FavoriteLoadingこのページをお気に入りに追加する

wimax-w06

WiMAXの新端末であるW06が1月25日に発売!

そんなW06は対応速度がついにギガビット超えを果たし、モバイルWiFiルーターの中では最速となったのですが、選ぶべきなのでしょうか?

もしくはWX05やW05といった旧端末の方がいいのだろうかと悩ましいところです。

しかし結論は、残念なことにW06は今のところ選ぶべきではない人もいるとお伝えしたいです。

ここでは、W06の性能や評価を分析して、オススメできる人とできない人も詳しくお伝えします。

このページの目次

【最安値がわかる】W06のWiMAXキャンペーン比較表

W06-3gatu-campaine

※2019年3月時点のキャンペーン内容

W06を最安値で契約できるのは

gmo9


「GMOとくとくBBの月額割引&キャッシュバックキャンペーン」

実質月額最安値級 /
GMOとくとくBB公式ページへ
特別なキャンペーンページにリンクしています

ただ、このランキングに登場している5つのプロバイダは、W06を選ぶ場合どれを選んでも非常に安く、損をするようなプロバイダはありません。

その理由は、公式プロバイダ(UQ WiMAX)と家電量販店のWiMAXのキャンペーン&料金を見てみるとお分かりいただけます。

5つのプロバイダがお得な理由が分かる比較表

UQ WiMAXと家電量販店のWiMAXの金額

WiMAXの回線提供会社がプロバイダとなっているUQ WiMAXや、家電量販店系のWiMAXでW06を選択した場合、月額料金の割引がなく、3年間で156,312円と最も高額な料金設定になっています。

そのため、ランキングTOP5のプロバイダと比較すると、毎月1,000円近くの料金差(3年間で3万円以上の差)が出てきます。

※ただこれはW06だけでなく、他の端末を選んだ時でも同じです。

よって、W06のキャンペーンランキング上位はどれを選んでもお得です。

W06を選ぶ場合はBroadWiMAXがおすすめ

Broad WiMAX独自キャンペーン

WiMAXのGMOとくとくBBBIGLOBEのキャッシュバックの受け取りは1年後とおそく、受け取り手続きも面倒な手順を踏む必要があります。

キャッシュバックの受取手続きは、契約時に発行されるメールアドレスにしか届かないメールを11ヵ月後に見に行き、メールに記載されている受取手続きを制限期間内に行う必要があります。

誰もが受け取れると感じるキャッシュバックは、実は受け取れなかったという人が多いのです。

だったら契約した翌月にほぼ確実にキャッシュバックが受け取れ、いっそ面倒なことをせずに済む、ランキング2位の「BroadWiMAXの限定キャッシュバックキャンペーン」を選ぶのが最もオススメです。

W06が誰でもお得なキャンペーン! /
BroadWiMAXの限定キャンペーンへ

【こちらも合わせてお読みください。】
GMOとくとくBBとBroadWiMAXはどっちが安いのか徹底比較

 

W06の基本スペック(性能)表

wimax-w06

端末名 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 HUAWEI
サイズ W128×H64×D11.9mm
重量 約125g
連続通信
時間

■ハイスピードモード 
 ハイパフォーマンスモード:7時間10分
 エコモード :約11時間10分

■ハイスピードプラスエリアモード
 ハイパフォーマンスモード:5時間

連続待機
時間
休止待受:約800時間
バッテリー
容量
3,000mAh(取り外し不可)
通信速度

■ハイスピードモード
(WiMAX2+)
下り最大:558Mbps
上り最大:30Mbps

■ハイスピードプラスエリアモード
(WiMAX2+、au4GLTE)
下り最大:1237Mbps
上り最大:75Mbps

Wi-Fi
規格
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
USBポート USB3.0コネクタ(Type-C)
最大
接続台数
Wi-Fi機器:16台
USB:1台
同梱物

