光コラボレーションという名称はよく聞くけど、なんのことはイマイチ分かりづらいですよね。

光コラボレーションはフレッツ光のこと?と思っているかもしれませんが、「光コラボレーションは今までの光回線より画期的かつ良いサービス」です。

しかし、良いサービスとはいっても選ぶ前に注意すべきポイントがあります。

ここでは、フレッツ光やソフトバンクの代理店で販売していた私が、下記目次の内容に沿ってご説明させていただきます。

光コラボとは?

「光コラボ」というのは、プロバイダサービスなどを行っていた事業社がフレッツ光の回線を利用した独自の光回線サービスのことです。

光コラボ解説

簡単にいうと、プロバイダ契約が不要なNTT回線の光回線サービスと考えていただくと理解しやすいでしょう。

もっと詳しく

NTT東西がフレッツ回線の卸売(光コラボレーションモデル)を開始したことにより、様々な事業者がフレッツ光回線を利用して、プロバイダとセットになった光回線サービスを提供できるようなったため、OCN光・BIGLOBE光・SoftBank光といった光コラボが始まり、プロバイダとの別契約を結ぶ必要がなくなりました。

光コラボは、フレッツ光の回線を利用しているので、通信速度や回線の安定性は全て同じです。

なぜフレッツ光は光回線の卸売を始めたのか?

フレッツ光が日本最強クラスの光回線を独占販売していたのに、なぜ卸売をするようになったのか。といった疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

ただこのNTT光回線の卸売は非常に理にかなっているビジネスモデルなのです。

なぜなら、「消費者(私たち)」「NTT」「光コラボ事業者」の三者が徳をできるようになっていることが説明できます。

消費者(私たち)
  • 選べる光回線の種類が増える
  • 光コラボ事業者同士の価格競争により、安く使えるようになる
NTT
  • 自社で営業するコストを削減できる
  • 光コラボユーザーが増えれば光コラボ事業者から回線利用料が入るようになる
  • ユーザー数増加の可能性が上がる
  • カスタマーサポートのコスト削減ができる
光コラボ事業者
  • 自社サービスをさらに広げることができる
  • 長く使ってもらえば利益が増える

このように、三者間において、ほとんどマイナスがなく、全員が徳できるWinWinのビジネスモデルなのです。

光コラボとフレッツ光の回線品質は同じ

冒頭でお伝えした通り、あくまでもフレッツ光の回線をプロバイダにリース貸しをして、その回線とプロバイダをセットにプロバイダ会社が光回線サービスとして販売しているだけです。

「Yahoo! with フレッツ光」 や 「OCN with フレッツ光」といった名称を見たことがあるかもしれませんが、これはフレッツ光をプロバイダが販売する時の商品名でした。

OCN with フレッツ光に関しては、プロバイダはOCN・回線はフレッツ光という意味でしたが、光コラボでOCN光としてサービス提供している今でも、フレッツ光回線を利用しているので、認識上はフレッツ光でプロバイダOCNだったところから、OCN光に変わっただけです。

よって光コラボの回線品質・通信速度はフレッツ光と同じです。

光コラボとフレッツ光の違い

大まかに光コラボとフレッツ光の違いは3つあります。

  • キャリアスマホの料金割引やオリジナルサービスがある
  • 毎月の料金が安くなる可能性が高い
  • 問い合わせ窓口がNTT東西ではなくなる

ではそれぞれの違いを見ていきましょう。

キャリアスマホの料金割引やオリジナルサービスがある

光コラボレーションは、事業者でオリジナルサービスを提供しています。

例えば代表的な会社を見て見ましょう。

光コラボ 独自サービス
SoftBank光 ソフトバンクスマホ代を毎月割引
(スマート値引き)
So-net光 auスマホ代を毎月割引
(auスマートバリュー)
ドコモ光 ドコモのスマホ代を毎月割引
U-next光 動画配信サービスのU-NEXTで、毎月新作映画が1本見れるポイントをプレゼント
OCN光 OCNモバイルONEの料金を毎月200円割引

