FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

Broad WiMAXでオンラインゲームはできるのか
ひとり暮らしの方など、最近では自宅に固定回線を引かずにネット環境をWiMAXにまとめている人も多いと思います。

最近ではネットの使い方も人それぞれで、ネットサーフィンから動画閲覧まで幅広い使い方がされています。

月額料金が安いBroad WiMAXを検討していて、十分な通信速度が出ると言われているけれど、オンラインゲームはできるのか気になっている人も多いと思います。

実際には、Broad WiMAXに限らず、WiMAX回線でオンラインゲームができるのかということになります。

結論から言うと、WiMAX回線でオンラインゲームはできます。

しかし、オンラインゲームをメインに利用することはおすすめはしません。その理由をお伝えしていきます。

オンラインゲームにもいろんな種類がある

ゲームデバイスによる違い

ひと昔前はオンラインゲームというとパソコンで利用するものというのが一般的でした。

しかし、今ではさまざまなデバイスを使ってオンラインゲームを楽しむことができます。

具体的には次のようなデバイスでオンラインゲームを楽しむことができます。
・パソコン
・PS4などの据え置きゲーム機
・スイッチなどの携帯ゲーム機
・スマホ

WiMAX回線は、普段みなさんが使用しているスマホのLTE回線よりも高速で良質な回線ですから、スマホ用に開発されているオンラインゲームであれは問題なく使用することができます。

あとは、その他のデバイスによるオンラインゲームについては通信回線はさらに重要な要素になります。

ゲームジャンルによる違い

オンラインゲームとひとくくりに考えることはできません。

簡単な例で言うと、「将棋ゲーム」と「格闘技ゲーム」では対戦中のゲームの動きの速さや情報量の違いは簡単に想像することができます。

ゲーム内の状況変化が多いジャンルになるほど、通信は頻繁に行われることになります。

一般的には、ゲーム内での状況変化が大きいほど良質な通信回線が必要になります。

具体的には次のようなジャンルのオンラインゲームでは通信回線が重要になります。
・格闘技
・FPS
・TPS

逆に、将棋やオセロなどのボードゲームや対戦要素の少ないオンラインゲームであればWiMAX回線でも全く問題なく楽しむことができます。

先ほどお伝えした格闘技やFPS/TPSになるとシビアな通信回線が必要になります。

WiMAX回線でのオンラインゲームはラグに注意!

固定回線とWiMAX回線の比較
まずは、ゲーム機がある部屋でスマホを使って通信速度を計測してみました。
13:00~14:00というあえて利用率の高い時間帯に使用してみた結果です。

固定回線とWiMAX回線の比較②
固定回線とWiMAX回線の比較③

続けて、PS3/PS4での結果です。
一般的にオンラインゲームは、1.5~2Mbps程度の通信速度があれば可能だと言われています。

そういう意味では今回の結果、通信速度だけみるとWiMAX回線でもオンラインゲームはできるということになりますね。

実際にゲームをプレイしてみました。

ジャンルは、FPSよりはぬるいTPSの中で、初心者でも入りやすいと言われている「アンチャーテッドシリーズ」で試してみました。

PS3/PS4ともにゲーム自体はできているように感じます。
ただし、やはりラグというか固定回線でプレイしているときよりも若干の違和感は感じました。

おそらく、対戦相手側はラグを感じている可能性がありそうです。
自分がゲームするのにはそれほどの不快感はないものの、対戦ゲームとなると相手にストレスをかけている状態になっていると想像できます。

オンラインゲームには通信速度よりもPing値が超重要

通信回線というと速度ばかりを気にする人がいますが、オンラインゲームで重要になるものに「Ping値」というものがあります。

Ping値とは、サーバーの応答速度のことです。

例えて言うなら、キャッチボールをするとき、超剛速球(回線速度)で投げても、ボールを受け取った相手がなかなか投げ返してくれない(Ping値)と快適にキャッチボールすることはできませんよね。

オンラインゲームでも同じことが起きてしまうのです。

Ping値の単位は(ms)で、だいたい50msくらいが標準的と言われています。
数値が大きくなるほど応答速度が遅いということになります。

WiMAX回線のPing値では快適に楽しむのは難しい

WiMAXのPing値
先ほど、Ping値は50ms程度が普通だとお伝えしました。

状況変化の大きい格闘技やFPS/TPSではPing値が50を超えるようでは周囲からはラグいと感じられることもあります。

今回の例では、WiMAX回線を使用した場合のPing値は99msとなっているので、応答速度はかなり遅いということになります。

まとめ

WiMAX回線の通信速度だけ見ると、オンラインゲームをプレイすることは可能ですが、対戦ゲームとなるとあまり快適にはプレイできそうにありませんね。

オンラインゲームでは、固定回線を引いていたとしても室内のゲーム機はWi-Fi接続していれば、通信が安定していないため他のプレイヤーからは嫌われる傾向があります。

格闘ゲームやTPS/FPSの対戦型オンラインゲームを楽しみたいというのであれば、WiMAXを利用するのではなく固定回線を利用することを強くおすすめします。

Broad WiMAXを利用して、スマホやタブレットを使ったオンラインゲームを楽しむことは問題ありませんから、あなたが利用するゲームのジャンルによってWiMAXの利用を検討してみてください。

BroadWiMAXの料金や評判などの詳しい情報を紹介しているページ