W06本体
つなぎかたガイド
ご利用にあたっての注意事項
(保証書付)
TypeC変換コネクタ

W06のスペック(性能)を見てみると、au4GLTE利用時の最大下り速度はズバ抜けて速いですが、一つだけデメリットがあります。それは、ギガ放題プランでもau4GLTEを7GB使うと速度制限に掛かるということです。

WiMAX端末には2つの通信モードが設定できます。

  • ハイスピードモード(WiMAX2+)⇦デフォルト
  • ハイスピードプラスエリア(au4GLTE+WiMAX2+)⇦最速のモード
このモードは端末で切り替えするだけなので簡単にできますが、大容量の通信を行いたい方が通信速度を求めすぎるあまり、au4GLTEの使えるハイスピードプラスエリアモードで通信しすぎて7GBを超えた場合、ハイスピードモードに切り替えても速度制限は解除されません。

※この速度制限に対してWX05は、ワンタイムHS+Aというモードがついており、速度制限対策ができるようになっています。

Speed Wi-Fi NEXT W06の5大特徴

  • USB接続時は下り最大速度1.2Gbpsに
  • 丸みを帯びた近代的なフォルム(デザイン)に
  • 高性能ハイモードアンテナ搭載で電波が入りやすい
  •  Wi-Fi TXビームフォーミング対応で端末との通信が安定&高速
  •  スマホやパソコンのWiFi設定が不要な機能を搭載

上記5つは、W06の性能が優れていることが分かる特徴です。

選ぶ基準にもなるので、それぞれ詳しくご紹介させていただきます。

【W06の特徴1】初のギガビット超え!下り最大速度1.2Gbpsに

W06ギガビット超えの通信速度

W06はWiMAXで初めて下り最大速度が1.2Gbpsとギガビットを超え、動画などの大容量コンテンツを快適に利用できる環境に近づいてきました。

しかし、ギガビット通信には条件があります。

ギガビット通信の条件

  • WiMAX2+ & au4GLTEの同時使用(ハイスピードプラスエリアモード)
  • PCとUSBで接続通信時のみ1.2Gbpsに対応

WiFiで接続する際の最大通信速度は867Gbpsとなり、ハイスピードプラスエリアモードで7GB利用すると通信制限かかります。(ギガ放題利用時も速度制限にかかり、ハイスピードモードに切り替えても制限状態は解除されません)

またこの速度制限時の通信速度は128Kbpsとなり、ギガ放題の3日10GB利用時の通信速度1~3Mbpsより遅く、WEBサイトすら開けないような速度になってしまいます。

ただW06には嬉しい機能があります。

W06には通信モードの自動切り替え機能があるから少し安心

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB利用すると速度制限が掛かるとお伝えしましたが、7GBを超える前にハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能がW06には備わっています。

そのため、速度制限を気にすることなく、利用しやすくなっています。

【W06の特徴2】丸みを帯びた近代的なフォルム(デザイン)

W06ホワイトシルバー

W06ブラックブルー

au限定カラー

au限定カラー

W06は、最近の端末では珍しく、角が丸まっているので、近代的なフォルムになっています。

好みは分かれるかもしれませんが、WiMAX端末の定番カラーであるホワイトとは別にブラックも登場したので、スタイリッシュにかっこよく持てるデザインです。

【W06の特徴3】高性能ハイモードアンテナ搭載で電波が入りやすい

高性能ハイモードアンテナ

W06は、高性能ハイモードアンテナを搭載しているので、基地局からの電波の受信感度が、旧端末のW05やWX05より20%程向上しています。

一言で言えば、室内でもつながりやすいWiMAX端末ということです。

ただ、2ヶ月前にでたWx05にも追加されている機能です。

【W06の特徴4】 Wi-Fi TXビームフォーミング対応で端末との通信が安定&高速に

W06ビームフォーミング

ビームフォーミングは、W06とWiFiで繋がる端末の間の通信技術のことで、W06から接続端末にめがけて電波が飛ぶので、通信速度や端末側の受信感度が高くなり、安定した通信を行うことができる機能です。