光コラボは数えきれないほどの会社があり、様々なオリジナルサービスを提供しているので、オリジナルサービスに魅力を感じて料金を気にせず申し込みをする方もおられます。

とはいえ、料金も非常に安いので、オリジナルサービスだけで選んでも損をすることはあまりありません。

光コラボは毎月の料金が安くなる可能性が高い

代表的な光コラボの月額料金とフレッツ光の月額料金を早速比べてみましょう。

  月額料金 工事料金
マンション 戸建て
フレッツ光(西日本)
※プロバイダ:OCN
3,660~4,760円 5,400円 立会いあり:18,000円
立会いなし:18,000円
フレッツ光(東日本)
※プロバイダ:OCN
4,150円~4,900円 6,100円 立会いあり:18,000円
立会いなし:18,000円
SoftBank光 3,800円 5,200円 立会いあり:24,000円
立会いなし:2,000円
So-net光 2,980円 3,980円 立会いあり:24,000円
立会いなし:2,000円
ドコモ光 4,000円 5,200円 立会いあり:0円
立会いなし:0円
OCN光 3,600円 5,100円 立会いあり:15,000円
立会いなし:2,000円

※工事料金は基本分割となります。
フレッツ光からの乗り換えの場合、工事料金は原則無料です。

基本的にはフレッツ光よりも

問い合わせ窓口がNTT東西ではなくなる

光コラボはフレッツ光回線を使っているとはいっても、サービス提供会社はNTT東西ではありません。

そのため、回線などで困ったことがある時は、各サービス事業者に問い合わせる必要があります。

NTT東西のコールセンターに問い合わせをしたとしても、「対応できないからサービス提供事業者に電話してください。」と言われるだけですので、ご注意ください。

フレッツ光から光コラボに乗り換える方法は簡単

光回線の乗り換えと聞くと、一度光回線の申し込みをして、フレッツ光の解約時期を決め、光回線の工事に入る日(サービス開始日)を決めるなど、非常に手間がかかるように感じます。

しかし、フレッツ回線を使っている方が光コラボに乗り換える場合は、光コラボの申し込み時に転用手続きをするだけなので、非常に簡単に乗り換えることができます。

転用手続きの方法は、フレッツ光のWEBサイトかコールセンターに電話をして「転用承認番号」を発行して、光コラボの申し込み時に「転用承認番号」を入力するだけです。

もともとフレッツ回線は通っているので、ある時期が来れば工事もなく勝手にサービスが切り替わります。

光コラボに乗り換える3つのメリット

①フレッツ光より料金が安くなる

光コラボとフレッツ光の比較表

フレッツ光は導入する物件の設備に応じて、月額料金に差があります。

しかし、光コラボは料金が一定で、更にキャリアスマホの割引が受けられます。

②違約金がかかる期間中の転用でもフレッツ光の違約金が請求されない

NTT西日本のページ画像転載元:NTT西日本WEBサイト

フレッツ光から光コラボへ転用する場合、違約金がかかる契約期間であっても、違約金は発生しません。

また、工事費用の分割が残っていた場合もNTTから請求されません。しかし、NTTから請求されないだけで工事費が無くなる訳ではありません。

残っている工事費は、NTT東日本/西日本から光コラボ事業者に引き継がれ、一般的には下記3つのような対応となります。

  • 残額免除か減額(条件付きの場合も有り)
  • 残額を分割払い(フレッツ光と同条件)
  • 光コラボの初回請求時に残工事費の請求が一括でくる

ただ、これらの対応は、各光コラボ事業者ごとに違うため、契約前に確認してください。

③請求が1本化される

光コラボ解説

フレッツ光は、プロバイダとフレッツ回線をバラバラに契約する必要がありました。

フレッツ光の申し込みしたのは1回だけと感じた方へ。

フレッツ光でも、申込み書やWEB申込みは1回で済んでいたが、その申し込みの内容を回線会社とプロバイダ会社で共有していたため、プロバイダと回線会社に1度の申し込みで契約ができていた状態です。

光コラボに関しては、プロバイダがフレッツ光の回線と独自契約を結び、回線とプロバイダをセットにした光コラボサービスとなっているため、請求が1本になります。

もしスマホキャリアと同じ光コラボを選んだ場合は、スマホの請求料金も合算することもできます。

光コラボにする際の5つの注意点

光コラボは非常にメリットの多いサービスですが、契約時には下記5つの点に注意しなくてはいけません。

  • フレッツ光に戻れなくなる
  • 転用なら契約期間がリセットされる
  • 独自サービスに加入すると料金が複雑になりやすい
  • 悪質な営業をする代理店がいる
  • キャリアの割引が受けられる事業者を選ぶ

