリット

Broad WiMAX独自キャンペーン

このプロバイダの良さは、「毎月の支払いが安いこと、即日受け取りができること、2年経過後に無料で端末を交換できること、更に違約金の負担をしてくれること」が挙げられます。

また当サイトだけの限定キャンペーンで「1ヶ月後に現金10,000円キャッシュバック」しています。

その結果、今回紹介した3つのプロバイダの中で1番実質月額料金が安く、WiMAXプロバイダ全体でも最安値級に位置しています。

キャッシュバックランキング

安くて安心して利用できるWiMAXを選びたい方に間違いなくオススメします

今最もお得なキャンペーン /
BroadWiMAXクラウェブ限定サイト

BIGLOBEとUQWiMAXはあまり選ぶメリットがない

BIGLOBEとUQWiMAXは老舗のプロバイダですが、他のプロバイダと比べると料金が高くコストメリットがほとんどありません。

BIGLOBEもUQWiMAXの料金
  UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
キャンペーン 10000円商品券
(最新機種は0円)
30,000円
キャッシュバック
月額料金
(1~2ヶ月)
3,696円 3,695円
月額料金
(3~36ヶ月)
4,380円 4,380円
3年合計金額 156,312円 156,310円
実質月額 4,064円 3,508円

どちらのプロバイダも、サポートに対しては定評がありますが、So-netと大差ないので、料金面・サポート面の双方においてあまり選ぶ理由はないかもしれません。

SoftBank Airの特徴

SoftBankAirはWiMAXとは少し違って代理店によってキャンペーンが異なりますが、SoftBank本社が出すよりも代理店の方が頑張って販売数を伸ばそうとしている傾向にあり、キャンペーンも大きくなっています。

とはいえ、代理店もそう多くはないので、基本的にはYahoo!が販売しているSoftBankAirを選ぶのがおすすめです!

SoftBankAirの2種類の月額料金

SoftBankAirの月額料金は「おうち割がある場合」と「おうち割がない場合」の2種類あります。

おうち割とは、auのスマートバリュ−mineよりも割引額が大きなスマホの月額割引サービスのことで、最大1522円/月の割引を受けることができます。

おうち割ありの場合の月額料金

プラン Yahoo!BB基本サービス
(スタンダード)
Yahoo!BB基本サービス
(プレミアム)
基本月額 5,180円 5,380円
割引
(キャンペーン)
-580円
端末代金 実質無料
月額料金
(支払金額)
4,600円 4,800円
更に…
キャンペーン
20000円
キャッシュバック
実質月額
(キャンペーン含む)
3,767円 3,967円

おうち割でここから更に、月額で最大1522円も通信費自体が安くなります!

→ SoftBank Airの公式サイト

おうち割なしの場合の月額料金

プラン Yahoo!BB基本サービス
(スタンダード)
Yahoo!BB基本サービス
(プレミアム)
基本月額 5,180円 5,380円
割引
(キャンペーン)
-1,080円
端末代金 実質無料
月額料金
(支払金額)
4,100円 4,300円
更に…
キャンペーン
20000円
キャッシュバック
実質月額
(キャンペーン含む)
3,267円 3,467円

おうち割なしの場合、月額料金は多少安めに見えますが、スマホとセットで考えたときにはそこまで安くないですね。

 

これまでの知識をふまえて、ここから、置くだけWiFiはSoftBankAirにするべきか!?はたまた、WiMAXにするべきか!?

両社を具体的に比較をしていきましょう!

置くだけWiFiはどこで契約するとお得か!?契約方法での比較

どっちが自分にとってお得かわかった!でも、どこで契約すればいいのだろうか。と考えていませんか?

結論を先にお伝えすると、、WEBサイトからの申し込みが一番お得です。

なぜって、人件費がかからないからキャンペーンが大きいというのが理由です。あとは月額料金はどこで入っても同じですから、それならキャンペーンで得したほうがいいですよねっ!!