ただビームフォーミングは、壁を隔てると途端に速度が遅くなったりするので、まだまだ改善の余地はありますが、同じ空間内での通信はすごく安定します。

※端末側がビームフォーミングに対応しているので、必ずしも利用できるわけではありませんが、ここ2年ほどのスマホやパソコン、タブレットであれば大抵は対応しています。

またこの機能もWX05にはついています。

【W06の特徴5】 スマホやパソコンのWiFi設定が不要な機能を搭載

WiMAXを乗り換えする際、WiFiのSSIDやパスワードの再入力設定をする必要がありますが、「WiFi設定お引越し機能」を利用すれば、前の端末の設定をすぐに引き継ぐことができるので、わざわざ端末にWiFiのパスワードなどを入れる必要がなくなります

利用している端末の数が多ければ多いほど手間が省ける嬉しい機能です。

W06から無くなった機能

W06からBluetooth接続機能が無くなった

Bluetooth接続はWiFi接続よりも速度が遅くなったり不安定ではあるものの、消費電力が少ないのでバッテリーを長持ちさせる接続方法として効果的でした。

しかし、正直なところ利用している人は少なく、そこまで必要な機能とは言えなかったので、無くなっても問題はない機能です。

W06からNFC接続が無くなった

NFC接続は、NFC対応機器にかざすだけで接続でき、パスワード入力の手間を省くことができた機能で、W04、W05には搭載されてました。

しかし、W06からは無くなっています。

何気にNFC機能は便利だったので、なぜ無くなったのかが不思議です。

W06からクレードルが無くなった

WiMAX端末には今までクレードルと呼ばれる、別売りの充電器みたいなものがありました。

クレードルは、有線LANで接続する際に重宝したのですが、最近では無線接続できない端末の方が少ないので、必要ではない方も多かったのかもしれません。

ただ、WX05のクレードルは、電波拡張アンテナがついていたり、ビームフォーミングがついていたりと通信を強化するための機能があります。

よって、クレードルが無くなったことによる機能面の低下は否めません。

W06は選ぶべきか?端末比較でわかる全理由

オススメのWiMAX端末はW06とWX05

W06-WX05-W05

WiMAX端末は今W06WX05の両方ともオススメできます。

その理由は、性能の特徴が大きく分かれており、利用用途次第でどちらがオススメなのかが変わるからです。

ただ自分にとってどれがいいのかわかりにくいですよね。

これから、あなたが選ぶべき端末が見つけられるよう、簡潔にご説明します。

WiMAX端末5種類の比較表

まず端末を選ぶには、どんな端末があるのか知る必要があるので、下記の比較表をご覧ください。

WiMAX端末比較

まず、今契約できるモバイル型のWiMAX端末は5種類あります。

この比較表で見るべきポイントは下記2点です。

  • 通信技術の優劣
  • バッテリーの持ち

通信速度を気にされる方が最も多いですが、規格上の数字なんてアテにならないので、参考にする程度にしておくのをオススメします。

ではここから、一つづつ比較していきます。

①室内での繋がりやすさがわかる端末比較

WiMAX端末の通信技術比較

結論からお伝えすると、外でネット通信する際の安定性はW06の方が良好です。

ここで見るべきポイントは、通信技術に記載している下記2点です。

  • W06の高性能ハイモードアンテナ
  • WX05のWiMAXハイパワーモード

この2つの通信技術はどちらも、通信環境が悪い場所で通信品質がパワーアップする機能です。

ただ、どちらも厳密には少し違った特性を持っています。

「W06の高性能ハイモードアンテナ」と「WX05のWiMAXハイパワーモード」の違い

簡単に解説すると、下記のような違いがあります。

  • 高性能ハイモードアンテナ(W06)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

  • WiMAXハイパワーモード(WX05)
    →通信時に受け取る電波のを増やす通信技術

WiMAXの端末の中にはアンテナが4つ搭載されており、同時に4つのアンテナで電波を受けていますが、電波の弱い場所だと1つのアンテナでしか電波を受け取れなかったりします。