フレッツ光に戻れなくなる

フレッツ光から光コラボに転用すると、一度光コラボを解約してフレッツ光を再び契約するしか、フレッツ光に戻す方法はありません。

しかし転用した光コラボを解約すると、持っていた固定の電話番号が変わる恐れがあります。

電話番号には2種類の発行方法があります。

  • ①フレッツ光を契約する時に電話番号を発行
  • ②アナログ回線時に番号の権利を購入(リース)

まず間違いなく電話番号が変更になるのは、「①フレッツ光を契約する時に電話番号を発行」の場合です。

②アナログ回線時に権利を購入(リース)の方は、光コラボからアナログ電話に一度戻す手続きを取ったのちに、光コラボを解約し、フレッツ光を再申し込みする際に、アナログに戻した電話番号を光電話にすることで、そのまま電話番号を維持することができます。

転用なら契約期間がリセットされる

フレッツ光で2年契約途中の1年経過後に、光コラボに転用した場合、光コラボの契約期間がそのまま追加される形となります。

フレッツから光コラボへの転用イメージ

違約金はかからないため、契約を移し替えたように感じますが、あくまでも光コラボは別サービスなので、光コラボの契約期間が新たに始まるということになります。

独自サービスに加入すると料金が複雑になりやすい

光コラボにはサービス事業者ごとに様々な付加サービスがあります。

まず代表的なものに「電話(500円〜)」と「TV(750円〜)」の2種類があります。

そしてWiFiレンタルや、セキュリティーなどのオプションが多数あり、その事業者でしか行っていないオプションも多数あります。

人によっては全く必要がないオプションも多くありますが、中には魅力的なオプションもあるので、つければつけるだけ高額になり、基本料金と違ってくるため、引き落としされる金額がわかりにくくなってしまいます。

悪質な営業をする代理店がいる

今はあまり聞きませんが、訪問販売やテレアポの営業は要注意です。

フレッツ光がメインだった時代は「今使っている光回線よりも安くなる」「設備が変わったので」「こっちのプロバイダの方が安くなる」などの案内をことば巧みに行い、知らずしらずのうちに契約してしまっていたということが多々ありました。

ただ、NTT東西の代理店だったため、NTT東西が何かあった時の窓口となり、代理店の管理をしていましたが、光コラボになることでこの形態が崩れてしまいました。

光コラボはフレッツ光とは別サービスのため、「光コラボの契約を悪質な訪問販売やテレアポの業者で契約しても、NTTでは対処できなくなった」ということです。

光コラボの悪質な営業の特徴は、フレッツ光回線が安くなるという説明を受けていたが「フレッツ光とは違うサービスになった」や、安くなるはずなのに「オプションがたくさん付いていて、ものすごく高くなった」などがあります。

こうなった時の対処は「光コラボレーションのサービス事業所」に直接いう必要がありますが、フレッツ光に戻せない兼ね合いもあり、泣き寝入りするような可能性もあります。

■悪質な代理店かどうかを見極める方法

  • 料金プランをしっかりと聞く
  • オプションなどがつかないか説明をしっかりと受ける
  • キャッシュバックなどに踊らされない
  • ネットで営業時に聞いた光コラボ事業者の料金や特典などを調べる
  • 当日契約はしないようにする

これらのことをしっかりと守っていただくことで、悪質な代理店に騙される心配は減るでしょう。

キャリアの割引が受けられる事業者を選ぶ

光コラボの特徴でもご説明しましたが、光コラボは契約しているスマホキャリアの割引があります。

光コラボの料金や特典だけで見てみると魅力的な会社はたくさんありますが、失敗しないためには特典や見た目の安さに踊らされず、通信コストの総合計で考える必要があります。

スマホで毎月1000円割引があれば、3年間で36,000円分の特典がついているようなものですよね!

しっかりとスマホの割引も特典として考えて、損をしないよう通信コスト全体で計算して選ぶことをお勧めいたします。

まとめ

光コラボは、非常にお得な光回線サービスなので、コストメリットを得たい方にはオススメです。

しかし、選び方を失敗すると、そんなにフレッツ光と変わらないので、しっかりとアナタがお得になる光コラボを選びましょう。