ただ、置くだけWi-FiのSoftBankAirとWiMAXは、家電量販店・WEBサイト・携帯ショップなどのさまざまな場所で契約することができます。

そのため、様々な契約方法による特徴をご紹介して、比較しやすくしました。

家電量販店でSoftBankAirやWiMAXを契約する場合

家電量販店やauショップでWiMAXを契約すると高い

家電量販店で契約する場合、キャッシュバックはあります!ただ家電量販店によって金額や形態は変わります。

ビックカメラであればビックカメラ商品券、ヨドバシカメラであればヨドバシポイントで付与され、ヤマダ電機は現金キャッシュバックもやっていることもあれば、違う場合もあります。

ただ基本的なキャッシュバック相当金額は1万円ほどが基本です。

よく店頭のPOPで「最大4万円キャッシュバック!!」という風にみせていることもありますが、それはあくまでもパソコンやタブレットと同時購入の場合です。

本来のキャッシュバック分を除けば、あとの多く見せている分は、分割払いをさせられるだけなので結果的に月額料金に反映されてしまい、SoftBankAirの月額料金が5,000円以上になる場合もあります。

※WiMAXとSoftBankAirともに同じシステムとなります。

ただ、店頭販売員の説明を聞くことができるので、情報の真意はさておいて少し安心できるのはメリットといえますね!ただ、私も回線の販売を店頭でしていたのでわかるのですが、契約をとるためにあの手この手で、100%嘘でなくても都合よく言っている方も少なからずいるので、気を付けてくださいね!

どちらにしても、損なのか得なのかわかりませんが、個人的には損だと感じます。

携帯ショップでSoftBankAirかWiMAXを契約する場合

携帯ショップ

携帯ショップで契約する時は、スマホの乗り換えをするときが多く身近ではありますが、残念なことに最も損をする契約方法なのです。

なぜなら、キャッシュバックや月額割引が無いからです…。
その代わりポイントを数百円付けますよ!といったものであれば見たことがあります。

メリットは契約すル時にスタッフから説明をしてもらえることですが、WEBサイトのほうが詳しく紹介してくれているので、説明員の説明より信用できると思います。

「SoftBankショップならSoftBankAir」が契約でき、「auショップならWiMAX(auスマートポートという名称で販売している)」が契約できます。

WEBサイトでSoftBankAirかWiMAXを契約する場合

今お得な契約方法は、このWEBサイト経由です。

その理由は、キャッシュバック金額や月額割引額が大きいからです。

ただデメリットもあって、自分で情報収集をしなくてはいけないことです。

しかし、このサイトをここまでお読みの方は、もう選ぶ判断がつくほどの知識がついているはずです!

SoftBankAirの場合

SoftBankAir-lifesupport

SoftBankAir代理店ライフサポート株式会社から抜粋

この株式会社NEXTという代理店は、今最もSoftBankAirでお得なキャンペーンを行っている代理店です。

当然Yahoo!公式サイトから申し込むみたいに無駄にオプションを付ける必要はありません。

 

ぜひ、SoftBankAirはお得なWEBサイト経由で契約されることをお勧めします。

 

SoftBankAirのサイトをみてみる

 

WiMAXの場合

キャッシュバックや月額割引で確実に得したい人向け

【公式】GMO とくとくBB業界最安値級の月額2,170円〜

GMOとくとくBBは「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」の2種類あり、どちらも非常に安いキャンペーンとなっています。

しかし、置くだけWiFi(WiMAXホームルーター)だけで言えば、月額割引キャンペーンの方が安くお得です。

またキャッシュバックキャンペーンのように、キャッシュバックの受け取り手続きに手間もかからないため、確実に誰でも安く利用できるプロバイダとなっています。

※キャッシュバックの5000円は11ヶ月後の受け取り手続きを行い、約1年後に受け取ることができます。

誰でも確実に安い! /
GMOとくとくBB月額割引

キャッシュバックの受け取り忘れが多いのでお気をつけくださいね。

コスパ最強なWiMAXを選びたい人向け

Broad WiMAX独自キャンペーン

BroadWiMAXは、実質月額料金で比較すると、WiMAXの中では2位に位置しています。

しかし、キャッシュバックが1ヶ月で受け取れ、受け取り手続きが登録したメールアドレスに送られてくるメールを開いて口座を指定するだけなので、非常に簡単です。

ちなみに、GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取れなかった場合、最安値となるのはBroadWiMAXです。

※BroadWiMAXの10,000円キャッシュバックは、当サイト経由でお申し込みの方限定の特殊なキャンペーンとなっております。

キャッシュバックが欲しい方は、下記リンク先から行ける申し込みページで必ずお申し込みください。

特別なキャンペーンがお得 /
BroadWiMAX特別キャンペーン

ネット回線に詳しくない初心者向け

So-netモバイルWiMAX2+

キャッシュバックはいらないから、月額料金を抑えたい方は、So-netモバイルWiMAX2+がおすすめです。

その理由は、毎月の料金が決まっていること。さらにコールセンターサポートの品質が非常に高いことです。

So-netモバイルWiMAX2+の公式サイト

 

ここまで、あなたに後悔をしてほしくないという思いから、ここまで紹介させていただきましたが、お役に立ちましたか?

ぜひ、参考にしてくださいね!