1つのアンテナでも受信できていれば少し遅くはなるが通信はできるので、その一つのアンテナで通信できる量を増やして通信速度を少し上げようという技術がWiMAXハイパワーモード

複数のアンテナで受信できる方が電波環境が良くなり速度が安定するので、そもそもの受信できるアンテナの数を増やして電波環境と通信速度を改善しようという技術が、高性能ハイモードアンテナです。

それぞれの違いをわかりやすく表にすると下記のようになります。

通信技術の違い

そのため、下記のように理解すると良いでしょう。

  • WX05は通信速度が少し向上する
  •  W06は電波が良くなり通信速度が向上する

どちらも似たようなもののように思いますが、通信技術を向上させるアプローチが全然違うため、より通信品質が向上するのはW06なのです。

wifiおじさん3

WiMAX2+回線の特徴として、通信速度は早いですが、室内で利用する際や窓から離れた場所で利用すると、電波の入りが少し弱くなる特徴があります。

WiMAXハイパワーや高性能ハイモードアンテナは、こういった時に力を発揮してくれる機能なので、カフェや自宅でインターネットを利用するなら非常に心強い機能です。

よって電波の強い端末が良い方は、高性能ハイモードアンテナを搭載しているW06がオススとなります。

②バッテリー持ちの長さを比較

WiMAX端末のバッテリーの持ち

W06やWX05、旧端末のW05・WX04・WX03を比較してみると、連続通信できる時間に上記の差があります。

バッテリーの強い順に並べると、「WX05(WX04) > WX03 > W06 > W05」となり、W06とWX05の連続使用できる差は下記のようになります。

  • ハイパフォーマンスモード時:1時間30分(W06は50分)
  • エコモード時:3時間30分(W06は2時間20分)

バッテリーは通信するモードにより通信速度が異なり、それに合わせて消費する電力も異なるので、モードによって連続利用可能時間に差が出ます。

wifiおじさん3

ただ、超高画質(4K)の動画視聴をしない場合は基本的にエコモードで十分に使えるので、W06の11時間も利用できれば十分です。

しかし、利用期間が長くなればなるほどバッテリーも弱くなってくるため、長期間利用しても使えるバッテリーの時間が減りづらいといったメリットがあります。

これはスマホも同じですよね。

よって長期間バッテリーが弱くなりづらい端末が欲しい方にはWX05がオススメです。

③実際に出る通信速度(スループット)は全ての端末でほぼ同じ

WiMAX端末の通信速度

規格上の通信速度はW06やW05の方が優秀ですが、電波の入りが良い場所での通信速度に差はほとんど無いです。

「WX05とW06だと約3倍も差があるのに速度に差がないってどうゆうこと!?」と思うかもしれませんが、本当のことです。

WiMAXはスペック表に記載の通信速度は出ない

なぜなら、WiMAXの端末情報にある下り最大速度や上り最大速度は、あくまでも技術的にはこんな速度が出るように作られてるよー!といったものですが、電波のキャパシティーがそこまで追いついていません。

インターネット回線の通信速度はどの回線でも全て、ベストエフォート型サービスと呼ばれ、WiMAXの利用する場所で周りの地形やユーザー数により通信速度が上下するものです。

wifiおじさん3

これが何を意味しているかというと、WiMAXを利用する周辺の人と電波を分け分けしてネットを利用しているということです。

周辺に飛んでいるWiMAX回線で一度の通信総量が2000Mbpsだとした場合、200人で分けると1人100Mbpsとなり、建物の状態などによりWiMAX回線の入りやすさが変わるので、最高の通信環境の場合が100Mbpsだったとしても、100%の回線が入るわけではないので減損します。

