FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

Broad WiMAXよりTry WiMAXでお試し
Broad WiMAXの利用を考えているけれど、自分の自宅や生活の中で快適に通信できるのか確認しておきたいですよね。

Broad WiMAXにも8日以内に申請すれば契約解除できる制度がありますが、通信状況の確認にBroad WiMAXを使う必要はないんですよね。
ご存知のようにWiMAXなら通信回線はどこでも同じだからです。

通信状況の確認だけなら、UQ WiMAXが提供する「Try WiMAX」を利用するのがおすすめです。

実際にBroad WiMAXの管理画面などについても確認したいという方は、「Broad WiMAXの初期契約解除制度」を使ってお試ししてみてください。

Broad WiMAXの初期契約解除制度はお試し制度ではない

Broad WiMAXの初期契約解除制度
Broad WiMAXには、初期契約解除制度というものが用意されています。

この初期契約解除制度は、契約することが前提となっているもので、契約した後に「繋がらないな…失敗したかな」などという人が契約を解除することができる制度です。

訪問販売などが対象のクーリングオフとは違う制度ですが、消費者保護の観点からは似たような制度だと言えます。

初期契約解除制度は契約を前提としているため、費用が発生するところが純粋なお試し制度とは違うわけです。

Try WiMAXでお試しするのがお得な理由

Try WiMAXは名前のとおり、WiMAXをお試し利用することを前提としたサービスで、UQ WiMAXが提供しています。

ユーザーが好きなプロバイダを選んでもらうことを前提に、通信回線の状況を確認してもらえるように用意されているサービスです。

通信状況の確認のためにBroad WiMAXよりもTry WiMAXでお試しする方がお得な理由は3つです。

  • 長期間お試しできること
  • 費用がかからないこと
  • 手続きがとても簡単なこと

それぞれの違いを表にまとめてみました。

  Broad WiMAX Try WiMAX
使用可能期間 8日間 15日間
事務手数料 3,000円 無料
違約金 20,000円 20,000円~25,750円
端末返却時送料 ユーザー負担 無料

※ Try WiMAXの違約金は、返却できなかった機器ごとに定められています。(本体、UIMなど)

wifiおじさん3

無料で貸し出しなんて古い端末だと不安に感じている方もいるかもしれませんが、安心してください!
最新の端末も空きがあればちゃんとお試しできますよ。

通信状況以外にも確認したい人は、Broad WiMAXが提供する初期契約解除制度をご利用ください。

Try WiMAXで通信回線をお試しする方法

通信状況の確認だけならば、Try WiMAXを利用する方がお得なことがわかったところで、実際に申し込みをしてみました。

申し込みに必要な条件は次のとおりです。

Try WiMAX申込条件

・ 日本国内に在住の20歳以上の人(実際に利用する人も20歳以上であること)
・ 申込者名義のクレジットカードを登録できる人(デビットカード不可)
・ 過去180日間以内に同サービスの利用履歴がない、また貸出機器の未返却履歴のない人
利用規約に同意できる人

※ クレジットカードの登録が必要な理由は、「カードの有効性確認」「違約金相当額の利用枠確保」です。
期限内に機器を正しく返却した場合には、費用は一切かかりません。

インターネットからTry WiMAX申し込み

Try WiMAX申し込み画面
Try WiMAXホームページ」にアクセスして、「お申し込み」をクリックします。

Try WiMAX仮申し込み

約款や利用規約に同意し、「メールアドレス」と「SMS対応の電話番号またはキャリアメールアドレス」を入力して、「仮登録を完了する」をクリックします。

仮登録メール確認

登録した認証ページのURLが送信されるので、記載されているURLにアクセスします。

そして、SMSまたはキャリアメールに送られてくる「認証コード」を入力して、「認証する」をクリックします。

Try WiMAX申し込み完了

あとは通常のネットショッピングなどと同じく、住所氏名、クレジットカードなどの個人情報を入力していき、「登録を完了する」をクリックして申し込みは完了です。

また、配送時間の指定もできるようになっているので至れり尽くせりです。

Try WiMAX返却期限

機器の発送が完了した時点で、登録したメールアドレスに通知が届きます。

メール内容に「貸出開始日」と「返却期限日」が書かれていますので確認しておきましょう。
返却期限日とはUQへの必着日なことに注意してください。

※ 今回のお試しの場合は、16:00頃の申込に対して翌日の午前中には機器が届いたという迅速な対応でした。

送付機器の確認

送付物①
レンタルビデオ店でDVDをレンタルしたようなケースに入って到着しました。

送付物②
送付物③

送付物は次のとおりです。

・WiMAX端末本体
・クレードル(指定した場合)
・取扱説明書
・ACアダプタ/USBケース
・SIM/SIM用ケース
・返却・使用方法の説明書

SIMカードを挿入してすぐに使用することができますが、使用にあたってまずはWiMAX端末を初期化してから使用しましょう。

端末の初期化方法などもしっかり書かれているので、初めての方でも問題なくお試しできるはずです。

機器の返却

返却時の輸送のことを考えると13~14日程度お試しできることになりますが、使用が終わるとUQ WiMAXへ返却しなければなりません。

返却方法についてはとても簡単です。

機器と一緒に送付されてきたものの中に、着払い伝票が同封されていますので、それを使って宅配手続きをするだけです。

宅配業者は佐川急便になっていますので、お近くの営業所や取次店に依頼するだけです。
(インターネットから集荷依頼することもできます。)

お試しで通信状況を確認したあとはBroad WiMAXについて知る

ここまでで、Try WiMAXを使ってあなたのご自宅や生活エリアでWiMAXが快適に使えるのか確認できるはずです。

Try WiMAXなら無料で、契約を前提とせず気楽に通信状況を確認することができますから、利用しない手はありません。

通信状況に満足できれば、あとはBroad WiMAXの特徴や価格などについて検討するだけですね。

BroadWiMAXの料金や評判などの詳しい情報を紹介しているページ

他にも気になるプロバイダがあるなら、キャンペーン情報などにも注目して満足できるプロバイダを探してみてください。

今月のポケットWiFi比較ランキング