また、WiFiを繋ぐ端末により一度に処理できる通信容量は決まっており、PCやスマホの性能により通信速度が決まってきます

一言でいうなら、50Mbpsも出ればものすごく回線環境が良く、WX05で40Mbpsなら少しだけ電波の入りが良いW06は40Mbpsより少し早くなりやすいといった感じです。

WiMAX端末の速度が分かる実体験比較

w05-wx04 speed

W05 WX04
8.70Mbps 7.124Mbps

WiMAXは、使うエリアの電波状況とタイミング、ネットを利用する端末次第で通信速度が変わるので、WiMAX端末のスペック表に記載している速度は全くあてになりません。

もちろん、速度が出るときは、20Mbps~50Mbpsほど出る場合もありますが、最大で80Mbps程度の通信速度までしか見たことがありません。

※この通信速度がこの日に出た最高速度でした。

au4GLTEを利用した際の708Mbpsといった通信速度は100%出ないので、あくまでも理論上の数値だとお考えください。

ちなみに10Mbpsもでていれば、高画質の動画配信サービスでも止まることは無いのでご安心ください。

W06とW05のau4GLTE利用時は通信速度が速くなるが注意もある

比較表のW06とW05の通信速度を見ると、au4GLTE利用時の通信速度が異様に速くなっていますが、それはau4GLTEとWiMAX2+回線の同時利用することになり、一度に処理できる通信量が増えるためです。

しかし、au4GLTE回線を利用するのは注意が必要です。

まずau4GLTEを利用するには、端末の通信モード設定を「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけで、au4GLTEを利用することができるようになります。

しかし2つの注意が必要です。

  • ギガ放題プランの3年契約以外のプランだと1,005円が別途かかる
  • ハイスピードプラスエリアモードで7GB超過すると速度制限(128Kbps)にかかる

WiMAXを利用している8割以上の方が1ヶ月の通信容量制限のないギガ放題を利用していますが、3年契約のギガ放題を利用していない方がau4GLTEを利用するためにハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用した月だけ1,005が別途請求されます。

ただ3年契約のギガ放題プランを利用している方は、au4GLTE利用料が無料となっています。

ただ無料とは言っても、au4GLTEを利用できるハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと速度制限がかかるようになるので注意が必要です。

ただW06は少し安心して利用できるようになっています。

W06には通信モードの自動切り替え機能がある

通信モードの自動切り替え機能

ハイスピードプラスエリアモードで月7GB利用すると速度制限が掛かるとお伝えしましたが、7GBを超える前にハイスピードモードに自動で切り替えてくれる機能がW06には備わっています。

そのため、WiMAX電波が入りづらい地下などで使うために、au4GLTEを回線を使って、設定の切り替えを忘れてたとしても、通信速度制限がかかる前に、自動でハイスピードモードに切り替えてくれるので、通信速度制限を気にすることなく利用することが可能です。

そのため、W06は通信速度が速いモードを最大限に利用できます。

クレードルやUSBケーブルは購入する必要があるか?

基本的にどちらも購入する必要はありません。

なぜなら、クレードルはあまり必要になることが無く、USBケーブルは端末の中にセットでついています。

しかし、付属のUSBケーブルにアダプターは付いていないので、アダプターをお持ちでない方は、コンセントから充電できません。

ただ、スマホのアダプターが余っているならそれを使っていただけるので、持っていない方のみ購入してください。

◇クレードルの利用価値

  • 有線LANにつなげられるようになること。
  • WXシリーズの場合はWINGアンテナ搭載していることによって、回線の安定性が強化されること。

有線LANで繋ぎたい場合を除き、回線の状況が良いところで使う必要はないので、初めは購入しなくても大丈夫です。

※W06にクレードルはありません。

機種(ルーター)の選び方まとめ

結論から言えばW06を利用するのが最もバランスがいいのでオススメです。

ただ端末の特性から下記のように選び方を分けても良いでしょう。

  • バッテリーの持ちが長く寿命が長いのはWX05
  • 実際に出る通信速度はW06が若干速い
  • 通信の安定性はW06の方が若干いい

ぜひ、あなたにぴったり合う端末を選んでください。

W06をオススメできない人

おすすめできない

W06はスペックだけで見ると非常に魅力的な端末です。

しかし下記2つのいずれかに当てはまる方にはオススメできません。

  • HUAWEIという中国メーカーを信用できない方(チップ問題)
  • PCやタブレットを外でよく利用する方(バッテリー問題)

HUAWEIのチップ問題とは!?

しかし、HUAWEIと言えば2018年のアメリカで発覚した問題に「HUAWEI製品には情報を抜き取るチップが埋め込まれている」ということがありました。

そのため2018年2月には、米国のFBI・CIA・NSAを含む情報機関トップ6人が、上院情報委員会で中国のHuawei・ZTE製品について、「アメリカ市民はHUAWEI/ZTE2社のサービス・製品を使うべきではない」と警告しています。

→CNBCニュース「Huawei社の携帯電話を買うことに対する6つのトップ米国の諜報部長の警告」

 

こう言った問題も踏まえて、日本政府も同様に政府内にHUAWEI/ZTE製品の利用を控える声も上がっているようです。

では、一般消費者もHUAWEI製品であるW06を使うべきかどうかについては、この限りではありません

 

その理由は、そもそもWiMAX端末はHUAWEI製品が最も性能が良く、もう何年も利用していますが、WiMAX経由でクレジットカードなどの情報漏洩があったなどの声を聞いたことがないので、一般客向けの製品は関係ないと考えています。

性能の良さについては、あまり大きな声で言えるわけではありませんが、本来同程度の性能であるはずの端末内に搭載しているアンテナの受信感度がHUAWEI製品が最も良好で、WXシリーズよりも電波がしっかりと入る実感が強いからです。

よって、W06は全然オススメできると思います。

しかし、HUAWEI問題について不安な方は、あえて避けてWX05を選ぶのも良いかもしれませんね。

WX05の詳細情報はこちらから

外でインターネットをよく利用する方はバッテリーの持ちが重要

WiMAXは基本的に3年契約で、スマホ同様にバッテリーが徐々に弱ってくるので、2年経過後には半分近くの時間しか持たないこともあります。

アナタも経験ありませんか?

スマホは2年契約で1年経過した頃にはかなりバッテリーが弱っていて、半分近くにまでなる人もいるぐらいで、充電を頻繁にしなくてはいけない状態の方も多くいます。

実はWiMAX端末も全く同じで、たくさん使えばたくさん使っただけ、バッテリーは弱くなってくるので、2年経過後には初めのようなバッテリーの強さはありません。

2年〜3年目にはバッテリーの持ち時間が半分程度に減っているものだと考えてください。

だからこそ、最初からできるだけバッテリーが強い端末を選んだ方が、後でもストレスは軽減されるわけです。

そんな意味で今現在バッテリーの持ちが最強なWX05の方が、2年経過後のバッテリーの持ちが1~2時間の差が出てきます。

よって外でたくさんインターネットを利用したい人はWX05がオススメです。

W06をオススメする人

おすすめできる人

W06の一番の特徴は、通信速度の規格値が1.2Gbpsと最速なことです。

しかし、W06は通信モードによって通信速度が変わります。

1237Mbps ハイスピードプラスエリアモード
更にUSB接続をした状態
(au4GLTE+WiMAX2+)
708Mbps ハイスピードプラスエリアモード
(au4GLTE+WiMAX2+)
558Mbps ハイスピードモード(基本設定)
(WiMAX2+のみ)

上記の条件のうち、WiMAXの使い放題プランであるギガ放題プランで利用されているモードは、ハイスピードモードのみです。

POINT!

なぜなら、ハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと、ハイスピードモードにしても速度制限がかかった状態になり、制限時の速度も128Kbpsとサイトすら開けないほど遅くなってしまいます。そして、一度速度制限にかかると翌月にならなければ、解除されません。

そのため、通信速度自体はそこまで大きく変わるわけではないのです。しかし、W06にしか搭載されていない高性能ハイモードアンテナのおかげで通信速度は速くなります。

高性能ハイモードアンテナは、基地局からの電波の受信感度が、旧端末のW05やWX05より20%程向上しているため、WiMAXなどの通信環境により速度が左右されるインターネット回線は、アンテナが強くなればなるほど速度が速くなります。

よって通信速度ができるだけ速いWiMAX端末が欲しい方には、W06はうってつけの端末です。

また、更に通信速度が速い状態で利用するなら、7GB利用しないように電波環境の悪い場所や速度が必要な場所のみで、ハイスピードプラスエリアモードを利用するように調整すれば、速度制限もかからず安心してインターネットを利用できます。

まとめ

スペックや安全面、実際の利用価値など様々な面で分析を行い、W06をオススメできる人とオススメできない人をお伝えさせていただきました。

もう一度おさらいをすると端末のオススメは下記のように分かれます。

W06 通信速度が多少はやい!
速度を少しでも求める人
WX05 バッテリーが強い!
外で使うことメインの人

またW06には高性能ハイモードアンテナが搭載されているので、通信速度の向上が期待できます。その理由は、室内での電波の入りは従来の端末と比較すると、繋がりにくかったところでも繋がりやすくなっているためです。

WX05もクレードルを利用すれば、室内での通信環境が良くなることが見込めそうですが、外で利用する際にクレードルを持ち運ぶ人はあまりいません。

そのため、WX05の一番の特徴はバッテリーの強さであると評価できます。

W06/WX05にオススメの2つのプロバイダ

実質月額最安値のGMOとくとくBB

【公式】GMO とくとくBB業界最安値級の月額2,170円〜

ランキングでも常にTOPクラスに位置するGMOとくとくBBには2つのキャンペーンがあります。

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額割引キャンペーン

この2つのキャンペーンの時長は下記のようになります。

キャッシュバック 最大30000~40000キャッシュバックがあるものの、受け取りまでの期間が長く受け取れないリスクもある。
月額割引 毎月しっかり安く利用でき、誰でも確実に安くなる。

キャッシュバックキャンペーンの方が実質月額は安いですが、「月額割引キャンペーン」をおすすめする理由は、確実に安く利用できることです。

一度キャンペーンページをご覧ください。

実質月額は最安値 /
GMOとくとくBB月額割引へ

キャッシュバックが1ヶ月後に受け取れるクラウェブ限定のBroadWiMAX

Broad WiMAX独自キャンペーン

ランキングで2位だったBroadWiMAXは、クラウェブ限定(当サイト)で現金10000円キャッシュバックキャンペーンを行なっています。

本来BroadWiMAXはキャッシュバックを行なっていないので、普通に申し込みをするよりも10,000円お得に契約することができます。

しかし、オススメできるポイントはそこではありません。

実質月額最安値はGMOとくとくBBでしたが、あくまでも5,000円キャッシュバックが受け取れた場合に限ります。

しかし、BroadWiMAXの限定キャッシュバックは、契約した翌月末には振り込まれるようになっているので、GMOとくとくBBのように受け取り手続きを忘れて、キャッシュバックを受け取れなかったという事は起きづらいです。

そのため、コスパ最強のWiMAXといっても過言ではありません

 

誰でも超お得に使える /
BroadWiMAX限定キャンペーンへ

GMOとくとくBBかBroadWiMAXかで悩んだ方は、下記ページで徹底的に比較しているので、ぜひご覧ください。

BroadWiMAXの方がGMOとくとくBBより月額が安かった!実際の支払った金額を比較